体験記その199

車種 ホンダ N-ONE(プレミアムターボ)
作業内容 サスペンション、マフラー交換ほか

自分がルーズドッグさんを知り合ったのは今から5〜6年前の事です。
その当時はランエボ8MR(GSR)に乗っていてBOSS武田氏にエキマニやらECUセッティング等をしてもらっていました。
時は流れ、結婚し転職もしてランエボも手放し今はFIT/HVになり奥様はN−ONEを買いました。
そして前々から奥様にN−ONEをミニクーパーの様にセンター出しマフラーにして
大きいホイールにしてお洒落な車にしたいと仰せ付かっていたので、様々なパーツを購入したのです。
しかしパーツは揃えてもリフトもなきゃ場所も無いっ!!そして前は某ディーラーで
整備士だったので仕事終りに会社でチューニングが出来ていましたが、
今は出来ないと考えていた所ふとBOSS武田氏の顔が思い浮かびました。
そして上記のメニューが作業可能かメールを送らせて頂いた所、とても早く丁寧な返事をいただきました。ただBOSS武田氏は「N−ONEはやった事が無いから金額がいくらになるか分か
らない」と仰られたのでじゃあ百聞は一見に如かずと思いN−ONEに乗って久々にルーズドッグさんの門を叩きました。
久々のBOSS武田氏は自分の事を覚えてくれていた様ですぐに「ランエボにのってた○○君だねっ」と話して下さいました。
そしてBOSS武田氏は自分の話を聞くと早速N−ONEの下に顔を入れて構造を確認していました。
で、その日は帰宅し、2/23日に作業という事で朝10時前に到着。
事務所に上がって行くとBOSS武田氏は朝のメールチェック等をしていたようでした。
その間自分は影のBOSSエボ君(BOSS武田氏の愛犬)と戯れていました(笑)
武田氏「じゃあ睡眠時間2時間だったけど気合入れてやろうかぁ〜」
という事で作業開始。
ささっと車をリフトアップしタイヤを外して自分はタイヤの持ち運び&取り付け予定のパーツを運び作業。その間にBOSS武田氏はボンネットを空けて邪魔なパーツを次々に外していました。
相変わらずBOSS武田氏は職人の様な方で黙々と1度も触った事のない車を知っているかのように作業を進めて、賞味30分強でフロントのサス交換は終わりました。
その勢いでリヤのサスも交換していき自分はただ眺めるのと交換パーツを渡すだけでした。
そして、作業中に自分はリヤのスタビライザーは効果があるのか分からないので「どうなんでしょ?」と聞くと「う〜ん。ビームの補強としてはあるけど、スタビとしては・・・・・まぁファションパーツですな。」と言われてしまいました。(^^;)
やっぱりパーツを買う前にBOSS武田氏に相談すればよかったかなぁ〜とちょっと
後悔してしまいました。
これも車の構造を熟知しているからこそ言えることなんだろうなぁ〜と感じました。
そんなこんなで、サス交換の作業は終り一休憩。
その間にルーズドッグは電話はなりっぱなし、来客はあるしでしたが、しっかり1人1人のお客さんに対して丁寧に対応をしていらっしゃいました。
そして次にマフラー交換です。
それこそマフラーはものの15分で取り外し、取り付けは少し厄介なマフラーでエキパイ出口の角度がずれたりしていましたが
BOSS武田氏の力技+技術で無事に取り付けが完了しました。
正味3時間で全ての作業は完了してしまい、お昼ご飯も不要になってしまいました〜
(^^;)
あとサスを交換したのでアライメントをとる時も同じ重量(自分で工具箱を積んできたので来店時の状態で確認そんな事自分は気にもしなかったのに)
で確認をしていらっしゃいました。
今回もとてもいい経験をさせていただきました。また何かあったときはルーズドッグさんを頼りたいと思います。
それとタイヤを運ぶ時に手伝って下さったルーズドッグさんのチーム員の方もとても親切な方でお店だけではなくお店を利用する方も素敵な方が多くて感心しました。
本当にBOSS武田氏始めチーム員の方ありがとうございました。
ちなみにまだ馴染んでないんでしょうが乗り心地は固くなりましたがコーナーは楽しくなりました。
今度はお小遣いを貯めてルーズドッグスペシャルサスペンションを作って貰いたいです。
また今度は奥様も連れてお邪魔させてもらいます。
ありがとうございました。


体験記その198

車種 トヨタ MRS
 作業内容 クラッチ交換、LSD組み込み。

持ち込みでの作業をしていただけることと、サポート割引きがあるとのことで
LOSEDOGSさんで、LSDを交換しようと思いました。
  事前にLSD交換は大してサポート出来ることないよ、とのことでした。
  実際に作業して行くと本当に自分に出来ることはなく、ちょっとした軽作業がほ
とんどでした。ちょっと大変だったのは、二人いるから脱着は力技で行こうかーと
言って脱着したくらいですかね(笑)。
  MR-Sは数やってないし、前回にやったのも2年前かな〜と言いながら、予定通りに
夕方にはしっかりと完成し、さすがでした。
  非常に親しみやすく、親切に対応いただきありがとうございました。


体験記その197

車種 MR2SW20

今まで個人経営のショップは何となく敷居が高くて敬遠していたのですが、ルーズドッグさんはSW20にも詳しいと聞いて今回お願いしてみました。
 今回お願いした作業のメインは、ハブ・ナックル交換です。当日までのメールのやり取りも返信が早く助かりました。実際の雰囲気はショップに色々な方が来る和やかな雰囲気で、武田さんも気さくな方でした。
 プロの作業を間近で見せてもらえることはディーラーに出すのと違い、信用できるし、何より素人の私には一番楽しみなことでした。アドバイスや武田さんの体験談・雑学などを盛り込みながらも作業をこなして頂き、長年乗っている為にサビで固着して外れない部分も手を代え品を代え解決して下さり、本当に助かり
ました。

体験記その196

内容…三菱ランサー エボ8 GSR ECU現車わせ、および純正ビルシュタイン仕様変更

ルーズドッグさんで書換えをしていただくまでは、某社の吊るしECUを使用してお り、街乗り・ワイディング・中低速サーキットをメインで走る僕にとって、パワー・ トルク共に出ているのですが、ブーストの立ち上がりが悪かったりと、なかなか自分 の走るステージに合わない感じがしていました。

 そこで、お世話になってる友人のディーラー整備士の方がルーズドッグの武田社長 と知り合いということで、ECUのセッティングに興味があり、現状でも楽しくないわ けではないのだけれど、今のままでは走りにくいだけだと思い、走り易くてもっと楽 しいエボになって欲しいと思い切って現車合わせをお願いしました。

 現状の吊るしECUの方は「悪くないよ。」とのことでした。「でも、このセッティ ングに乗るとイメージが変わるよ。」と言われて、早速試乗!「うわっ、なんだこ れ!?ブーストの立ち上がりが速い!怖い!!」という感じでした。全く別物のエボ に変わってしまいました。同行していた友人も「すっげー速い!変わったなぁ…」  4速とか5速で走っていた道が、下のトルクが増した為か、5速ホールドで走れる ようになり凄く楽になりました。
 2000回転からのブーストの立ち上がりの鋭さが全く違って、ターボ車なんだけ ど、ターボ車っぽくないという…凄くレスポンスの良い車になりました。  ECUでここまで車って変わるんだなぁと感動しました。  6000回転くらいでブーストが落ち始めるので、6000回転くらいでシフト チェンジするようにしています。3000〜6000回転のレスポンスが良いからあ まり回す必要が無くなった感じです。ということはエンジンにも優しくなったのか な?

 自分は、ノーマルのビルシュタインサスで十分だと思っていたのですが、「今の足 だと危なくて踏めないよ。足も変えたほうが良いよ」とのことで、試乗した段階で踏 むのが怖いと感じていたので、思い切ってサスペンションも導入することにしまし た。
 しかし、当初、ECUセッティングだけの予定だったので予算が無く、車高調なんて とてもじゃないけど入れることができない!と思っていたのですが、「この値段で純 正のショックを減衰調整付きのエナペタルにできるみたいだよ」との武田さんの一言 と提示された価格で決断しました。
 足回りの方向性は街乗り7のスポーツ走行3の割合で作っていただきました。完成 を待つこと約1ヶ月。

 お世話になってるディーラーにて取り付けをしてもらい、早速試乗。乗り心地の良 さにビックリしました。柔らかいわけではない・・・とにかく足の動きがスムーズ。 路面に吸い付く感じと言ったら良いのか…上手く表現できないのですが、そんな感じ です。

 減衰12段なので前後6段で走っていたのですが、マンホールやちょっとギャップ があるとフロントが少しフワフワして収まらない感じがしたので、フロントを12段 から2段戻し、リアも3段戻しにして走ってみると、これがドンピシャ!!少しペー スを上げて走ると気持ちが良い!ロールも抑えられてコーナーを曲がるのが凄く楽に なりました。
 また、ECUのセッティングとの相性も凄くよくて、地元の山に走りに行った時に、 今まで踏めなかったところで踏めるようになりました。パワー・トルクの特性が凄く マッチしていて、走り易いし、足回りも純正にあった不安な感じが無くなったので、 コーナーでも踏んでいけるし、ブレーキでもしっかり車が止まるようになりました。

 彼女を乗せてドライブ、買い物に行くことが多く、純正の足回りだと、「乗り心地 が硬い。」と言われていたのですが、今のエナペタルの足回りは彼女にも好評で、 「凄く乗り心地が良い。楽〜。」と、感触は凄く良いみたいです。  僕自身、通勤で片道25kmの道を走るのですが、純正に比べ、非常に体が楽になりま した。

 この足回りで腕を磨いて、次は武田SPECIALを組もうと思います!
 またその時は宜しくお願いします!
 本当にありがとうございました!


体験記その195

生まれて初めての、ミッドシップ&後輪駆動!

とある事情でランエボからSW20に乗り換える事となりまして(泣)
免許を取って17年になりますが、リア駆動車は車校で乗った以来です。

リア駆動 イコール 滑る!

ランエボの、楽で安全な物に、どっぷり慣れてしまった僕のメンタルは不安だらけ(泣き)
ふとした流れから、エボに続きLOSEDOGS武田社長に相談!
すると武田社長が、FF&4WDしか乗った事がない君でも、走れる車にする!!って

なんて頼もしい男なんだぁ

さて、サスペンションの効果から・・・
街乗りからサーキット&ジムカーナ走行っと、欲張り満載の足回り
まず、アクセルで車が曲がります。めちゃめちゃコーナーが速いです。
リアが粘ってくれます。

1度完成前にジムカーナ走行した時は、スピンしまくりで、
滑り始めが唐突で、カウンターを当てても後の祭りでした(泣)

でも、今は滑り出すまでが長く、身体にリアの状況が伝わってきます。
あんなにナーバスだったのに・・・不思議しか言いようがありません(笑)

次にLSDですが・・・

めちゃめちゃ効きます。

アクセル開ければ、リアが蹴っ飛ばしてくれます。
LOSEDOGSオリジナルサスペンションと合わせ効果でコーナーの立ち上がりが、
早くアクセルを開けれます。
リア駆動初心者の僕でも、安心してスポーツ走行を出来る様になりました(笑)

本当にありがとうございました。

これは、個人の感想です。

PS、LOSEDOGSチーム員の某さんが、僕と同じサスペンションに変更したら某大会で、
優勝しました。
これほどの説得力はないですよね(笑)


体験記その194

車種 トヨタ MRS ZZW30 クラッチ&LSD組込

ディーラーを全く信用していない為、その道のプロにお願いしたかったこと、
また、可能であれば作業に立ち会って、自分の車をもっと知りたいという思いが、
今回依頼した理由です。

最初に、車高調でお世話になっているお店に相談したところ、
武田社長の紹介があり、早速、武田社長に部品持ち込みによる
サポート割が可能かをメールにて相談しました。

武田社長は親切・丁寧にご返信を頂き、
とても紳士的でしたので、依頼をしました。

事前準備についても、親切に教えていただき、
無事に欠品もなく当日を迎えることが出来ました。

社長キャリアの中で、
SW20は何千台と作業実績があるそうですが、
MR-Sは今回で3台目とのことでした。

その為、社長の頭の中で昔の記憶を辿りつつ、
作業イメージを組み立てるのに、時間を割いて、
それから一気に手を動かして、
サクサクと素早く作業が進められました。

自分がサポートしたのは、
タイヤ外し、ガスケット剥がし、ミッションオイル給油、
ミッションケース脱着の補助程度で、
それ以外は、社長がササッと終わらせてしまいました。

社長は作業しながらでも、私の質問には丁寧に回答して頂いたり、
作業におけるノウハウを教えて頂いたりと、
自分が知らないことを沢山しることができて、
非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。

自分の車をもっと触りたいけど、
知見や作業スペースが無く断念している方、
是非、武田社長に相談してみてください。

体験記その193

ギャランフォルティス オリジナルサスペンションの感想

 今まで、エボに乗ってそれなりに楽しんできました・・・が、五十路をを経た今、これからは落ち着いたオトナのクルマで楽しもう・・・と、ギャランを購入。

でも・・・やはり、どうしても自分の意思に忠実なクルマが欲しい!

購入当初は、2ペダル&SSTの軽快さに満悦していましたが、やはり足回りの応答性には違和感があって、悶々としていました。若い頃のような「イケイケ」グルマじゃ疲れるし、嫁からも反発食らうのは目に見えてるし・・・でも、世の中都合の良いモノがあるんです!
ノーマルの「アシ」を流用して、スプリングとショックを交換するだけで、ビルシュタインの「アシ」がゲットできるらしいんです!!エナペタルさんが商品化している、フルオーダーのこのサスペンション、とにかく素晴らしいの一言!!
約一週間の作業日程で完成し、その仕上がりは綺麗で完成度が高い・・・というのが第一印象です。
そして、そのインプレッションはというと・・・さすがに、ビルシュタインだなぁ・・・と感心。
ノーマルだと、路面の細かい凹凸を拾って姿勢が乱れるのに、これはとにかく「しなやか」。単純に、少ない舵角で「ヒラリ」と曲がれるんです。
以前乗ってたエボは「オーリンズ・FLAG-L」でしたがそれに迫るしなやかさです。
特筆なのは、「ノーマルみたいなのに違う」という「自然さ」ですね。そして、ステアリングのセンター領域での「安定感」。これは、とにかく凄い!路面の凹凸にかかわらず、どっしりとした感じ・・・

更に、そのフィールはあくまでも「ナチュラル」。確かに、俗に言う「吊るし」のショックと比べて、多少高額ですが、それ以上の満足感が得られます。オーバーホールは勿論、仕様変更も可能ですし、シリアルを登録してあるので、安心して使えます。
同年代の皆さん!
熱い走りを蘇らせましょう!!
武田さん、エナペタルさん、コルトスピードさん。本当にありがとうございました。


体験記その192

作業…トヨタ アルテッツア SXE10 クラッチ交換

金曜日はお世話になりました。
クラッチ交換を終え滑る感じが全くなくなり全然違う車になった感じがして
運転しててめちゃめちゃ楽しいです。

あと、エンジンかけた時のシャリシャリ♪音がたまらないです//

当日の作業は、チューニングサポート割引を使用させていただき
とてもお得感を感じることができました。

でも、それ以上に作業を一緒にやらせてもらうことにより自分の車の状態を自分で確認でき、
(錆つきが半端なかった・・・ご迷惑おかけしました)

武田さんと会話しながら楽しく愛車の工事ができてよかったです。

とてもアットホームなお店で相談もしやすくまた利用させてもらいと思います。

ありがとうございました^^


体験記その191

作業…トヨタ セリカ ZZT231 クラッチ交換&デフO/H&ブレーキディスク、パッド交換

今までノーマルクラッチで走っていましたが、
最近シフトアップして加速しようとすると回転だけが上がってました。

クラッチ滑ってる!!

更にはブレーキもローターとパッドも減ってコレでは走れない・・・。
他の理由でも今年はなかなか走れませんが(汗)

と言う事で2月以来走ってなかったわけですが、
街乗りと見た目でわかるレベルになりました。

武田さんに相談すると目の前にデフがあるのに開けないの?と・・・。
まあ確かに気にはなっていました。
走り始めて4年?5年?くらいですがデフを入れてノーメンテ。
お金との相談もありますが相談したような?してないような?
クラッチ交換意外と高かった〜みたいな(笑)

作業当日は至ってスムーズに進行し、
武田さんはお客さん対応しながらもその日に終わりました。
ちなみにデフのO/H・・・カム角変更できるんですか!?
イニシャルトルク合わせるのあんなに面倒くさいの?
部品代安いけど一番大変な作業だ〜(>_<)
と言う事がわかってスッキリ満足な一日でした。

作業が終わって確認走行へ行こうとすると!
今までクラッチ滑ってたのが良くわかる(笑)
外した当然クラッチが限界でした。良かった〜!
デフもなんか違うぞ!
速くサイドターンしたい!!と思えたのでした。

それから通勤で1週間乗りましたが、走りたくてたまらない。
この車でロケットスタートしてみたい!
全開加速してみたい!
サイドターンしてみたい!

お盆休みに走れることになりました(笑)
練習してないから遅いのは当然、ターンも出来ないかもしれませんが今回は楽し
んで走ります!

ブレーキは武田さんお任せなのでそれも楽しみの一つです。
問題は・・・今までと違う車に自分が対応できるかどうか?(汗)
これが一番の楽しみ?(笑)

今年は夏休みの遠征がなく残念でしたが、楽しみが出来てよかったです!

どうせお金払ってクラッチ交換してもらうなら!?
どんな風にされたかわからないお店ではなく、
一緒に作業できたり、納得行くまで説明してくれたり、
次回の事まで考えて作業してくれるLDが良いですね!

そんなこだわりある人は是非LDへ行ってみたらどうでしょうか?


体験記その190

作業…トヨタ MR2 SW20ターボ MOTULニスモ 5W−40への交換
   スパ西浦モーターパーク(愛知県 蒲郡市) 外気温30度

・油温は100〜110℃から全開走行すると、連続2週で120℃程度だった。
・トルクがきれいに出る感じがした。また、パワーは確実に出ており
 ホームストレートで4速が吹け切りそうだった。
・クーリングラップでの油温低下が早いように感じた。


体験記その189

作業…三菱ランサー エボ9 GSR MOTULニスモ 5W−40に交換
   走行場所 スパ西浦サーキット(愛知県)

  オイルの感想ですが、以前の15w-50との違いで一番大きいのは
1速発進におけるクラッチミート時のスムーズさを感じました。
 アクセルを開けずに(アイドル回転数のまま)クラッチミートしても
車がガクガクすることなくスムーズに進みます。
 これは5wという低温時の粘度のお陰でしょうか。

 スパ西浦にて試したところ、油温の上昇は15W-50と比較して、
あまり差を感じませんでした(良い意味で・・・)が、一周クーリングする程度で
油温が120℃から107℃程度まですぐに下がるような感じでした。
 気温(29度?)がそれほど高くなかったのと、周りの車がゆっくりであった為に
アタックを中断するケースが多々あったのでそれを割り引いて考える必要はあるかと
思いますが…


体験記その188

作業…スバル インプレッサ GRF テールランプおしゃれ加工(笑)

 インプレッサGRB(GRFですが・・・)のテールランプの塗装をついにしてもらいました。
写真にあるようにカッコよくなったというよりも普通の車のテールになった感じです。
インプレッサのクリアのテールランプがどうしても気に入らなくて、
いつか何とかしてやろうかと
思っていてついに塗装をしてもらいました。
 最初、武田さんに相談したときはあまり乗り気じゃなかったのですが
無理を押し通して塗装してもらいました。
単色じゃあ芸がないのでワンポイントマスクをしています。
当初はインプレッサが5月くらいにマイチェンしたら
クリアテールランプで無くなるかと期待していたのですが、変わらなかったので塗装で変えました。
セダンはクリアでないし・・・・・・
やっぱり不評と認識してるじゃん・・・・・
20
30


体験記その187

作業…三菱ランサー エボ10 SST MOTULニスモ5W−40への交換

今までは、MOTULニスモ15W−50を使用していました。
今回は、新発売になった5W−40に変えてみる事にしました。

柔らかめのオイルに交換したことでエンジンの吹け上がりスムーズになりました。
そのおかげで特に停車から発進が軽くなりました。
さらに燃費がリッターあたり0.3km程度、良くなりました。
このご時世、燃費が良くなったのはありがたいですね。
さすが、日産R35GTRタイプRCに純正採用されているオイルですね。

油温に関してはなぜか交換前より、5度程度低いです。
エンジンが軽くなったことでアクセルの踏み込み量が
少なくなった為でしょうか?
ただ、サーキットはまだ走っていないので、サーキットでの
油温は後日、確認したいと思います。

ちなみに油圧は油圧計を取り付けていないので分かりませんでした。

やっぱり、軽さは重要ですね!


体験記その186

作業…MOTUL ニスモ5W−40への交換 三菱ランサー エボ9 GSR

私の愛車は、エボ9GSR LD仕様です。

なので、いつもの様に武田社長にエンジンOIL交換依頼を・・・

さて、作業を開始するときでした、武田社長から・・・

ちょっとOIL変えてみない?
最近発売された、MOTUL ニスモ 5W−40に・・・。

ん?

いままでの、確か?
MOTUL ニスモ 15w50は、信頼性、粘度、洗浄能力等・・・申し分ないが、
粘度的に重いかな?

っと説明される事、約2分

ちなみに、私は、ジムカーナやサーキットも走りますが、全くって言っていぃほど、
メカ音痴 (._.)

武田社長を完全リスペクト!!

即決で、注入を希望!

作業は、Pの話しで盛り上がり、(-。-)y-゜゜゜しながらで、1時間で終了。

多分、武田社長がマジにやれば15分もかからないであろう(笑)

話しを戻しますと、

無事、作業も終り、ガレージからバックで出す。

ちろっと流しておいでん!っと、ニヤケながら言われたので、行く事に。

いつもの感覚で、アクセルを空フカシした時、

想像を超える爆音が・・・ ブォォォン♪
(ノ゜O゜)ノ ちょいちょい
(泣)
恥ずい(//△//)

民家なので、ソロリっと発進!

ん?

確かに軽いw(゜o゜)w

なんだかんだでR1に侵入。

さぁ〜行きますかぁ

まず驚いたのが、発進がスムーズ(^0^)/

ターボが入れば、暴力的加速は同じだけど、そこまでの、レスポンスが全く違う
(^0^)/

本当、軽いw(゜o゜)w

しかも、エアコン全開なのに・・・
ノッキングしないで、発進出来るし、アクセルに敏感に反応してくれます。

何事も、敏感なのは男をくすぐりますなぁ〜
O(´〜`)O ワクワク♪

すみませんm(__)m

また脱線しました。

で、次の朝の事、また新たな驚きが・・・

それは、油圧が低い事!

エンジンかけて暖気中、
前のOILだと、
7,0(×100Kpa)ぐらいだったのに対し
新型OILは、4,0っと低い事から、軽さの秘密が推測されます。

また、油温ですが、通常温度(80〜90度)に到達するまでが、じゃっかん早いですか
ね?

まだまだ競技には出てませんが、少々な暴走をしてもへっちゃら(^0^)/

結論、油温的には、変わらない気がします。
今の外気温でも平気なので、秋からのサーキットアタックシーズンには、バッチリ!

なので、安心です。

あとは、燃費が楽しみですo(><)o
武田社長の話しだと、最終的に燃費まで、よくなる事

軽さって・・・大事なんだなぁ〜って思いました。

興味のあるかたは、LDへ・・・

車が、本当大好きな武田社長がアドレスくれますよ(^0^)/
頼れるアニキです。

おしまいm(__)m


体験記その185

作業…スバル レガシィ スプリング交換&ブレーキキャリパー&パッド&ホース交換。
            リヤブレーキバックプレート交換。

 今回初めてオープンガレージを体験させてもらいました。
きっかけは、インターネットでレンタルガレージを探していて、
たまたまこちらのHPを見てオープンガレージの事を知ったことからでした。

最初は他のレンタルガレージの方が料金が安かったのでそちらで考えていましたが、
よくよく聞いてみると「工具は持参」「アドバイスはしない(した場合は有料)」
などの条件で、初心者の自分にはとても無理な内容だったので「自分の車は
自分でいじりたい」という思いから、レクチャー付きのオープンガレージを利用する
事に決めました。

それで、その感想は?と言いますと‥、、

正直言って「大変だぁ〜!」の一言ですね‥。。

ともかく思ったより力作業が多くて、ナット類も固いし(車が古いのもあるけど‥)

思ったように直ぐに外れたりハマッたりしてくれない‥。
途中で何度も「もう今日はやめようか‥」とか「何でこんな大変な事やってるんだ
ろ?」って思いました。

でも、何とか最後まで作業を続けられたのは、自分の車に対する熱い思いと
夜遅くまで付き合ってくれた武田さんのお陰です。

自動車整備・チューニングという作業の大変さが分かったんで、
「また自分でやるか?」と聞かれると「はい!」と答られる自信はありませんが、
ものすごく良い体験になった事は間違いないですね。

今回は足回りのチューニングでしたが、その構造が分かったので車に対する
理解が深まったこと、自分に自信がついたこと、そして何より自分の車に対する
愛着が一層強くなったこと、等々がありました。

「俺も自分でやってみたいな〜」と思っている方は、一度経験してみると良いと思い
ますよ。
こちらのオープンガレージならしっかりフォローもしれくれるし、
どうしても自分で出来ない時はちゃんと手伝ってくれますから。

但し、根気は必要ですからそれだけはお忘れなく(笑)


体験記その184

作業…三菱コルトラリアートVer LSD組込

友人から聞き、たまたまこちらのお店を知ったのですが
サポート割引の存在にひかれお願いすることを決めました。

で、実際にやっていただいての感想ですが
、、、めちゃくちゃお得ですwww

実際に私が手伝った作業はごく簡単なもののみでしたが、
プロの作業を間近で見られるというのは本当に勉強になりますし
自分のクルマなのに知らないことだらけだなぁ(汗)、ということにも気付けました。

また、ブログのネタにもしていただいた(笑)M/Tオイルですが
本当にスコスコギヤが入るようになりました。
自分のクルマなんだから、人の意見を鵜呑みにするだけでなく
ちゃんと考えてメンテナンスしてあげないと駄目ですね。。。

とにかく美味しいサポート割引、また利用させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

体験記その183

作業…トヨタMR2 SW20ターボ リヤナックル部のヘリサート加工&修正。
          アライメント調整

サポート割りを利用して感じたことは、まず、サポート割りサイコー!という感じです。
そして、お値打ち過ぎて恐縮してしまいます。

今回の利用は、自分で行った作業でねじ山つぶしてしまった為の修理を依頼した。
話では聞いたことのあったヘリサート加工であったが間近に見ることができ勉強になった。

作業依頼は、メールで行ったが的確で丁寧な返事が何度も返ってきた。
お互いに面識も無い人とメールだけで作業を依頼して作業に至ったことはもちろん初めて。
今までいろいろなお店に作業をお願いしたこともあるが、信頼できるお店はかなり少ない。
いわゆるぼったくり(作業しても完璧にはせずに何かを残す、次に繋げるため?かもしれない)や
いい加減な作業が多い。このようなことを繰り返しなるべく自分で作業を行うようになってきた。
もちろん今回のように作業中にアクシデントが起き自分では回避できないことも多い・・・

そこで以前から気になっていたサポート割りがあるLOSEDOGSに問い合わせた。
なぜ気になっていたかというと、割引があることもあるが一番の理由は作業を一緒に行い
間近に見えることであった。

作業当日10年ぶりに会った印象は変わらず優しそうでもあるがどこか厳しそうであると再度感じた。
 
作業は、イメージされておりかなりスムーズであった。
もちろん道具を巧みに使い分けて無理せず確実な作業であったことは言うまでもない。
簡単そうに行っていた作業もコツが必要な箇所がいくつもあったように感じた。
私が行った作業は極わずかで手持ちぶささも感じたが
作業効率などを考えると妥当な内容であると納得した。
もちろん、私はやる気満々で15年以上昔から使っているつなぎを着込んでいたが
汚れることはなかった。
はじめての経験であったが、色々なところで自分のことや
車に対する考え方などが感じ取られていたようにも感じた。
途中で休憩がてら武田さんとお話をしたが
それを入れても予想の作業時間よりずいぶんと早く終わってしまった。
もう一つ予想外のことが、料金も思った以上にお値打ちでした。
今まで思った金額より安くなったことは無くはじめての経験でした。

体験記その182

作業…トヨタ MR2 SW20ターボ クラッチ交換、LSD&クロスミッション組込

ショップに車を預けて「じゃあ後よろしく」では味気ないと思い、
また、作業を間近で見てみたいという思いもあり、チューニングサポートをお願いしました。
やらせてもらった作業はタイヤ外し、ミッションケースのフランジ面の清掃と洗浄などです。
少しですが作業のお手伝いができて楽しかったです。
武田さんの動きには迷いがなく、的確に効率よく作業しています。
これも作業経験が豊富という証だと思います。
整備書や部品表などを見ることもなくどんどん作業を進めています。
むしろ、アレは何ですか? コレは? などと疑問質問を投げては
作業の進行を妨げてしまったかなf(^^;)
お昼前にはミッションが降り、夕方過ぎくらいにミッションが組み上がりました。
ミッションとエンジンのドッキングもスパッと1発で決めてしまいました。
途中、ナットやスプリングが飛んで行くハプニングもありましたが
日付が変わったころには全て組みあがりました。

そして恐る恐る試運転に行ったものの、緊張のあまりサッパリ分からず、
とりあえず車が動いたということくらいしか確認できませんでした(^^;;)
後日談ですがワインディングを走ったとき、他のMR2の人は2速か3速かで苦労しているところを、
3速で「ふんふんふ〜ん♪」と気持ちよく走れました♪

間近で作業を見せていただき、改めて車の構造が理解でき、
また、今まで以上に大切に乗っていこうという思いができました。
とても勉強になり、良い経験ができた1日でした。

体験記その181

インプレッション…エボ10試乗

先週のある日、U_taq家の財政難打開のため仕事をお休みして、
何処かにお金は落ちていないかと街中をウロウロしていました。
で、結局お金は落ちている筈もないので、キョウセイで落としてしまった
Xactiの巾着袋が届いていないでしょうか?とLOSEDOGSさんにお邪魔しました。
本日始めて声を出したというボスTさんと現在の社会情勢について1時間ほど討議(笑)したあと、
ふとしたことからナント!お店の看板車である「大人のランサーエボX」号に
試乗させていただける事になりました。
HPに紹介されているお客さんの体験記事からは「硬い足のはずなのにすごく乗り心地がいい」と
評判のクルマですので、それがどんなものか大変興味を持っていました。
さて、その実態は・・(って、素人の感想ですよ)

【暖気中】
マフラーはチタンぽいのに換えてありますが排気音は低く、大変静かで、
大人のランサーの音です。

【インテリア】
わたくし、バケットシートの経験が殆どないのでとてもタイトに感じます。
ブースト計と水・油系のデジタルメーターが追加されていてブルーに渋く光っています。
さすが大人のランサーです。
SSTのモード切替を教えていただきかけたのですが、難しいので普通のATで行く事にします。
シフトレバーをDに入れて・・あれ?レバーの動かし方がわかりません(汗

【エンジン・SST】
スタート時のクラッチミートは1500rpmくらいで、
ワタシ的には若干スリップ感が大きく感じます。(が、これはM社の味付け)
ノーマルモードですが普通に加速すると、クロスしたギヤを全く継ぎ目なくポンポンとシフトアップし
大変小気味良いです。軽快な大人です。

【足回り】
普段普通の乗用車に乗っている身にはやはり乗り心地は硬く感じますが、
これは265/35-18というタイヤの影響も大きそう。でもアタリの角はちゃんと取れていて、
暫く乗れば慣れてしまいそうです。
全体に印象が強いのはサスペンション・ステアリング・ボディーの剛性がすごく高くて、
カッチリしているということ。(レガ氏とは元が違いすぎます)
更に、前述のタイヤサイズにも拘らずワンダリングが無いことにも驚きました。
大人の仕事です。
どういうアライメントでこうなるのかは聞きそびれました。

こういう競技用車両を思い切り走らせてみたいものです。

缶ジュース1本しか買わなかったのに試乗させていただいたボスTさんに感謝します。


体験記その180

インプレッション…スバル インプレッサ(GRF) STI Aライン(AT)

先日、サスペンションのエナペタルE-12と
フジツボマフラーのAUTHORIZE Rを取り付けてもらいました。
エナペタルE-12の感想です。
高速道路でのロールはほとんどなくなりました。
信じられないくらい無くなりました。
現行インプレッサSTI(AT…)は高速道路でのコーナーのロールが大きいので
下りコーナーは両手でハンドルを握らないと怖くて運転してられなかったのですが、
余裕で片手で運転できるようになりました。
XXXKm/hで下りコーナーを片手運転で突っ込んでも不安感はまったくありません!!
 
この安心感を買うのにエナペタルの値段が安いか高いかは
意見の分かれるところではあると思うのですが、
もともと高速道路で怖くない車がほしくてSTIを買ったにもかかわらずだめだったので、
この値段で実現できたという意味では高くはないと思いました。
(とても安いといえる値段でないです・・・・)
 
今更ながら、この安心感を手に入れるまでにいろいろとパーツをつけていたのですが、
最初からオーナー武田さんに相談していたら効率よく希望が実現できていたと思います。
(知り合うのがちょっと遅かったです・・・・)
 
それと、肝心の街乗りでの乗り心地ですが、純正と比べるとショックの方向性が違いますが
乗り心地は悪くないです。
どのレベルかと言いますと、知り合いを何人か乗せたのですがサスペンションを変えたことに
気づいた人はいませんでした。(鈍感なやつばかりでないと思いますが・・・)
 
あとショックの方向性ですが、どんな感じかっというと、純正はバネって感じですが、
エナペタルはグミって感じです。
やはり、ストロークの大きなショックは結構突き上げ感はありますが、
純正のようにためて跳ね上げるような感じではないです。
まさに、バネとグミの違いって感じです。
 
現在の設定は、やわらかいほうから2段目で設定していますが、現状の硬さが4、5段であれば
より好みにあったと思います。
私の場合はサーキットは走らないのでもう少しやわらかめでもいいかなと思いました。
(このサスペンションを街乗りだけのために買うやつは
ほとんどいないと思わないでもないですが・・・・というか絶対いないと思う。)
 
あと驚いたことに、サスペンションもなじむまでにある程度時間がかかるようです。
受け取った2日間はやたらと小さな段差もエッジのあるショックだったものが
2日過ぎたくらいからエナペタル独特(よくわかりませんが・・・)のショックに変わってきました。
サスペンション機械ものだからなじむまでにある程度の時間が必要なようですね!!

フジツボマフラーのAUTHORIZE Rの感想です。

現行のインプレッサから排気干渉が抑えられたためマフラーの交換は考えてなかったのですが、
オーナー武田さんのエボXのサウンドに魅せられてついつい衝動で変えてしまいました。
(エボとインプレッサではまったく違うだろうと思いましたが!!)
 
純正マフラーと比べると音は少し大きくなったくらいです。
(もっと大きい音がいいのですが世間の風当たりがあるのでこれくらいでもOKです)
ただし、音は重い低音でクリアーな音でいい感じになりました。
純正は結構、ノイズが混じった軽めの低音をしていたのでこのマフラーの音の方向性はいい感じです。
それと、フジツボのHPに動画がUPされていますが、あんなにノイズが混じった音にはなっていません、
実際はもっと重いクリアーな低音です。(絶対、フジツボはあの動画で客を逃している!!)
 
あと、高回転時の音はといいますと・・・・
まだ、試したことがなかったです!!
今度、空ぶかしで音を聴いてみます。
 
それにしても、オーナー武田さんのエボXのが音よかったのですが、チタンですからね!!
私の財布はチタンの値段に耐えられませんでした。
インプレッサのチタンは高すぎます、ほかの車の倍の値段ってあんまりです・・・


体験記その179

作業…三菱ランサー エボ9 GSR マイクロロンコンパウンド90注入

LDから帰宅中…
やっぱり、そんなに変化ないなぁ〜(泣)
次の日、出社
う〜ん(._.)
やっぱり、O/Hしなきゃダメかな〜(泣)
帰宅時、十分暖気&MTと会話モード(:_;)
シンクロせず、ストレスが…(爆)
スコスコ入れてぇ〜(>3<)プリプリ♪
翌日、出社
どーやら、二日酔いギミ (けして、飲酒運転では、ありません!)
暖気より、遅刻が…
エボ発進!!
(イメージ曲は、エウ゛ァ)
初めは、ゆっくり♪
いたわりながら…
あれれ?
そんなに、暖まってないオイルのはずが…
いぃ〜じゃんo(^-^)o
スコスコ♪
そして帰り
マイクロロン注入後、
約100km走行
元気ですかー?
あははっ(笑)
元気あれば、何でも出来る
元気あれば、ミッションも入る(笑)

いや〜あの、不思議な白い粉&
不思議な透明な液体をドーピングすると、本当♪元気になっちゃう♪O(≧∇≦)o

なんら、問題無くなりました♪
ありがとうございますm(__)m
大を3枚
中を2枚
支払ったかいがありました(^0^)
(4250発)当価で…
なんちゃって(笑)


体験記その178

作業…トヨタ MR2 SW20ターボ LDオリジナルサスペンション取付

3月19日金曜日、ルーズドッグオリジナルの車高調に替える日が来ました!
この日の為に、いろんなことを我慢して…
来る日も来る日も、仕事に残業…
ほんっっと頑張りました!!(ノд<。)
朝からワクワクしながらルーズドッグに到着♪早速作業開始です。
前回(デフ&クラッチ交換)同様、サポート割引で私と彼もお手伝いしました。
私は前のバイト先で、車高調のスプリング交換をした事があり、
工具の名前は忘れちゃいましたが、その工具でスプリングを縮めて別のスプリングに交換、、、と
この作業が怖くてビビりながらやってた記憶が…(ノД')
でも、あれ??工具が登場するどころか、簡単に組み立てる事ができました。
いや〜私にとっては不思議な事だらけでした(笑)

ショックの構造や役割など、すごく丁寧に教えてもらえて勉強になりました!
そして、取り付け開始です。ここからはほとんど私達は見ているだけでしたが、…
さすがです!あーと言う間に装着完了☆
途中、ショックを留めてるボルトが細くて短い物に替えられてることが判明
(前のオーナーさんの仕業?)したり、
左前だけタイヤとショックが干渉してスペーサーが必要になったりと、
若干のトラブルもありましたが、無事に装着。
こうやって自分の車に対する理解が深まる点でも、やっぱりサポート割引って魅力的です!

サス交換といえば…、私がバイトでやった時なんて、
一日中、力任せにガチャガチャと息を切らしながら格闘してたのになぁ〜(笑)
これについても、組み付けのコツを教えてもらっちゃいました☆

そして…(;´゜д゜)ドキドキ…、試走する時が。。。
彼を隣に乗せ。。。もぉ何故か私は笑いが止まりませんでした!(笑)
なんて言葉にしたらいいのか思い付かなくて、ひたすら笑ってました(笑)
軽くハンドルを左右に振ってみたら…!また笑ってました(ノ∀<。)
今までの感じが、木製の車なら新しくなった今はこんにゃくの車!
…(笑)。分からないですよね(苦笑)彼も私の言動に理解不能でした(´゜艸゜)

とりあえず、まだ減衰が9の状態でしか乗ってませんが、全く別の車に乗ってるみたいです。
街乗りでの違いは十分体感したので、次はサーキットに行くのが楽しみで仕方ないです!

ルーズドッグが存在し、武田さんが今でもMR2に関して色々アドバイスなどをしてくれるから
私達は、色んな事を楽しみにできるので幸せです!
これからも色々とお世話になる気マンマンなので、
武田さん!!よろしくお願いします(`▽´ゞ
ありがとうございました☆


体験記その178

作業…トヨタ MR2 SW20ターボ LDオリジナルサスペンション取付

3月19日金曜日、ルーズドッグオリジナルの車高調に替える日が来ました!
この日の為に、いろんなことを我慢して…
来る日も来る日も、仕事に残業…
ほんっっと頑張りました!!(ノд<。)
朝からワクワクしながらルーズドッグに到着♪早速作業開始です。
前回(デフ&クラッチ交換)同様、サポート割引で私と彼もお手伝いしました。
私は前のバイト先で、車高調のスプリング交換をした事があり、
工具の名前は忘れちゃいましたが、その工具でスプリングを縮めて別のスプリングに交換、、、と
この作業が怖くてビビりながらやってた記憶が…(ノД')
でも、あれ??工具が登場するどころか、簡単に組み立てる事ができました。
いや〜私にとっては不思議な事だらけでした(笑)

ショックの構造や役割など、すごく丁寧に教えてもらえて勉強になりました!
そして、取り付け開始です。ここからはほとんど私達は見ているだけでしたが、…
さすがです!あーと言う間に装着完了☆
途中、ショックを留めてるボルトが細くて短い物に替えられてることが判明
(前のオーナーさんの仕業?)したり、
左前だけタイヤとショックが干渉してスペーサーが必要になったりと、
若干のトラブルもありましたが、無事に装着。
こうやって自分の車に対する理解が深まる点でも、やっぱりサポート割引って魅力的です!

サス交換といえば…、私がバイトでやった時なんて、
一日中、力任せにガチャガチャと息を切らしながら格闘してたのになぁ〜(笑)
これについても、組み付けのコツを教えてもらっちゃいました☆

そして…(;´゜д゜)ドキドキ…、試走する時が。。。
彼を隣に乗せ。。。もぉ何故か私は笑いが止まりませんでした!(笑)
なんて言葉にしたらいいのか思い付かなくて、ひたすら笑ってました(笑)
軽くハンドルを左右に振ってみたら…!また笑ってました(ノ∀<。)
今までの感じが、木製の車なら新しくなった今はこんにゃくの車!
…(笑)。分からないですよね(苦笑)彼も私の言動に理解不能でした(´゜艸゜)

とりあえず、まだ減衰が9の状態でしか乗ってませんが、全く別の車に乗ってるみたいです。
街乗りでの違いは十分体感したので、次はサーキットに行くのが楽しみで仕方ないです!

ルーズドッグが存在し、武田さんが今でもMR2に関して色々アドバイスなどをしてくれるから
私達は、色んな事を楽しみにできるので幸せです!
これからも色々とお世話になる気マンマンなので、
武田さん!!よろしくお願いします(`▽´ゞ
ありがとうございました☆


体験記その177

作業…三菱ランサー エボワゴン(CT9W) MTオイル交換&マイクロロン添加

11月頃より冬に近づくにつれてミッションの入りが渋くなり、
年を越えてからは早朝の動き出しの時など車が冷えている状態で
ローギアが全く入らない状態がたびたび起こるようになっており、
更には走行中のシフトチェンジでギヤが入らずシフトミスなんてことも度々あり、
どうしたものかと...

 そんな時に何気に見ていたチューニングサポートの体験記、
色々な方の感想などを見てみてこれは自分も試す価値あり...?
しかし問題が一つ!?皆さんの体験記を見ていると
価格はけして安くない的なコメントをちらほら見たので少々心配になり、
武田さんに確認をしたところ
やはり自分の小遣いシステムから考えると非常に高価な消耗品との見解。
 普段、クスコのMTオイルを入れている自分には
MOTULのFF−LSDタイプ1を入れるだけでも一苦労な所に
マイクロロン コンパウンド90を更に上乗せ!!
 自分の頭の中の計算機を駆使して費用対効果、ランニングコスト、イニシャルコスト、手持ちの小遣い、などなど。しかし=(イコール)にたどり着かず...
結局の決め手は自分の気持ち良く運転したいとの気持ちだけでした。(汗)
 当日、まず車をリフターで持ち上げドレンを外し古いオイル抜きながら、
今度は注入口を外しオイルが抜け切るのを待つ。
そして登場!マイクロロン コンパウンド90!後は皆さんご承知のシャカシャカタイム!!
右手に1本、左手に1本、合計2本!武田さんのOKが出るまで振り続けるだけ。
そしてOKが出た所でドレンを取り付けマイクロロンの注入!
その後、ポンプでMTオイルを注入し、口を閉めてオイル交換は完了。
次にリフターを下げてエンジンを掛けて浮いた状態で
2速でアイドリングし世間話をしてタバコ休憩にて作業完了。
武田さん曰く、「ココからバックで出る時にもう違いが分かるはず」との事で
期待をしながらリバースへ あれ?渋さが無い?
とりあえずガレージを出て周辺を走行しながらむやみやたらに
ギヤチェンジをするもスルリと入る!これは気持ちいい(笑)
その後、約1週間たちオイルもしっかりなじんだ様でギヤが入らないなんてありえない状態です!!
シフトミスも無く極めて良好!!
これで頭の中の計算機と気持ち良く運転したいとの気持ちが=(イコール)でつながりました。
またの機会には他のマイクロロンも試してみようと思ってます。


体験記その176

作業…三菱ランサー エボ10 GSR SST 油温、油圧メーター取付。

油温・油圧センサーの取り付けにオープンガレージを利用させて頂きました。
「リフトが使いたい」・「ハーネスの車内への引き込み方がわからない」
と言うのが主な理由でお願いしたのですが、
結果から言わせて頂きますとお願いして本当によかったです!!
これぐらいなんとか一人でできるかな〜とか思っていたのですが、
いざ始めてみると「これでいい…のか?」とちょっと不安に思うようなことが多々…
しかし!武田さんに聞けば的確なアドバイスを頂けるので
終始安心して作業をすることができました。
また、要所要所にロックタイトやグリスを塗ったり、適度なトルクで絞めたり、
エンジンルームの耐熱を考えた配線をしたり…などなど細かいコツも色々教えて頂きました。
自分だけで作業してたら間違いなくてきとーに済ませてました…
車内へのハーネスの引き込みも「そんな方法があったのか!」と
自分では間違いなく思いつかない方法だったので感動。
お陰様で綺麗に車内に配線でき、全体的にクオリティの高い仕上げになりました。
やはり、プロの方が隣にいると言うのはかなり心強かったです。
是非次回も利用したいです!!

そして作業後、『(デモカーのエボ10に)乗ってみる?(笑)』と
言って頂けたので喜んで乗せて頂きました!
乗ってみるとその完成度の高さに思わず一人で「なんじゃこりゃー!?」と叫んでしまいました(笑)
特に足回りの完成度の高さに驚き。ステアリングを切った瞬間わかります。
ステアリングを切った瞬間スッと頭が入り、ロールもしっかり抑えられ、
タイヤの接地感も申し分なし!
ピロボールの効果なのかとにかく良く動く足だなーと言う印象。
それでいて私の完全ドノーマルなエボ10より乗り心地もいいときた…
お見事としか言いようがありません。
実際に乗ってみて足を入れたいと言う思いが跳ね上がりすぎて我慢できそうにありません(笑)
その時はよろしくお願いします!(笑)


体験記その175

作業…車種 三菱コルト Ver R Z27AG サスペンション仕様変更

【フロントレートUP&キャンバー調整】

エナペタルサスペンションのレート変更をしました。
これまでの8kgから11kgへUP。同時にキャンバーも調整してもらいました。

街乗りでの感触はノーズダイブが全く無くなってかなり新鮮でした。
それなりに乗り心地に影響があるかと思ったけど特に変化なし。
ただ、高速ではギャップでの跳ねが大きくなった感じ。
それもフロントではなくリアが跳ねる・・・???
ここはリアの減衰圧を少し固めて対応。
するとほとんど気にならないレベルまで解消しました。

サーキット走行では今までよりオーバーステアな感覚になりました。
これまで、どアンダーでもどかしかったヘアピンも軽快に曲がれるようになり、
行く先々でベストラップを更新!
特に西浦で3秒5まで詰める事が出来たのはかなり嬉しい結果です!

今回は予算の関係上フロントのみの変更だったので、
相対的にリアが流れすぎる面もあったのですが、
ここもリアの減衰圧を高める事で対応。
いやあ、減衰圧調整可能なLOSEDOGS特注にしておいて本当に良かったです。

やっぱ車は足ですかねえ。


体験記その174

作業…車種 三菱ランサー エボ4 フロントデフ仕様変更
      ならびに、LD号試乗体験記

先日、エボ4でセンタービスカス(ソフト)を付けてもらったKです。
エボ4を乗って5〜6年目にしてようやくジムカーナー車になりました。あまりの動きの良さに感動しています。
うちの嫁さんも、お店を気に入ってくれた様子です。
お店のエボ10は、試乗させて頂いて正直驚きました。
R35やLFーA(仕事上、試作車の段階ですが)に乗ったことがあるのですが、LD仕様のエボ10は、それ以上の完成度ですね。
R35やLFーAのパドルシフトは、手動でシフトアップしても、レスポンスが悪くて、運転していてストレスを感じ、自分の中では、MTのが優れていると思っていました。
エボ10は、スムーズにシフトアップし、しかもF1のように、すばやくシフトアップ、ダウンが作動し、非常に楽ちんです。
嫁さんは、助手席で、あまりの加速にビビッテましたが・・・(笑)( ^)o(^ )
しかも、足がすごくしなやかで、乗り心地が良く、快適です。
サーキットで思いっきりアクセル踏んでみたいですね。ヒールアンドトゥができない人や、これからモータスポーツする人には、すごく良いクルマだと思います。


体験記その173

作業…三菱ランサー エボ10GSR5MT クラッチ&フロントLSD交換、その他、マイクロロン注入

事の初めは武田さんに
「君のクラッチの使い方だといつ壊すか分からないから変えときなさい。」
と言われたことでした。さらに、
「クラッチ変えるならついでにLSDもでしょ〜安くしとくよ〜。」
だそうでセットで交換することに。

外したクラッチを見せて頂きましたが、これが何と
もうすぐツルツル滑る寸前。更に相方には何と段つき!!
まだ16,000kmしか走ってないのによっぽど運転下手だったんだなと反省…

作業中に「エボ10はクラッチを変えるとペダルがすっぽ抜ける。」
との噂を聞き事実確認。
何とクラッチマスターシリンダーが社外品に耐えられないとの事。
補強部品が数千円だそうで即投入。
しかしその作業が凄かった。
取説も無くあーだこーだ言いながら果ては運転席に
あらぬ体制になりながら格闘すること3時間。工賃数万円。

LSDは初め5MT専用大容量タイプにしようとしていましたが、
ラリーアートのベアリングを買わないと付けられないことが発覚。
武田さんに私の走り方と費用対効果を考えると、
SST共用タイプでも十分と言われそちらにしました。

さてさて気になる効果ですが、残念ながら交換後まともに
走れていませんので、街乗りベースです。

クラッチペダルがいい感じに軽くなりました。
通勤渋滞でのハンクラ多用などで威力を発揮しています。

LSDは交差点右左折時やカーブなどでアクセルを開けるだけでも
グイグイ持っていってくれますので、走ったらヤバイ??

とそうそう、ミッションオイルを入れるときに武田さんより
マイクロロンコンパウンド90を入れるとギアの保護やギアノイズの低減に
良いよと勧められ入れてみました。
結果は、お〜ギアノイズがしない。静かだ。
それとシフトを入れるときの抵抗が無くなりました。
皆さんもミッションオイルを入れるときには是非〜。


体験記その172

作業…三菱ランサー エボ8MR GSR サスペンション仕様変更

某ショップのコンプリートサスペンションを組んで約半年の頃、前の車(エボ4)より乗り難く、
サーキット等でもタイムが遅くなっていることに悩み、運転がつまらなくなりかけていました。

別件で相談に訪れたLOSEDOGSにて、武田さんから「車の動きが鈍い。純正より遅いんじゃない?」というような指摘を受け、ショックを受けました。
サスペンションの仕様(特にバネレート)が車にマッチしていない模様・・・。

たまたま、武田さんのノウハウが盛りだくさんのエボ9(チーム員の車)に試乗させて頂く機会があり、自分の車との違いに驚愕しました。

運転した感想は、一言「めちゃくちゃ良い〜」
低速から高速まで全域で路面のアンジュレーション等に対してビックリするほど滑らか、かつ安定しているので安心してアクセル踏み込めました。

「競技向けサスペンションだから街乗りは悪くても仕方ない」という考えが一転しました。

自分の車をこのエボ9の動きに近づけるには、まずはスプリングを変更すべきという武田さんのアドバイスを受け、推奨する仕様に変更しました。
変更後の感想としては、アクセルに対する車の応答性が良くなり、車の動きが軽くなりました。
更に、バネレートは上がったにも関わらず、競技だけでなく街乗りも乗り易くなり、楽しく運転できる車になりました。


体験記その171

作業…ホンダ インテグラ タイプR DC5 サスペンション交換

交換作業、最初は自分でやろうと思ってました。
ただ、この車も古い車の部類。あちこち外れない気がする。。。ってことで作業をお願いしました。
そしたら案の定いろんなボルトが錆てる。外れない。自分でやってたら何時間かかることか。

作業は他愛の無い話やメカニズム的な話をしながら数時間で終了。
イニシャルは出来るだけかけない方がいいだとか、トーはブッシュのたわみも計算してこのくらいがいいだとか。今後のチューニングについても相談できました。

交換直後の感想としては、交換前は、街乗りではゴツゴツした印象で、競技中はロールも大きくふにゃふにゃしてると不満に思っていました。
交換後は、バネレートが上がってるのですが、街乗りでも快適。しかもグイグイ曲がる!早く走りに行きたいです。ただ車高調といっても物によって全然違うんだなと一つ勉強なりました。


体験記その170

作業…三菱ランサー エボ10GSR SST フロントバンパー&ボンネット交換フロントLSD交換

エボ10SSTはサーキット走行で油温が非常に高くなる為、特に夏場は周回を重ねられなくフラストレーションが溜まり、オイルクーラー増設等を考えていたのですが、Test&Serviceのエアロを進められて取り付けをお願いしました。
効果の程は、、、かなり良い感じです。
夏のスパ西浦で全開できる周回が2周から4周程度になりました。油温にお困りの方はお勧めです(笑)

あと、車を引き取りに行ったときパーマラックスも進められて使用しているのですが、基本的に水洗いして拭き取るだけなのすごく楽に洗車ができます。


体験記その169

作業…三菱ランサー エボ10GSR SST フロントLSD交換

エボ10 SSTとは言えサーキットでタイムアップを狙いたい私としては、少しでもコーナー立ち上がりを鋭くする為、LSDを組むことにしました。
武田さんにもエボ10 SSTのLSD交換は簡単で工賃も安くすむよと言われ、比較的簡単に済むと思っていたのですが、そこは新型(09モデル)の宿命かトラブルにあってしまいました。

バラしてデフを組み込もうとしたところ、取説に記載されている、あるはずの純正スペーサーが見当たらないじゃないですか。。。(汗)
武田さんにメーカーへ問い合わせしてもらい、回答もらうまで1日待つことになりました。
まぁ、何とか無事に組み込むことができましたが、新しいものにはいろいろとトラブルが付きものです。。。

 でも、その後のサーキット走行で、それまでのベストタイムを1秒ほど更新できました!すばらしい!!!


体験記その168

作業…三菱ランサー エボ9ワゴン サスペンション仕様変更

 バネレートをかなりあげたので街乗りの乗り心地に若干不安があったのですが
実際には乗り心地も悪化せずまた、高速道路でも継ぎ目を乗り越えても特に跳ねることもなく
変更まえと乗り心地は大きく差なくほっとしておりました

変更した効果がはっきりわかったのはサーキットに持っていったときでした
特にスパ西浦の1コーナの出口付近が変更前では車の挙動が乱れやすく何度も怖い思いをしていたのですが、このサスですと非常に安定していて安心して曲がれるので本当にびっくりしました
どこまでアクセルを踏んでいけるのか、どこまでブレーキを遅らせれるのか?
コーナの進入速度をどこまであげて大丈夫なのかはこれからいろいろ試してみたいと思います
実際のタイムという点では夏ということもあり、今は良いタイムが出ているわけではありませんが、
これから涼しくなっていってからどこまでタイムがあがるか楽しみです


体験記その167

作業…三菱コルト ラリアートVer フロントLSD組込

 会社の同僚から
「FF車はLSD入れるとコーナリングが全然違う」
と聞いていて、以前から興味はありました。
今回たまたま臨時収入があった事で
現実味が増し、LSD組み込みをする事に!
最初は「工賃高いし、まぁ自分でもなんとかなるんじゃね?」
なーんて考えていて、みんカラなんかを眺めていましたが
だんだん
「工具入らなかったら…ネジ固着してたら…」
などと若干不安になって結局、LOSEDOGSさんに依頼しました。
その決断は大正解でした!!
なぜなら自分では絶対に出来ない作業だったからです。
最初の甘い考えだった自分を猛反省ですorg

今回はチューニングサポート割引適用という事で、常に武田さんの間近で作業を見させて頂きましたが
やはりプロは違いますね。

各行程迷いがなくテキパキ進んでいきました。
というか多くの工程で「そんなところもバラす必要が!?」といった事があり
それを見るたびに「自分でやらないで良かった…」とホッとしてました。

また各行程でその都度、武田さんからポイントを教えて頂きましたが
それはネットに載っているような内容ではなくとても参考になりました。
コルトについて更に深く知ることになりとても有意義だったと思います。

なんでもかんでもDIYってのも否定はしませんが、やはりプロにはプロのノウハウがあるんだと思い、
これからちょっとでも不安がある作業の時はLOSEDOGSさんにお願いしようかとつくづく思いました。


体験記その166

作業…車種 トヨタ MR2SW20ターボ(3型) エンジンオーバーホール、その他。

 事の起こりはある日のジムカーナ練習中。
油圧の警告灯がポッと点きました。何だろう??
 とりあえずレベルゲージで油量を見てみると、
オイル交換をしたばかりなのに下限を下回っています。どうやら油量が減ったところ

横Gがかかってポンプがオイルを吸えなかったようです。
そういえば最近マフラーから白煙を吹いているし、オイルが燃えているようです。

 LOSEDOGのお店で武田さんに相談してみると、
「これだけオイル消費が多いならオーバーホールした方が良いよ。」とのこと。
 最低○十万円との試算とこれまでのパーツ代等々を天秤にかけ、
結局エンジンオーバーホールをお願いすることに。
 私はJAF公認競技に参加していないので、
「じゃあ、ついでにエンジンのチューニングもしておくか。」
ということになりました。

そしてエンジン降ろし作業中。

武)吸気系のゴム配管全部固まってるから交換したほうがいいね。
私)そうですね。

武)うーん、マフラー腐ってるね。社外品の方が安いよ。
私)じ、じゃあ、そっちでお願いします。

武)あーやっぱり触媒抜けかけてるね。これ純正部品がもう無くてね。
私)こ、交換ですか…

武)あ〜、タービンのシャフトにガタが。
私)………。

武)じゃあこれ見積もり。いやー、ちょっとすごいね、こりゃ。
私)(´・ω・`)

 そんなこんなでエンジンは職人さんの元に送られて行きました。

 2ヵ月後。

 無事?エンジンが載り、500kmの慣らし走行後のオイル交換をして、
武田さんから回転数上限解除の許可が下りたのでさっそくドライブに。

慣らし中は「トルクがすこし増えたかな?」といった感じだったので、
半信半疑でアクセルを開けて行くと、

 「お、加速すぅーる ぅ ぅ  ぅ ? !! ・ ・ ・  ・ 」

いや、本当に最初はこんな感じで、高回転では離陸するんじゃと思うくらいでした。

 多少慣れてくると、速い割に扱い易いエンジンであることが分かります。
おそらく低回転から高回転までトルクがきれいに出ているので極端なところが無いた

だとと思います。いつの間にかスピードが出ている、そんな感じです。
 トルクの効果はジムカーナのスラロームなどアクセルで車の向きを変えていきたい
場面で特に実感できました。

 確かに同じ金額で新車に乗り換えたとしてもこんなエンジンの
車はそうそう無いでしょう。圧縮が戻ったためかちょっと燃費も良くなりましたし。
 現在の問題は加速が気持ちよすぎてブレーキが遅れることです。めざせ直線番長?

体験記その165

作業…トヨタ セリカ ZZT231 MOTULオイル交換&マイクロロン注入

今まで考えた事無かったんです。
0.5秒の差はその時の運。練習すればもっと速くなれる?
でも何もせずに0.5秒速くなれたらどうでしょう...?
0.2秒での後悔がなくなったらどうでしょう?
もっと走るの楽しくなる?
と言いつつも簡単に速くなるのと引き換えに出費は大きく難しいです。
今回チャンスを与えてくれたエボさんにホント感謝します。
て事で本日も会社帰りにオイル交換!!充実してます。
オイル交換してる事に集中してるのがこれまた楽しい!!
しかも今回のオイルは!! ニスモとモチュールが共同開発したオイルらしい。
気分はMOTUL AUTECH GT-R?です。スーパーGTと一緒。(笑)
さらにはスペシャルなトリートメントも入れました。
入れてもらいました...。
これまた効果絶大!!マジで。10万キロ超えセリカだったからか?
入れるの立ち会うと感動するの間違いなし。
これは絶対その場で体感すべきです。
仲良い人みんな呼ぶべきだったと思うくらい。
誰か実験台でマイクロロン体験会を開催すべきかと。
値段は高価ですが毎月1000〜2000円貯金すると思えばなんとかなる?かな〜?
こりゃビール飲んでる場合じゃない!(笑)
でココからが今日の本題?です。
そもそもはタペット打音?メカニカルノイズ?うるさかったんです。
ガチャガチャと...。
『マイクロロン入れると消えるから。入れてる最中に静かになっていくから。』
と言われましたが、そう言われましても...そんな激変しないでしょ?
と実は思ってました。
でエンジン掛けっ放しでレベルゲージから入れるわけですが、
明らかに音が変っていくんです。
トゲが無くなりマイルドに...うそ?
と思ってると横にいたM君が、『なんか静かになりましたよね?』と...。
やっぱりそう?静かになってる!!
でしばらく回し続けてるとさらにエンジン音?メカニカルノイズ?は静かに...。

『ちょっと走ってきて。』
と言われるまま2柱から出すときの発進が!!
違いすぎる。こんなに違っていいの?くらい。
モチュールとマイクロロンの影響か?どちらにしても明らかに違う。
今まで市販のオイル入れたりしてましたが、この感覚は入れないと分からないですね?
0.5秒と言わなくても0.2秒は絶対に直線速くなれる気がしましたとさっ。
で、ひとっ走りした後、車から降りると!!
ありえな〜い。
3年程この車乗ってますが、
車から降りてエンジン静かに感じたのは今日が始めてなのでした。
と言う事で薬物中毒間違いなしです。一回入れたら最後...。
タバコよりもビールよりもタチワルイかも?
でも早く全開で走りたい!!次週は富山だ!!イオックス!!
また白海老食べれるんでしょうか?そっちも楽しみだったり(笑)


体験記その164

作業…スバル レガシィBH5 リヤメンバー交換&その他。

今回、自分のお馬鹿な行為により体験することの出来た2ヶ月弱に渡る修理体験記をレポートします。

5/30・・・その日マフラーを交換しハイテンションだったボクは何を血迷ったのか、ECOタイヤのまま昔走っていた山へ走りに行き、見事自爆(当然です)!左リヤタイヤがあらぬ方向へ向いてしまいました(涙)何とか自走できたので家まで帰り、修理先をネットで探すことに。
そこでルーズドッグのチューニングサポート割引を発見。作業の内容も見れるし工賃も安くなる(チューニングではなく修理だけど手伝えば安くなるであろう・・・)というわけで翌日お願いしに行くことに決定。

5/31・・・幸運にも家から近かったので朝速攻でお店へ。武田さんの第一印象はHPに色々書いてある内容からの想像と違ってまじめな職人さんみたいな方だった(騙されてますか?ボク)ので、安心して修理を依頼しました。

6/5・・・まずは曲がったと思われるロアアーム2本とギタギタになったホイールを新品交換して直るかチャレンジ。リフトアップしてホイールを外してアームを外し・・・外れません。そこいら中錆まくってみんな一体化しちゃってます。(毎年雪山へ行っていたので塩カルにやられていました)武田さんはパイプを持ってきて、うーん、パキパキッ。何とか外れました。で、次に新しいアームを付けて、付け
て・・・「えっ、何でー」と武田さんの声が作業場に響きます。ボルトの穴が全然合わずに入りません。でもさすがプロ、アームをねじりながらボルトを叩き込みアーム取り付け完了♪でもハブ君はあさってを向いたままのような・・・。とりあえず新品のホイールにタイヤを組み換えてもらい作業完了。でも、左リヤタイヤはご機嫌斜めのままです。武田さんはリヤメンバーをチェックし始めました。「ちょっとここから左右のこの部分を見比べてみてください」と言われるがまま見てみると、今まで同じように見えていたアーム取り付け位置が全然違います。左の方が内側に入り込んでます。「リヤメンバー交換ですねー」チーン¥部品代+工賃で○○万弱とな!? 嫁になんて説明しよう・・・この日は3時間弱の作業で終了し、家族会議の為帰宅。

嫁「車直った?」
ボク「いや、実は別の部品も交換しないといけないことが分かって・・・」
嫁「いくらかかるの?」
ボク「○○万弱位・・・」
嫁「じゃあ廃車にしたら」
ボク「・・・」
何とか嫁を説得し、無事リヤメンバーを発注。しかし悲劇は続くのでした。

7/3・・・リヤメンバーも無事届き、2日間の作業予定で作業開始。まず、リフトアップしてホイールを外して、ここで交換の段取りを考える武田さん。闇雲に分解していくのではなく、どの順番でどのユニットで分けて分解すれば一番効率がいいかを頭の中でシュミレーションし、それから作業を始めるとのこと。ふむふむなるほどー、と思いつつ左リヤのアームを見ていると・・・鋳物のアームにヒビが入っているねー、うん、ぱっかりいっているねー、ってこれ交換する予定の無いアームなんだけど・・・。なっなんと鋳物のトレーディングアームが割れちゃってます。前回見たときには大丈夫だったのに。割れた断面を見ると錆びていないので後で開いてきたようです。チーン¥ トレーディングアーム○○○○円也・・・(涙)ハブもダメそうなのでこれもチーン¥○○○○円也。さっき外したホイールを取り付け作業完了。作業時間1時間弱で終了です。あーあ、これも嫁に内緒でマフラー交換したバチがあたったんだなーと思いつつ、部品を発注し次の作業日を予約して帰宅。

7/27・・・3度目のチャレンジです。今度こそ順調に行ってくれーと思いつつ作業開始。リフトアップしてホイール外してアームを外し・・・やっぱり外れません。ボルト一本毎に武田さんの「えーうそぉー」の声が響きます。もはや修理というよりレストア状態です。何とかアームのボルトを外し、次にドラシャを抜きます。まず右から外し・・・お約束通り外れません。ハブと合体しています。軽く叩いても外れないのでロックナット犠牲にすることにしました。ロックナットの上から武田さんがハンマーで思いっきりひっぱたきます。ガーン、ガーン・・・やっと外れました。やはりスプラインが錆び錆びでした。続いて左のドラシャを・・・外れないので右と同じ方法で攻略します。ガーン、ガーン・・・少しずつロックナットが入っていきます。でもドラシャは元の位置のまま・・・武田さんがおもむろにロックナットを外してみると、なんとドラシャ側のネジ山がさようならー。なんという結合力。せめてバックプレートだけでも使い回そうということで、バーナーであぶって叩いてもビクともせず。結局2人の仲を引き裂くことはできずギブアップ。チーン¥(えーまたー?)ドラシャ○○○○円バックプレート○○○○円也・・・もう好きにして・・・。幸い在庫があり明日届くとのことで一安心。気を取り直して作業再開。その後は順調に進み(ボルトは相変わらずくっ付いてたけれどSNAP-ONのエアーインパクトとパイプの活躍で無事解体♪)ついに車体からリヤメンバーASSYの分離に成功!!ここまで所要時間約3時間、ってあんなにトラブったり休憩してたのにまだ3時間?段取りの良さと一流工具、設備の充実による作業効率の良さを再認識しました。お昼を食べて休憩をしてから作業再開。新しいリヤメンバーにデフ、アームを組み付けて車体に合体。バラす時の苦労がうそのようにサクサク組み付いていきます。右の足周りを組み付けた段階で今日の作業終了。あれ?まだ6時前?明日の部品入荷が3時過ぎとのことなので、その時間に約束して帰宅。

7/28・・・ついに今日で愛車復活だぁ!とワクワクしつつ、筋肉痛ながらも代車に借りた武田さんの通勤車で家を出発。車内には武田さんが毎日聞いている?Pのテーマ曲集が鳴り響いてます。すっかり「おっとこーおとこー♪」が耳について離れなくなっちゃいました。(ボクはPやらないんですが・・・)そうこうしているうちにお店に到着。部品が届くまでちょっとした作業と世間話をしてるうちに部品到着。まずブレーキローターとインナーシューを移植する為にローターにボルトをねじ込んでハブから分離しま・・・あれボルトがすっごく硬い。チーン¥と思いきや無事外れて一安心。ボクがサイドブレーキワイヤーを車内で組み付け直している間に武田さんはインナーシューをサクッと移植完了。ここまできたらゴールは間近。残りを組み付けてサイドブレーキの調整、アームの調整、デフオイル漏れが無いかのチェックをしてついに完成!左リヤタイヤもまともに更生しました。早速試乗しまともに走るか確認。約2ヶ月ぶりに直った愛車に乗り、2度とECOタイヤで攻めるまいと心に誓ったのでした。

今回チューニング(修理)サポート割引を利用することによって、結構疲れはしましたが(筋肉痛がMなボクにはちょっと快感)愛車の理解度UP、武田さんの理解度UP(共にまだまだ一部ですが)、工賃の割引、作業の進め方、工具や設備の重要性について非常に勉強になりました。(ボク一応2級整備士を持っているのですが、プロはノウハウの量が全然違いますね!)本当にありがとうございました。今度は是非チューニングでお世話になりたいと思います。


体験記その163

作業…三菱ランサー エボ9GSR リヤサスペンション仕様変更

エボGSR乗り必見!!
「コーナーで差をつけろ!」っの巻き

今回のチューニングは…AYCを積極的に作動させるリアサスペンション仕様変更!
LDスペシャルです!
Boss武田氏が、初めてGSRエボXに乗って気付いたスペシャル理論!
ちなみに理論説明を受けましたが…??(゜Q。)?? ちんぷんかんぷん
実際に乗ったのが早いので、さっそく試乗♪
「信じられませんでした。こんなに…曲がる!! 曲がり過ぎで慌ててステアリングを戻します(汗)イメージは、フォークリフトです」
あははっ(笑)ハンパねぇ〜(^0^)/ ヤバすぎです♪エヘへッ♪(*^ー^*) ざわざわ♪キター♪
興味がある人は、まずは、ルーズドックスにゴーゴーゴー(^0^)/
Boss武田氏に相談すれば間違いない♪
ほんと、ありがとうございましたm(__)m
走りの進化が止まらない!それがエボリューション!!
なんちゃって(笑)


体験記その162

作業…三菱ランサー エボ6.5GSR フロントスタビ交換&リヤ回りピロブッシュ化

僕の愛車もすでに10万キロオーバーで、オーナー同様にあちこちガタが出始めました。
そこで、すでに実施したフロントに引き続き、リヤサスのブッシュ交換(フルピロ化)を武田さんにお願いしました。同時に、以前他店で交換したフロントスタビのフィールにどうしても満足できず、ノーマルスタビへの付け替えもやっていただくことになりました。

交換前の挙動としては、フロント側は妙なツッパリ感があり、踏めば踏むほどトラクションがかからず、さっぱりクルマが進んでくれない感じ・・・。それに対してリヤはというと、ブレーキング時等にフロントの踏ん張りについて行けずに、跳ねるような感じで、これまた不安定・・・

ところが! 作業後にクルマを引き取り、お店の前の道路をちょっと走った瞬間、
「な、なんだこれ?タイヤの空気、抜けた?」って思うくらい、実にスムーズ&しなやか!

スピードレンジが低いせいかも・・・と思い、後日高速乗ってみて、またビックリ! 路面の段差を乗り越えた時のショックが激減し、クルマが跳ねないので視線が動かず、運転がメッチャ楽なんです。同乗してた嫁でも違いがはっきりわかるほど(いつもより早めの爆睡モードに・・・)

また、同時期に交換していただいた、ニュータイプのモチュールオイル、これがまた素晴らしい! 油温が平均3度は低下し、エンジンフィールがとにかく滑らかで、乗ってて理屈抜きに気持ちイイ!! ちょっと、高価ですがこれはオススメです!

くたびれたクルマが元気になり、毎日の通勤が楽しみになりました。


体験記その161

作業…トヨタ MR2 SW20ターボ(3型) セリカクロス組み込み&その他

ミッションOHありがとうございました。
昨日の帰り道,高速と下道と走りましたが,高速90km/h位からは楽ですね。
ただ,4ー5の行き来がやはり慣れるまで難しいです(70〜80km/h位が)。
それを犠牲にしても,2〜4は武田さんが組んだクロスということもあって、スパスパ入りますし、スムーズな加速でサーキットが楽しみです。
他のショップであればそのまま組まれていたかと思うと、純正の状態を良く知っている武田さんにお願いして正解だと感じました。ありがとうございました。


体験記その160

体験 三菱ランサー エボ10 GSR SST LOSEDOGS号2009年版の試乗記5・スパ西浦編

先日のスパ西走行会でエボXLD号を運転させてもらう機会がありました。実質1周のみでしたが、その凄さを味わうには十分でした・・

パワーがある(といっても動力はノーマルらしい)のはエボなので当然としても、ハンドリングがとにかく凄い!あり得ない!!

あまりの回頭性の良さに、最初のコーナーで思わずインに突っ込みそうになってしまいました(笑)
決してオーバーステアではないのです。切った分だけ瞬時に正確に曲がっていく。
これは一般的なチューニングで「ノーマルに比べて」というレベルではありません。
100%ダイレクトなのです!LD号に比べたら自分の車(同じくエナペタル付けてるんですが・・)なんて「どアンダー」もいいとこです(^^; 熟成の差が異次元でした。

エボXはディーラー試乗でも乗ったことがあるのですが、全然別物ですね。三菱車をチューニングした延長線上ではなく、全く違うメーカーの車のようでした。足回りってやっぱり奥が深い。

ラグの違いに慣れる頃には一周が終わってしまった・・・慣れるのに丸々一周はかかるくらい違う・・・ので、出来ればもう一周走って攻めてみたかったなあ。


体験記その159

体験 三菱ランサー エボ10 GSR SST LOSEDOGS号2009年版の試乗記4

今日は内減りの激しい街乗り用タイヤのインアウトのハメ替えにLDさんへ。
その作業待ちの合間にエボ10を運転させてもらいました。

まず第1印象は乗り心地がとてもいい。
これだけ乗り心地いいとステアリングレスポンスが悪いと思うのですがそうでもなく、ハンドルセンター付近のレスポンスはとても良いです。
裏道で人と車がいないのを見計らって低速ですが素早くハンドルを左右にきると重量を感じさせず俊敏に動きます。マンホール踏んでも軽くゴツっとは来ますが特に気にならないレベル。これだけの乗り心地でサーキットであれだけ走れれば自慢の足ですね。

また、SSTの車に初めて試乗しましたがとても楽チンですね。
シフトダウンはちょっと感動します。
加速も若干重さは感じますが十分な速さです。比較対象が悪いかもしれませんが5千回転(※)まででは低速トルクの無いうちのインプでは全くついて行けないと思います。
※SSTのSPORTSモードは5千回転シフトだそうです。

たまたま別作業のお願いに行ったところで普段乗る機会の無い車を運転させてもらえて良かったです


体験記その158

体験 三菱ランサー エボ10 GSR SST LOSEDOGS号2009年版の試乗記3

乗ってすぐに感心するのはボディ剛性の高さ。
ロールケージ組んだ訳でもないのに、まさに箱!って感じです。
それなりの足が入っているにも関わらず、きしみ音どころか撓む感じもありません。
こりゃあ凄いな〜♪

次に気が付くのは、足が良く動ここと。それもかなり滑らか♪
あちこちピロボールに換えてある効果でしょうか?
そのくせ変な音もしないし、落ち着いたいい足って感じです。
これでジムカーナやサーキットであの走りができるのは凄すぎ!!

エンジンは意外と音が静かなせいかパワー感は感じないんですが、実際はするすると車速が乗っていくので、結構トルクフルなんでしょう。

初体験のSSTは、普通に乗るとATとの違いは感じませんが、減速、停止する時にブリッピングしながらシフトダウンしていくのが、ちょっとくすぐったい(嬉しい)…(笑

気になる点は、やはり車が重たいことでしょうか?
左右の動きに関しては素晴らしい足のおかげでまったく鈍さを感じないんですが、やはり縦方向(加減速)の動きは重量級の車かな?って感じです。
でも悪い意味ではなくて大昔にR32GT−Rに初めて乗った時のような、大人のGTカー(あえてスポーツカーとは言いません)って感じですね。


体験記その157

体験 三菱ランサー エボ10 GSR SST LOSEDOGS号2009年版の試乗記2

ここのショップにお世話になっていますが、社長に「乗ってみる」と言われたので、
お言葉に甘えて試乗させていただき偵察しました。

偵察とは、この車に過去幸田サーキットアタックという競技で負けっ放しですから、サーキット仕様で町乗りは乗りづらい車なのかな? それとも特殊な車に変えてあるのかなといつも疑問があり、その疑問を解決したいという気持ちもありました。

で、最初シートが、フルバケットで僕には小さかったので乗れるのかなとも思いました。
(お尻が、はいらん。)

コースは、お店から出て、片側2車線の国道と戻るときに小さな道幅(迷って)の道路から帰ってきました。基本的に人の車を借りるのが元々好きでないので、まず交通事故をしない。壊さないをモットーに走りました。
お店から国道に出る時思ったのは、少しハンドルが重いかなと。
しかし、LSDがフロントに入っているように思えません。僕のは(ランサー8MR、GSR)LSDが入っていますが、トルクステアが強すぎますので大変です。

しかし、走ると普通の車のようです。

国道で少しアクセルを踏み込むと加速感は、自分の車よりもあるように感じました。
シフトアップがSSTの為加速が続いたようでそのように感じたのかもしれませんが、速かったです。(60キロまでの加速です)
そして右折時に曲がりながら加速すると、多少アンダーが出ますが、ほぼ綺麗にラインをトレースします。(またハンドルが少し重く感じしまたが。タイヤはAD08。)

また、エアロのせいで、注目度は抜群でした。(ちょこっと恥ずかしい。)

小道に行くと、路面が悪い状況です。そこを走ると全体に道がボコボコだと、乗り心地は少し良くないです。しかし片足だけマンホールの上に乗っても、何もなかったように通り過ぎます。橋のつなぎ目も、フラットに通り過ぎ、快適です。改造車に思えない足廻りです。(減衰はトランポ用らしいです。)

1年ほど前にノーマルエボ10の試乗をしたことがあります。その時の印象が、ボディ剛性感がエボ8.5と比べると増した感じがします。サスはビルシュタインでしたが、特に道の状態が良くないと、コツコツと動き過ぎで不快でした。街乗りでは苦痛です。

それを思うとこのエボ10は、しなやかな足です。

僕の考える良い足とは、

色々と乗った車の中で、たった一度だけですが、BMWの325の試乗ではじめて欧州車のすごさに気が付いたのですが、そのような車が僕の中のベストだと思っています。それは、レクサスのISに乗っても感動しませんでしたが、BMWだけは違いました。高速での安定感とサスペンションが常にフラットに走り、不快なノイズもない。レーンチェンジも思いのまま。路面に粘り付くすばらしい足。

このエボ10も高速道路で走ると快適そうです。粘りがありそうで、高速道路の路面の凹凸を難なくクリアしていきそうです。また、ビルシュタインの9段ある減衰をいじってサーキット用にすれば速い足になります。元々ボディー剛性感が高いので、この足とのマッチングで、BMWに近い感じもします。
長距離移動で楽だと思います。サーキットでの速さは、ドライバーを含め昨年度の幸田チャンプで実証されてますし。僕のエボのオーリンズの設定は、ボコボコ道だと40キロに速度を落とさないと乗れないし、またマンホールに落ちると強烈な反動が・・・。
この足廻りは、AYCの効果をよりよく伝えるためと快適性を重視した足と思いました。
この快適感が、誰が乗っても速く走れると思います。
エボ10所有の方、このようにストロークがしっかりある足廻りで走られた方が、ご家族の方がお乗りになるならお勧めですね。また、ご本人さんもサーキットでも満足されると思います。


体験記その156

作業…車種 ホンダ トゥディー JA4 LSD組み込み

 今年から軽耐久レースに使用し始めて、LSDの必要性を痛感。ところがもちろんお金もなく、といってミッション分解なんてしたことがない。でも基本的にクルマいじりは好き(足回りならまかせて!)なので、「プロのサポートを受けながら」というLOSEDOGSさんのオープンガレージシステムは願ってもないものでした。

 早速メールで問い合わせしたところ、速攻でOKのメールを頂きました。しかも「僕としても、トゥディのMTは初めてですので、興味があります。オープンガレージの価格は、時間当たり4000円ですが、僕の蓄積にもつながりますので、お安くさせていただきます。」というBOSSからのうれしいオマケつき!必要な部品なども揃え、悪戦苦闘の末のミッション持参で当日の朝を迎えました。

 お店に伺うのもBOSSにお会いするのも初めてでしたが、非常に気さくな方だったので一安心。そして持参したミッションを見るなり、「あっ、シビックとだいたい一緒だね」の一言。この時点ですでにBOSSにはミッションの中身が透けて見えていた!?(笑)。手際よく必要そうな工具を並べると、BOSS自らさくさくと作業を開始。私「やってもらっていいんですか?」BOSS「いやぁ、こっちも勉強になるからいいよ」。メールにうそ偽りはありませんでした。それじゃあ私の勉強にならないかっていうとそんなことはなく、分解が進むたびにBOSSが構造の説明をしてくれたり、次に組付けやすいボルトナット類の置き方など、分解作業のノウハウも教えてもらえました。これこそ正に私の望んだ形!そんなこんなであっという間にデフまで到達。持ってきたクスコ製LSDにベアリングを圧入し(これも素人では設備がなくてフツーは出来ない)、あとは組むのみとなりました。

 ところが、ハウジングにLSDをセットし、BOSSが回転を確認したところ「何か重いぞ??」と問題発生。しばらく試行錯誤した後、LSDの取説に「ハウジングを加工が必要」との注意書きを発見(私がうっかり忘れておりました)。BOSSはおもむろにリューターを取り出し、干渉部分を削り、あっという間に解決。途中途中できっちり動作確認をされているのは見習うべきところだなあと思いました。あとは何の問題もなく順調に組付けが終了。

 また作業が終わってからも、クルマ業界の話題から政治の話からいろいろと楽しく話しを伺わせてもらい、最後にはエボXにまで試乗させてもらうなど、大変充実した時間を過ごせました。またそのうちにファイナル交換だの、エンジン周りだのいろいろやり始めることと思いますので、その時はぜひお力を貸してください。


体験記その155

作業…ホンダ インテグラDC2 マイクロロンXA注入&新製品のオイル(0W−30)交換

武田さんから、ちょっと高いけど凄いオイルがあるから入れてみない、と言われ、マイクロロンXAと一緒に入れてみる事に。まずマイクロロンでエンジン音がかなり静かになり、どちらの効果か解らないけど、エンジンの吹け上がりもスムーズになり大満足。
街乗り、通勤しかしてないけど、今までの、MOTUL-300V 10w-40と比較してみると、エンジン始動時、1700回転で油圧5,60は変わらない。街乗りで油温95℃3000回転で油圧5,30→4,80に、不安になり、武田さんに相談。
0w-30になった事で下がったけど、大丈夫だよ、との事で安心。約10キロの通勤で、
油温平均88℃→85℃、下がってる、たまたま? 翌日83℃、翌々日84℃やっぱり下がってる。これはいいかも。今まで、西浦サーキット7週で130℃まで上がっていた油温が、どこまで下がるか、早く走りに行きたくなりました。


体験記その154

作業…体験…車種 三菱ランサー エボ10 GSR SST LOSEDOGS号2009年版の試乗記

 車高は低め。しかもエアロパーツで武装している。
見た目の印象だけでは、荒れた路面ではね回りそうな、硬そうなチューニングマシンってイメージですよね。ルーズドッグのエボX。昨年よりそのイメージ強くなりました。
いくぶんおとなしい外観だった2008年版。試乗させてもらった時は、
完成度の高い足回りと思った記憶があります。しかし、まだ進化する余地があったんですね。

2009年版としていじったところは、ピロ化やリアのストロークとバネレート見直し。
その他、気になったところを直したくらいとのこと。
ガンガン乗ってセッティングを詰める。なんてことはしていないらしい。

武田さんからそんな話を聞くと、さらっと作ったような印象を受けます。
でも、少し走ればその進化レベルの高さが体感できます。
昨年版でも相当なレベルだったのに、よりフラットに走るのです。
お店に行ったことがある方は知っていると思いますが、ルーズドッグ周辺の道はかなり荒れ気味。
足の硬いクルマだと「ガタタタタ」なんて振動が伝わってきます。
ところがこの2009年バージョンは、細かい振動を全部吸収してしまいます。
道が荒れているのに、揺れない。
では、振動がでないほど柔らかいかというと、そうではありません。
乗っていてフニャフニャさは全く感じません。
しっかりと締め上げたサスペンションがもたらす、硬質な乗り心地です。
それを証明するかのように、ステアリングレスポンスはゴーカート並。
スイスイと曲がってくれます。
LOSEDOGS号を例えるなら、揺れないゴーカート。エアコン付きの快適なゴーカート。
足回りのセッティングに正解はないといいますが、
ルーズドッグエボXの足は、スポーツカーの足として、
正解に限りなく近い代物と、言えるのではと感じましたね。

高速休日1000円がスタートってことで、遠出が身近な楽しみなりました。
この足がついていたら、どこまでも疲れないで走っていけそうです。
私のクルマにも、ほしいですね。本当に。


体験記その153

作業…三菱ランサー エボ10 GSR SST 油温、水温、ブーストメーター取り付け
          マイクロロンXA注入

追加メーター無しでのサーキット走行はかなり不安でしたので、取り付けることにしました。
昨今の不景気の中、何を付けるかを武田さんに相談にのって頂き、
必要最低限に抑えつつも、Defi最新モデルにしました。
旧モデルとの比較ですが、取り付けた感想としては、細かくなった目盛りと
細長くなった針があいまって見やすくなったことと、イルミがきれいになったことで、
なかなかイイ感じです。
あと、リモコンが付いたことで手元操作ができるようになりました。
これで、安心してサーキットを走れます。

また、マクロロンXAですが、前の車でも注入していましたので、効果は分かっていましたが、
アイドリングの時点で静かになったというか、スムーズに回転している感じです。


体験記その152

作業…トヨタ MR2 SW20ターボ マクロロンXAの注入

 エンジンオイル交換のついでに「効果あるよ」と聞いていたマイクロロンを入れてもらいました。
まず、作業の順番は
1、エンジンをよく暖気します。
2、エンジンをかけたまま、よく振ったMicrolonXAをゆっくり注入します。
3、アイドリングのまま納得のいくまで放置して完成。
といった感じで、作業直後は「エンジン音が少し静かになったかな?」といった程度でした。

しかし、翌日にその効果を確かに感じました。

 その日はジムカーナの練習会に参加したのですが、スラロームの区間でアクセルに対して
”ポン、ポン”といった感じでトルクが出るんです。
それに比べると今まではアクセルに対して”じわ〜、じわ〜”といった感じでした。
アクセルのオンオフでトルクが思い通りに操作できるようになったので、スラロームがとても気持ちよく走れました。

 いままでオイル添加剤なんて効果は分からないだろうと思っていたので、こうして実感できるモノがあったことに驚いています。おかげでまた一段と車の運転が楽しくなりそうです。


体験記その151

作業…トヨタ カローラランクス クラッチ交換

 純正から純正のクラッチ交換なので、当然といえば当然ですが、滑り始めていたので半クラッチの感じが分かりやすく戻った程度でクルマには大きな変化は感じられません。
でも、7年目のクルマですが「まだまだ乗るぞ!」という気持ちを持つことが出来ました。
急な思いつきで作業させてもらった、作業エキマニの遮熱布の巻きなおしのお陰かエンジン音が低く聞こえるようになり、心地よい排気音になりました。

今回、お世話になった中では武田さんの作業の進め方が非常に勉強になりました。
クラッチ交換という大きな作業の流れを、配線・付属品などを外していく作業を区切って行い、その作業と作業の間には休憩を入れていく方法は勉強になりました。
大きな流れでダラダラせず、小さな流れでキッチリ行う方法は
普段の仕事にも使えるやり方だと思いました。

今まで純正ミッションオイルを入れていましたが、今回MOTULに交換して、その激変ぶりにびっくりしました。今までは3→2速はかなり渋かったのですけど、こういうものだとあきらめていたシフトの入りが、気持ちよく入るようになりました。やっぱり値段なりというものですかねぇ。

武田さんの色々な経験談も楽しかったです。
また、大掛かりな作業をするときにはよろしくお願いします。


体験記その150

作業…トヨタ MR2(SW20)ターボ
   MTオーバーホール&LSD&クラッチ交換他

 先日はどうもありがとうございました。車の調子も良くミッションも当たりがついて段々と入りが良くなってものすごく乗っていて楽しいです!
チューニングサポート割の感想ですが、最初は武田さんの役に立てればいいなと思っていたのですが、役に立てるどころか武田さんの作業効率が良くてむしろ手伝うと作業が遅くなってしまうほどでした。やっぱり10年も作られてから経っているので、見えない所は錆びついていていて何度もボルトが外れない時があり、そのたびに頼む!外れてくれ!と祈りました。(笑)
 武田さんがアレッとか言うたびにもうビクビクもんでした。あっと言う間にミッションが降り、こんなに早く降りるとは全く思いませんでした。
昼休み中にはグランツーリスモとかしてとても楽しかったです!そしてミッションのオーバーホールとデフを組み込み、クラッチ、フライホイールを交換しミッションをエンジンに付けるのですが、これは仕事でやったことがあるのでどれだけ難しいか知っていたので一発で決めた時には天才!と言ってしまいました。(笑)
 まさに経験と勘がなければ出来ない技だと思います。
 そして車を元に戻し暖機後試走をしたのですが、クラッチを踏んだ瞬間に軽く強化クラッチで重くなると思っていたので嬉しい誤算でした。朝から夜まで作業していてものすごく疲れていたのですが試走に行って帰って来た頃にはもう疲れが吹っ飛んでました。(笑)
今までこんなに1日が楽しい日はそうなかったのでルーズドッグで作業出来て良かったです。武田さんの話もいろんな意味で参考になりました。また遊びに行きますね!


体験記その149

作業…トヨタ MR2(SW20)ターボ LSD&クラッチ交換&マウント交換

1月16日に彼氏と私のMR2のクラッチとLSDとマウントを新しくしました。
作業が始まり、BOSSが次から次へと外していくのを私達はただ見ている事しかできずアタフタ(苦笑い)
色々外してる中、レリーズシリンダーが! 私はそれを見れた事がとても嬉しかったです(´艸`)
でも何より一番感動したのは、BOSSの技ですね★
ミッションをまた元の場所に戻す時のあの凄さに感動です!
私達には絶対真似できないです(;´゜д゜)
その他に、本来付いてるはずのアンダーカバーの一部が無い事を知ったのと、
作業内容に含まれていないフロントの車高調整を教えていただいたりと、
色々と勉強させて貰いました。
…この時にBOSSのペンライトを壊してしまい本当にすみませんでした(ノд<。)

…さぁいよいよ車に乗るってなった時は、私、、、半端なくドキドキしてました。
クラッチペダルを踏んだら、今までのと全然違ってビックリなのと感動で、
もぉ〜頭の中パニックです(笑)
ギアの入りも気持ちいいくらい入り感動です★
とても勉強になる一日でした!
BOSS!!素晴らしい体験をさせていただき、本当にありがとうございました★
また次にお世話になる際も、サポート割引で勉強させてもらいたいと思います。
P.S あと少しで慣らしが終わるので、サーキットを走れる日が待ち遠しいです。


体験記その148

作業…三菱ランサー エボ9MR フロント&リヤLSDオーバーホール クラッチ交換

今シーズン7月以降ジムカーナの成績が落ち始めシーズン終了。
LSDのオーバーホールがそろそろ必要かな〜と思ってたら
不注意でリヤど真ん中をぶつけてしまいました。
修理でルーズドッグさんへ入庫、その際、BOSSが乗って一言、この動きおかしい!と・・。
クラッチが切れない=クラッチプレートの変形(全交換!)
LSDが常に効いている(オイルの相性?グレード?)ため動きが重い→走らない。
どうりで走りがドリフトマシンチックでタイムが出ないと思った。
そして12月中ごろ店が忙しい中を縫ってBOSSの協力のもと2日間の工程を1日(!)で。
作業は深夜に及びカレンダーは翌日になってました。
作業は相変わらずヘビー&緻密さが要求されるもので
2回目でも覚えきれない(僕の能力が低い?)ものでした。
BOSS感謝します。今回の教訓 1.オイルはよく考えて 2.クラッチ操作は優しくです。
じゃないと大切な活動資金がね・・。ナラシが終わって車の動きは前とうってかわって軽快そのもの。
来期が楽しみです!


体験記その147

作業…三菱ランサーエボ6 GSR マイクロロン コンパウンド90注入。

 秋ごろからミッションの入りが悪くなり、冬になってからはオイルを換えてもギアが全く入らない酷い状態さえ起こるようになり困り果てておりました。
いよいよクラッチ本体やミッション本体を開けるという大作業かと思っておりましたところに、武田さんからマイクロロンを勧められました。
ミッション用のマイクロロン自体は以前に試した事もあってその効果はよく知っていたものの、
今回は相当ミッションが痛んでいる気配があったので効果があるのか正直言って迷いました。
ただ、このままでは通勤に支障をきたすのと、昨今の不況もあってOH予算をすぐに確保できない為、
祈るような気持ちで試してみました。
添加後の慣らしを終え、恐る恐る1速に入れようとすると、
今となっては懐かしいギアの入る手応えがします(笑)。
その日の帰宅途中も変な小細工なしにどうにかギアを入れる事が出来、当座の間は何とか普段使いが出来そうになりました。
結果として原因箇所の判明とその対応を最低限の予算で達成できました。
ここまでミッション(シンクロ?)の具合が悪かったにもかかわらず、顕著な改善がみられたのは嬉しい誤算でした。
あと、マイクロロンとは関係ないですが私がギアを1速に入れるのを見て、武田さんからはシフトチェンジの際はちゃんとクラッチを切ってギアを入れる事とゲートに押し付けてシンクロを酷使するのは止めたほうが良いとの指摘を受けました。
そしてこちらの方はマイクロロンのような即効性のある改善策はないとの事です(笑)
ミッション保護および痛みの予防という効果もありますので、興味のある方は私のように二進も三進もいかなくなる前に使用することをオススメします。


体験記その146

作業…ホンダ インテグラ タイプR DC5 LSD組み込み&マウント交換

今回も、またまたサポート割引を利用して、
前々から欲しかったLSDと強化ENGマウントを組付ける事にしました。

作業当日の朝10時、先ずはミッションを取外すべく作業をスタートしました。

私でも取り外せる部品(バッテリーやエアクリBOX程度)を外し、
その後武田代表にバトンタッチ。
代表もDC5は初めてとの事で、若干の心配はありましたが、流石はプロ。
初めての車両でも、みるみるうちに作業が進んでいきます。
念のために持参したサービスマニュアルも出る幕もなく、
安心して代表の傍らで作業をサポートしていました。

ところが…。

ドライブシャフトを抜こうと、ロアームとナックルを外そうとした時です。
R側の締結がなかなか外れなません。
ビクともせず、挙句の果てにはリムーバー自体が磨耗する始末。
どうなる事やらと心配していましたが、やはりプロ。
冷静な判断+α(ある意味神業)でこの局面を無事回避していきました。
(我々一般人とは踏まれた場数の経験が違うのでしょうね。)

その後は、ドライブシャフト取外し⇒サブフレーム取外し⇒マウント類取外し⇒ミッ
ション取外し
と順調に作業はすすみ、12半時過ぎには無事昼食を取る事ができました。

1時間程度昼食タイムを取り、再び作業開始です。
ミッション分解⇒LSD装着⇒ミッション装着⇒強化マウント類装着⇒サブフレーム装着
と、これまた順調に作業が進みました。
ただ、本日最大のピンチが、刻々と近づくとも知らずに…。

そして遂に本日最大のピンチが訪れてしまいました…。

何と、スレイブシリンダのプッシュロッドが戻らないではありませんか!
押してもピクリともせず、一向に引っ込む気配がありません。
力技で格闘すること15分。しかし、スレイブシリンダは装着できません。

”本日中に作業が終わるのか…”と不安の念にかられ始めた頃、
またまた代表の秘伝スパイス投入。

分解時の状況を思い出され、怪しいと思われた部位の要因を分析。
要因と推定したクラッチペダルの遊び量を調整した結果、
あれよあれよといううちに状況が改善されるではありませんか!!
流石は巧、プロの技に感動です!

そしてなんなくこの状況を乗り越え、本日の作業は無事終了したのでした。

本日最大のピンチにつき代表いわく、原因は社外クラッチを装着した事だと。
クラッチの厚み(純正品よりも厚い)を吸収するため、
クラッチペダルの遊びの調整シロがメーカーの推奨値を超え、
クラッチを切った状況にも関わらず、油圧回路に常時圧力が掛かっていた事でした。

トラブルをしっかりと分析され、
今後のチューニングポイントとして指導して頂けるので、
LOSE DOGSさんでの作業は、非常に価値のあるものになります。

また、取り外したボルトやナットを、マニュアル無しに組みつけていくところは、
正直脱帽で、経験は知識を凌駕する事実が垣間見れます。
(まるで将棋の棋譜を見ているかのような感覚でした。)

やはり自分の大切な車は、信頼できるSHOPに一任するのが一番ですね。
その点、LOSE DOGSさんは安心して作業を任せられます。

最後に、作業全体を通して感じたのが、
今まで信頼できると思っていたお願いしていたディーラーでの整備の信頼性。
過剰トルクで締め付けてあった箇所が多々あったり、
ボルトを無理やりねじ込んでいたりと、
実は結構適当に作業が行われていたことを身をもって体感しました。

サポート割引を利用すると、
本当に色んな事を教えてもらえますし、自分の車の現状分析ができます。
次回もまた利用させて頂こうと、密かに思っています。


体験記その145

作業…マツダ デミオ マイクロロン添加

■マイクロロンXA
正直感動しました。
添加剤でここまで効果が体感できるとは。

ひたすら缶を振る事30分、エンジンに注入してみると・・・。
入れて数分で段々エンジン音が静かに。
不快なノイズが消えて行きました。

エンジンマウントを強化に変え、室内の振動が激しかったのが嘘のようです。
アイドリングではノーマルと変わらないほど静かになりました。
(ちょっと言いすぎ?とも思いましたがそれほど違いを感じられます)

その後、走ってみて・・・。
今までの感覚と違い、エンジンが気持ちよく回ります。フリクションが減ったようです。

■コンパウンド90
マイクロロンXAと同時に入れましたが、こちらもいいですね。
ミッションの入りが明らかに良くなりました。
元々フィーリングは悪くなかったのですが、抵抗無くスコスコ入るようになりました。

今まで添加剤で体感できるほどの効果があるとは思っていませんでした。
今後も添加剤を色々試そうとは思いませんが、マイクロロンはお勧めできます。
いい事ばかり書いていますが、正直な感想です。
実際に体験してみないと分からないですね。


体験記その144

作業…三菱ランサー エボ10 GSR SST 2009年モデル
   オリジナルサスペンション取り付け

前のエボ9水没から約3ヶ月、悲しい出来事ではありましたが、
武田さんの進めもあり、エボ10のSSTを選択しました。
そして、ようやく車も納車されまして、慣らし運転も
終わったところで、サスペンションの交換をお願いしました。

エボ10(SST)+サスペンション交換の感想ですが、
前のエボ9がかなりイジっていたこと、エボ10の重量が100kg以上も
増えたことから、前と同等のレベルまでに達するのにはそれなりの時間が
かかると思っていましたが、初のサーキット走行で早くも前のベストラップを
更新してしまいました。
(時間がかかるというより、エボ9レベルは期待できないとすら思っていました。)

コーナーでは、入り口から出口までスムーズかつキッチリと不安なく曲がってくれて、
以前装着していた○ーリンズ(+エボ9)より確実に良い感じです。
オリジナルサスキットは街乗りだけの人には正直、少し硬めかもしれませんが、
サーキットでタイムを刻みたい私にはバッチリな足です。

SST + オリジナルサスペンションキット = 最強?(笑)


体験記その143

作業…三菱ランサーエボ10 08モデル UFS(アンダーフロアスポイラー)取り付け。

エボ10にUFS取付ありがとうございました。
早速、某高速で走行、その前の一般道でも違いがはっきりと。
これで休み明けの某自動車道にて、ベタ踏み出来そうで(安全運転厳守ですが・・・?)楽しみです。
次回又、時間を見つけて出来なかった武田さんのエボ10の試乗をさせてもらいたいと思います。
その時は、よろしくお願いいたします。
以上、取り付けて良かったです、ありがとうございました


体験記その142

作業…トヨタ JZX81マークII ステアリングラックマウントブッシュ&ブーツ交換
       RRロアアーム3点交換

 いつもは、自宅(アパート)の駐車場で作業をしていましたが、
さすがに足回り交換となると気が引けて何処か良い所が無いか探していたら、
場所・道具も使わせてくれてアドバイスもしてくれるとあり、こちらを使わせていただきました。

 作業の方は、まず使わせていただくのが初めてだったので、ガレージの使い方を教えてもらった後、
ステアリングラックブーツの交換、マウントの交換としていきました。
 昔ラックマウントを交換した時に、むちゃくちゃ時間と体力を使った苦い思い出があって
覚悟していたけど、リフトで上げた状態ですると随分楽にまた早く作業ができて、
当たり前だけど自宅での作業との違いを痛感しました。

 次にRRロアアームの交換ですが、初めての作業で不安だったので、店長さんに交換順序の
アドバイスをしてもらい不安無く作業に入れました。その後も純正のアームが取れなかった時にも
手と知恵を貸してもらって交換作業をすることができました。

 作業が終わって見ると約8時間かかっていて、最初に考えていたより時間が短くて済んで
改めてガレージを使わせてもらってよかったと実感しました。
また、使わせてもらおうとおもっています。


体験記その141

作業…トヨタ セリカ ZZT231 LSD組み込み

やっと決心がつきました。

今まで使用していたのはTRDの可能性が高いと思われるLSDです。
中古で購入時のそのままです。
ですが以前武田さんに乗ってもらった時にデフが効いていないと指摘されていました。

自分でもわかっていますがなかなか購入に踏み切れませんでした。
理由は、まず値段が高いし、付けた所で速く走らせられる自信がなかった事。
と言う事で自分が欲しいと思えた時に交換しよう!と思っていました・・・。

今回がその時でした。お金は微妙ですが冬まで待てず(笑)

9/29(月)
会社帰りに相談にいきます。
いまLSD頼んだらどんな日程になりますか?
在庫あるから2柱も空いている10/4(土)に交換できるよと。
決心していたため即決です。
微妙な不安(速く走れるか?値段に見合う効果が得られるか?)と、
今までにないくらい楽しみに過ごした一週間でした。

10/4(土)
9:00
店に到着すると既に武田さんは出勤しており車を冷やす事になりました。

10:00
作業開始です。
今回サポート割引?のため自分も手伝います。
エアクリーナー、バッテリー、ECU等、ミッションの上の邪魔な物を自分で外します。
その後、武田さんにバトンタッチ。
ミッション付属部品をどんどん外していきます。
ちなみにレアな車(笑)ですが修理書見ずに間違える事無く
スムーズに作業する武田さんを尊敬します。
今回LSD交換のためミッションを降ろすわけですが、
セリカはエンジンハンガーありません。
エンジンマウントはミッションに3箇所!
どうやってミッション降ろすんでしょ?
今回必殺技を見た気がします。知りたい人はお店で聞いて下さい。
すごく参考になりました。

12:00
お昼のチャイムと同時にミッションが降りました。
有り得ません。ミッション降ろすの2時間ですよ!
しかもセリカ!簡単に手は入りませんし十分大変な作業です。

14:00
LSD救出作業開始です。
どうせミッション降ろすのが大変でLSD外すのなんかケース割ったら出てくる
もんだと思ってました。
なのでどんな風に外すか?非常に気になるわけですが、
これまた必殺技を見た気がします。
ちなみにLSD外すのかなり面倒です。
残念ながらケース割っても簡単に出てきませんから。
しかもLSD取り出してもこれまた一苦労です。
でも作業はスムーズに進みます。
達人は難しいことを簡単そうにやると言うのを聞いた事有りますがまさにそれです。
普通じゃないです。でも作業はどんどん進みます。
見てるだけで楽しいです。(サポート割引と言う名のほぼ見てるだけです。)

16:00
念願のLSD救出&交換作業が終了しました。
ミッション搭載開始です。

18:00
武田さんの作業終了で、自分が外した部品の組み付け。
デフオイル入れて慣らし?した後、試運転に行ってきてと武田さんに言われ走り出しました。

一発目にハンドル切った感想は、
『んっ?ロックしないの?これLSD入ってるの?』
みたいなハンドルの軽さでした。
次に交差点で一時停止して、左折です。
いつも通りにハンドル切って発進したら!!ロックしてます。
感動しました。今までに無い感触です。レーシングカーだ・・・。
そんな気分です。
かなりテンション上がります。でも慣らし慣らし...指定距離走るまでは大人しく...。
で気になるのは最初にロックしなかった事ですが、このLSDはこれが売りのようで、
負荷が掛からないとロックしないそうです。
理想のデフです。あとは使いこなせるか?だけです。
全開で走ったらまた違う発見があるんでしょう。

19:00
全ての作業終了しました。
サポートもしたような?してないような?
出来るところは限られる事を実感しましたが、
自信がある人はサポート割引使ったほうが良いですね?

今回はLSD交換ですが、いろんな所に次回の作業性を向上させるスパイスが入っています。
しかもおかげでクラッチの感覚は別物になりました。
またデフオイルも素晴らしく本当に軽く押すだけでシフトが入ります。
今日はLSD交換と言う名のメンテナンスをした気がします。
レアな車の(笑)
こんな作業を年間数十件〜数百件やってる武田さんはホントに凄いです。

今回も本当に有り難うございました!!


体験記その140

作業…トヨタ アルテッツア SXE10 クラッチ交換

 今回、アルテッツァを購入してから初めてのチューニングで
クラッチ交換を武田さんにお願いいたしました。
まだ、車を運転し始めてから数ヶ月なのですが、中古車とあって乗っていてクラッチの繋がりと回したときのシフトの入りにくさに不満があり、交換にいたりました。
インターネットでショップを検索していると「サポート割引」に目がいき、LOSEDOGSさんに伺いました。クラッチ交換について武田さんに尋ねると、とても親切で的確なアドバイスをいただき即決で交換を頼みました。
交換当日、ワクワクしながらお店へ向かい早速作業開始。サポート割引ということでマフラーなど簡単な作業を手伝いました。間近で自分の車を見たり触ったりすることができ、とてもいい体験にもなりました。
作業の合間の休憩では、武田さんの人生アドバイスなどで盛り上がり、つい話し込んでしまいました。
作業が終わり武田さんに慣らし方を教わり、それからしばらくは大人しく運転。
慣らしが終わり、軽くレブまで回してみるとシフトの入りがすごい!楽しいほど入ります。
吹けも良くなり、「とても良い買い物をした」と一人で感動していました。カーボンということもあり、町乗りでもまったく問題ありませんでした。武田さんの言うとおりカーボンにして正解でした。
今後はLSD→サスとチューニング予定です。もちろん、武田さんにお願いします。


体験記その139

作業…[MOTULギアオイルインプレッション]
車両 三菱コルト VerR
内容 スパ西浦走行&市街地走行

75W-140と75W-90の両方を試してみました。

最初に-140の方を入れてみたのですが、謳い文句通り熱耐性はばっちり、ハードコンディションではこっちが良さそうです。ただ、自分にとってはちょっとシフトフィールが硬すぎるかなあという印象。

後日メンテがてらに75W-90へ交換。こちらは当然フィーリングは軽くて、街中では手ごたえが無さすぎるくらい。でもサーキットで走っていると、走るほどにしっかり馴染んでくる感じがしました。あまり回し続けるとそれを通り越してしまう感触も若干ありますが、それはあくまで-140を体験してるか
ら感じるだけで、そこらのオイルに比べたら全然良いのは言うまでもありません。

比べてみると、-140はよほどの性能があるという感じですね。過熱域からさらに踏込んで走るならこっちでしょう。プロ仕様って奴ですかね。
夏場の高速コースをぶち回して走りつづけても大丈夫そうです。

私は中速コースを休み休み走るのが多いので、暫く-90の方を使い続けてみようと思います。


体験記その138

作業…GTA CT9A サスペンション交換 その他

 ランサーGTA、29日の金曜日に中央道経由で東京に乗って帰りました。
山梨県から大雨で、ランサーGTAのポテンシャルを充分満喫させてもらいました。

今まで以上にドライブが楽しくなりました。
よく考えたら、武田さんに足回りお願いするのは、
先代のランサーエボ5から考えても初めてだったんですね。
現役を離れてしまい、クルマのメカには疎くなっています。
なかなか時間がなく、武田さんにすべてをお任せしましたが、
安心してお願いできることが今回よくわかりました。
これからもよろしくお願いします。


体験記その137

作業…三菱ランサー エボワゴン(CT9AW) クラッチ交換

 今回、BOSS武田さんに御願いすることになったきっかけはリヤデフが壊れたことに始まります。
以前リアデフがロックしたような状態が出るようになり、ディーラーに相談したが解決策は出ず「とほほ」な毎日で自分の車に嫌気がさしていた頃、ネット上でLOSEDOGSを見つけ頼るところも無く諦め状態のことをBOSS武田さんに相談。そして後日、車を見てもらうこととなりリヤデフが原因と分かり再度ディーラーに依頼してクレームにてリヤデフの交換となりました。
相談したことによりそこから急展開で修理まで出来、BOSS武田さんに相談したおかげと感謝してます。
 リヤデフが壊れた状態で走行していた為クラッチも傷めてしまっており、クラッチはBOSS武田さんの進めるツインプレートクラッチに交換することとなりました。
お金もあまり余裕が無く、更には車いじりの好きな自分にとってはサポート割引はうってつけのコースだった為御願いすることに。
 前置きが長くなりましたが当日、10時頃より作業開始、初めにインテーク関係の部品を外して行き、上からミッションケースが丸見えになるくらいとなりました。
パワステ油圧ラインの切り離し、ACD油圧ラインの切り離しなどをして、サスペンションメンバー切り離し、トランスファーを外しMTアッシーの切り離し完了にて昼食、1時半ころより昼休憩となりました。その間に自分がした作業と言えばアンダーカバーの取り外し、タイヤの取り外し、オイルキャッチの取り外し、キノコの取り外し、オイル抜き、BOSS武田さんの補助などの簡単な作業でした。
(しかしMTオイルを抜くときに廃油の受けの位置が悪く、ドレンを抜いた瞬間にジャバーっと!?床にこぼしてしまい床掃除に余分に時間を取られてしまいました。初めに勢いよく出た分ですみましたが、とても「とほほ」な気分でした。我ながらなさけなかった・・・。)
「作業開始時間は3時前くらいからです!!」 「この時期、昼間の作業をすると死んじゃいます!!」BOSS武田さん曰く。
のんびり休憩をした後、後半の作業再開、いよいよクラッチの登場!!ポンコツクラッチを自分で取り外しフライホイールを見るとピッカピカに!(これでは滑って当然!と素人目にも分かる状態)
その後フライホイールも外し、ケース内の簡単な分解、清掃、組み付けをしMTアッシーの組み付けへ。
このときBOSS武田さんから「ばくちしませんか!!30分以内に出来たら100万円あげますよ!!」と言われ、やってみようかとも思いましたが
プロが言うなら自分にはムリだろうと判断し断念!!(挑戦して、MTアッシーを落としたりしたらかなりの痛手となる為!!)
その後、MTアッシードッキング完了し、後はバラした順番に組み付けて行き組み付け完了!!
「さすがBOSS武田さん、頭にエボ図面が入っているようで、作業は極めてスムースでした。」
(この間、オイルの充填と自分で外した部品の取り付け、補助作業を行ないました。)
そして、最後にエア抜き作業などを行い10時半ごろ終了!!!
長い1日の戦いが終了しました。その後、クラッチの慣らしの話を聞きキャッシュバックをいただき、とても充実した1日でした!!
作業の合い間の休憩では、色々な部品の話や自動車業界の話、ガソリン高騰などなかなか聞けない話もあり違う楽しみもありました。
最後に、この日の気温は37度にもなり汗がしたたり落ちる中での作業となりました
が、とても楽しく更には勉強にもなり気持ちのいい汗となりました!!
またの機会があればまたぜひやりたいと思います。


体験記その136

作業…三菱 アイ(ターボ) マイクロロン エアコンディショナーフィックス注入

通勤に使ってるウチの軽自動車(アイのターボ付き)なのですが〜この時期エアコンかけながら運転してると、 どうもパワーが。。。かなりエアコンに力取られてるようで。。。ってな訳で、武田さんのお勧めもあり、 それなら実験だ〜っていう勢いで、マイクロロンエアコンディショナーフィックスを
入れてみました〜。
効くとはいえ、あ〜んまり期待してなかったのも事実なんですが〜でも入れてすぐに、エンジン回転数が1000rpm⇒1200rpmに上がるので、ん?これは???すぐに効くのか???
で、休日なのでちょっと私用があり、そのまま高速道路走って信州へ。。。そしたら、上りが全然ちが〜う!いくらターボ付きとはいえ、900kgの車体を64馬力で引っ張ってるので、上りだけはかったるいのですが、そこでグングン登って行きます(^^♪コレはラクだ〜。しかも上りながらエアコンスイッチをON⇔OFFを繰り返してみても、差がほとんど感じられないし、コレってかなり効果あるかも???
そして、さらに差を感じたのは、週も明けて通勤路で国道23号線の高架に登るとき、いつもどおりに踏み込んで侵入すると、速すぎて思わずブレーキ(^^ゞお〜いい意味でびっくりしたぞっと。なので、パワーのない軽自動車などの通勤車には、コレは特に良いですな〜っと実感しました〜(^^♪


体験記その135

作業…三菱 ランサー エボ9MR
エキマニ、アウトレット、触媒交換、マフラー、燃料ポンプ交換&
ECU現車あわせ
強化クラッチ&エンジンマウント
オイルクーラーライン&サーモスタット&ファンコントローラー

パワーアップをお願いをして、諸事情で車が戻ってくるまで時間が
かかってしまいましたが、スゴイの一言です!!!
こんなにも変わるのかってぐらいパワフルになりました。

ただ、パワーを得た引き換えにサーキットを2,3周全開しただけで
油温がすぐ上昇(120℃以上)してしまうようになったので、
武田さんに相談して、冷却対策を施すことにしました。
また、オマケというレベルではありませんが、クラッチも
滑り気味でしたので強化することにしました。

武田さんに提案してもらったメニューで見事に効果が出て
今は倍走っても油温・水温共に安定しています。
さすがです!有難うございました。

ただ、ココ数ヶ月でいろいろとチューニングしすぎの感は否めないです。
う〜ん、車って本当にお金がかかりますね(笑)。
楽しいので止められませんが。。。

体験記その134

作業…車種 ホンダ スポーツシビック 連続シーム溶接によるボディ補強

詳細はこちら


体験記その133

作業…マイクロロンエアコンディショナーフィックス・使用インプレッション

過去に某メーカーのエアコン添加剤を入れた時は、
ハッキリ言って「う〜ん、ま、こんなもんだよなぁ・・・」
って感じ、と言うよりも効果は体感できませんでした。

ところが、今回は違います!
武田さんからクルマを引き取っての帰宅時、外は雨で
しかも有り難い事に、国1は渋滞という最高のシチュエーションです。

当然エアコンONでいつものように、
エンジン回転を気持ち高め(2000回転くらい)でクラッチミート。
「あれ?なんか変・・・」
いつもより、出足が軽いような・・・

試しに通常の回転(1500回転くらい)で発進。
「え?エアコン、切れてた?」
確認したけど、ちゃんとコンプレッサー回ってたし・・・

お次は意地悪して、ほぼアイドリングプラスα(軽くブリッピング後に1000回転くらい)で
クラッチミート。
どうだ!これで参ったか!
しかし、嬉しいかな期待に反して何事も無くクルマは前に進んでいく・・・
走行中(渋滞スピード・20km/hくらい)にエアコンが入っても、、急な減速感もありません。

これはもう、僕にとって革命です!
今までは高めの回転キープでクラッチミートしても
半クラから繋がった途端にエンジンストールしてしまい、特に坂道発進時なんかは最悪でした。

過去にエンジンオイルにマイクロロンは入れてみて、
その効果の絶大さは体感してきましたが、とうとうここまできたか!って感じです。

僕は暑さが苦手で、この時期のドライブは躊躇していましたが、
これからは楽しくドライブできそうです!
お次はオススメのドライバッテリー導入を画策中です。

武田さん、マイクロロンさん、ありがとうございました!


体験記その132

作業…車種 三菱コルト ラリアートVer サスペンション取り付け、調整

エナペタル装着&仕様変更インプレ

コルトにエナペタルのサスを付けました。
LOSEDOGS号同様減衰圧調整付オリジナル仕様です。
目茶目茶良くなりました。
特にブレーキング時の「しっかり感」が格段に向上したので
コーナーの恐怖感が無くなり、思い切って飛び込んでいけるようになりました。
高速コーナーでのリアの粘りも増した感じです。
いままで「恐い」と思ってた場所が「楽しい」に変わるなんて、
サスってやはり大事なんですね、良く分かりました。

ただ、一つ問題点が・・・
しばらく色んな所へ走りに行ったのですが、
リアの突き上げが強くなってしまって長距離運転すると結構疲れる、、、

という話を武田さんにすると
「仕様変更できるから」「一週間くらい見てもらえれば」
とのこと。

それならと言うことで、リアだけ仕様変更をお願いしました。
細かい理屈は良く分からないので変更内容は武田さんお任せだったのですが、
取り付け完了後に乗ってみてびっくり、
これ、ノーマルより乗り心地がいいじゃないですか!
いや、はっきり言いましょう、武田さんのエボXより快適です!!(笑)
もちろん戦闘力も維持。

サスの奥深さをさらに思い知りました。
乗り方に合わせて(腕を磨いて)またさらに煮詰めていきたいですね。


体験記その131

作業…三菱ランサー エボ8 GSR ブレーキ&フルード交換

 以前サイドシューをLOSEDOGSさんで交換してもらったこともあり、今回パッドの交換もお願いすることにしました。
 前回のサイドシュー交換のときはバイトの方(?)もいたので作業はすべてお任せでしたが、今回は武田さんお一人だったので、タイヤ交換ぐらいはと思いお手伝いをすることに。
 インパクトレンチの力も借りて順調にタイヤを外すと、「パッド交換もしてみる?簡単だよ」とお声が。自分でいじるのも好きなんですが、いじった挙句壊してしまうことも少なくなく(そのために武田さんにご迷惑をおかけしたこともありました)ちょっと躊躇したのですが、武田さんの監修の下プロの工具を使ってできるならば、これはいい経験だ!と思い、「じゃ、やってみます」という運びに。
 で、いざ交換ですが、交換自体については以前他の方が感想を書かれていましたが、本当に簡単でした。それに、作業方法とか間違えないための手順など貴重なノウハウも教えていただきました。
 そして次はフルード交換(の手伝いでペダル踏み)。この作業は前の車でもお手伝いしたことがあったので内容はわかってます。しかし、前の車は片側シリンダだったので計4セットですが、エボさんは対向キャリパのため、計8セット。そうかー対向キャリパってこういうことなのかと妙な納得をしつつもフルード交換も完了。ちゃっかり持ち込んだ夏タイヤに付け替えて作業は無事に完了。
 そしてお値段ですが、パッド代+フルード代を考えると、あれれ?これでいいのかな?という工賃。覚悟していたよりずっと安く済んでしまいました。こんなにサービスしてもらっちゃってよいのでしょうか^^;
 そんなわけで、値段的にも大変助かってしまいましたが、それ以上に自分の車、作業のノウハウなどの知識を得ることができたのが一番の収穫です。ありがとうございました〜m(_ _)m


体験記その130

体験…車種 三菱ランサー エボ10 GSR(SST) LOSEDOGS号の試乗記
   ご家族でドライブ!

◎インプレその1・・・嫁の感想
ディーラーさんで試乗したエボは、まるでタクシーに乗っているようで、はっきり言って不快でした。
(補足・・・アシはKYBでした)
急ブレーキをかけると、クルマがつんのめりそうになり怖かったのですが、
武田号はそれがなくて快適でした。
(補足・・・ディーラーでの試乗時、80キロくらいから左足ブレーキで減速した時の状態で、
今回も同じ状況を再現してみました)

カーブを曲がったあと、体のブレを感じないし、おしりに感じる振動が少ないです。ウチのクルマのような下からの低騒音がなく、クラウンのような変な高級車の乗り心地ではない、良い乗り心地でした。

◎インプレその2・・・娘の感想
道路の段差を乗り越えたときのショックが全然なくて、
「あれっ?」
という感じ・・・
とにかく快適で、特に不満点が見当たりません。

◎総括インプレ
悲しいかな、ウチの家族は僕のエボに乗り慣れてるせいで、あれが基準になってしまっていて、変にソフトなアシのクルマに対して拒絶反応を示してしまうようで・・・。以前、嫁と娘がクラスメイトの母親が運転するセル○オに乗って、気持ち悪くなってしまった事が・・・。

いずれにせよ、いくら問いただしてみても不満点は出てきません。唯一の不満といえば、静かすぎる点・・・くらいでしょうかねぇ。
僕としては、土曜日にお伝えしたように、大きな入力がアシに加わった時の収まりの悪さと、ステアリングの距離が遠いこと、それと操舵初期の反応が思っていたよりマイルドに感じたくらいです。それにしても、武田さんのセットアップ能力とエナペタルさんの技術力、それにエボ10のポテンシャルの高さには降参です!!
今後の武田号の仕上がり具合を楽しみにしています!


体験記その129

体験…車種 三菱ランサー エボ10 GSR(SST) LOSEDOGS号の試乗記

夕方の交通量の多い中でしたので、限界域はもちろん中速域にタマにはいるか入らないか。
そんな速度領域での試乗でも、LOSEDOGSエボXが持つ、素性のよさが理解できます。

私はノーマルに乗ったことがないので、純正との比較はできません。
が、仕事柄フォルクスワーゲンや、他社製のチューニングマシンに乗ることが多いので、それらとの比較をしてみたいと思います。
走り出して気がつくのは、低速域でのしなやかさです。チューニングされた足回りは、有効な速度域以外では乗り味がそれほど良くない事が多々あります。試乗ではエナペタルダンパーの設定は「最弱」だったとはいえ、歩くような速度からフラット感を感じさせてくれるチューニングサスペンションはそう多くはありません。このフラット感は中速域でも持続されます。
重くないのに、重量級プレミアムセダンに匹敵する落ち着き。
フォルクスワーゲンのGolfクラスより、低速ではお行儀がいいですね。あれはトトン、トトンという跳ねを感じる足だったので、間違いなくLOSEDOGSサスの方が高級な乗り味です。

重くないと書きましたが、それを顕著に感じたのは回頭時。路上障害物を避ける時に重いクルマだとステアリングの動きに遅れてノーズが動きますが、LOSEDOGSエボXはステアリングの動きのままにノーズを左右に向けてくれます。また、そうした急な挙動をかしてもぴたっと収まり、フラットな性格を崩すことがありませんでした。乗り味は硬さを感じさせないのに、挙動は硬い足のようにしまっている。
こういうマルチな対応力を持った足回り、できる人なら作れるのだなあ。と思いましたね。

武田さんがこのクルマに掲げているコンセプト「ミドルエイジのスポーツセダン!」は、
かなり高い次元で実現されてます。貴重な高性能車両であるエボXという素材を活かしつつ、
大人の楽しみをしたい人には、この足を体験しないともったいないですよ。


体験記その128

体験…車種 三菱ランサー エボ10 GSR(SST) LOSEDOGS号の試乗記

お店のまわりをちょこっとだけでしたが、
New LOSEDOGS号を試乗させてもらいました!
目の前の1号線を走るだけではつまらないので、
あえて舗装の悪い裏道を選んで通ってみたんですが・・・
いやあ、いいですねえ。エボ10って時点で車が良いのはもちろん、これは本当に良いです。
ノーマルのエボ10をディーラーで試乗した事もありますが、このLOSEDOGS号は「しっかり感(カチカチ感やガツガツ感ではないのがポイント)」が凄くあって、それでいてハンドルを切ると実に優しくしなやかに曲がっていきます。まるでコーナー(曲がり角)の出口に吸い込まれていくみたい・・・
いつかは欲しいです、こんな車。

カーナビ装備もいいですね。「この先、まもなく踏み切りがあります、注意してく
ださい」なんてことまで言うんですねえ・・・至れりつくせりです(笑)

p.s.試乗だけでなくドラテク談義も為になりました。自分の車にも先日エナペタル
を付けてもらったんですが、「乗り手が速くならなきゃダメ。パワー系は車が勝手
に速くなるけど、サスやタイヤは乗り手の速さの限界を高めるアイテム」「スピー
ド感覚を身につけて、タイムより走ってるスピードが速くなったと言えるようにな
らないとダメ」等々のアドバイスを貰いました・・・精進します(^^;


体験記その127

体験…車種 三菱ランサー エボ10 GSR(SST) LOSEDOGS号の試乗記


武田さんより、”新しい足、ちょっと試してみる?”っとのお誘いがあり、
下道〜高速道路の普段乗りルートを走って来ましたので、簡単にインプレッションです(^^ゞ

ノーマル足だと、とっても乗り心地の固い? エボ10なのですが
(きっと世の中のご家庭では大不評???試乗車に乗って、こりゃいかんな〜っと率直に思いました)
武田さんの作った足はあたりがやわらかく、よく動き、しかも突き上げない!
わざわざ路面の段差やマンホールのふた等に乗り上げてみたのですが、街乗りモードでは普通に動きます。さらに速度域の上がる高速道路だとそうはいっても固いバネ、段差の反力で飛び跳ねるだろ〜っと予測していたものの、飛び跳ねることもなく、ごくごく普通の乗用車のようにに走ります(同じようなバネレートの私の車だと、確実にパンっと飛び跳ねる(>_<))

車の性格上、とってもハードな足で乗り心地は悪いだろうと期待?していたのですが、
見事に裏切られました(^^ゞ

これなら、普段乗りはまったく問題なし、ご家庭使いもクレームは出ないでしょう!
あとはサーキットでもこの足を試してみたいですね!期待してますよ〜(^^ゞ


体験記その126

体験…車種 三菱ランサー エボ10 GSR(SST) LOSEDOGS号の試乗記

私は三菱の営業マンです。
当然、誰よりも先に、誰よりも多く自分の営業所にある試乗車を乗り回すことができます。

試乗車が出来てから一ヶ月、大体の動きは解り、
「この車に関しては、フルノーマルで十分。下手にいじるとバランスが崩れる。」
と勝手に評価していた矢先・・・

ルーズドッグ号に、エナペタルのショックがついたと聞き、早速見せてもらいました。
うーん、カタログモデルの写真もこれぐらいの車高がいいなぁ、
と思ってしまうぐらい、ばっちりきまってました。

まぁ、車高を下げればストロークも短くなり、街乗りには不向き、
ヘッドライトの光軸がパタパタと暴れてしまうのでは?
と思いながら、早速試乗させてもらいました。

一つ目の交差点で左へ・・多分信号待ちしていた人は私がニタァと笑いながら曲がってきただろうから気持ち悪かったと思います。ハンドリングも緻密に反応してくれて、センチステア(1cm単位でコントロール)とはこういう物かと思いました。車高調なのに、まったくそれを感じさせない乗り後心地。
これが新しいスポーツカーの形なんだなぁとおもいました。

チョイ悪おやじの、チョイ速くるま。
これですね。


体験記その125

作業…三菱 コルト ラリーアートVer BS RE11(イレブン)交換

キャンペーンで購入したRE-11の感想です。

まず、履き替えて家に帰る瞬間からBSらしい柔らかさを感じました。今まで履いてたNeovaは路面を転がる感じですが、RE11は路面をしなやかに掴む感じですね。とても快適です。

サーキットでもコーナリンググリップは抜群、ストッピングに関してはNeovaが若干優位な感じですが、トータルとしてはRE11が上でしょう。普通に買うと価格差で悩みそうですが、今回は超お徳価格だったのでコストパフォーマンスでも勝ちですね。

ただ、久々のBSタイヤなので挙動に慣れずに戸惑ってます。コーナーの奥の奥までしっかり路面を掴んで離さないかと思えば、下手にこじると「ぐにゃっ」と折れてそこから揺り返しが来ます。
Neovaなら多少のアラは滑って逃げていく所を、RE11はそこを見逃さないという事でしょうか。
性能は良いけど腕を問われるタイヤでもあるみたいです・・・。

今回西浦で1秒近くベスト更新(4秒台突入目前!)しましたが、足回りも同時に換えたのでどっちの効果か良く分かりません(^^; 多分どっちもまだまだ使いこなせて無い感じなので
もっと練習したいと思います。


体験記その124

作業…トヨタ セリカ ZZT231 スーパーストラット車両 サスペンション仕様変更

チューニングサポート割引の感想ですが、
今回のは割引じゃないです。
自分でやればほぼ無料?? 有り得ない金額です。
これは書いてもいいのでしょうか?ってくらいです。

そもそもはこんな事やると思ってなかったんです。
ジムカーナ&サーキットを走る事も考えていませんでしたし、
ましてショップへ車を持って行って見て貰うなんか考えてませんでした。
ただ走り出すと車の状態が気になります。

中古で買った車がどんな仕様か?
今のままでジムカーナ&サーキット等走れる状態にあるのか?
とにかく何をすれば良いのか?確認してもらうため、
武田さんに乗ってもらう事になりました。

2008年2月25日 AM10時 晴れ

〜思いもよらぬサスペンション外し〜

お店に着くとすぐに武田さんは、
『ちょっと乗ってきて良い?』
と言われたので、
『ドゾドゾ!!お願いします。』
と出て行かれました。
出て行ったらすぐですよ。戻ってきました。
ほんの1分?2分?くらいです。
お店一周するくらいです。

降りた瞬間『トーイン?』と・・・。
さらにこの足は腕じゃどうしようもないそうな。しなやかじゃないらしいです。
まあ確かに・・・ブレーキ踏むとガツン! 
となりハンドル切っても曲がらないでしょ?とも・・・。
コントロール出来ないそうです。
雨降ると駄目でしょ?とも...。
やっぱりそうだったんですね?なんとなくはそんな気もしていましたが。
そのまま2柱で上げました。
スプリングの仕様見て6kg?とか
何やらスパナ持ってきてクルクル回しておりました。
その後2柱を降ろして、『ちょっと乗ってきて。』と・・・。
乗ってみるとハンドル重くなりました。
しかも以前のようなFRが浮く感じがなくなりました。
凄い!!結局はタイロッドエンドを調整したみたいですが、
目分量です。職人です。
この後アライメント調整でさらに驚くのでした。

と言う事でオーバーホールを勧められました。
このセリカですが中古で買った時からエナペタルでした。
そのためオーバーホールする値段と納期を確認すると、
値段的にも納期的にもイケそうですが、
勢い無く決心が付かず考えます。
ちなみにスプリングも良くは無いそうで、
そこを交換すると金額的には間違いなく無理です。
ただ走りは別物になると・・・。

そこで思い出しました!
チューニングサポート割引と言うのがあったかと?
『自分でやるとどれだけ安くなるんですか?』
あんまり変らないのでは?と軽く聞いてみたらビックリ!!
ホント有り得ないです。儲けはあるのでしょうか?みたいな金額に。
コレはやるしかない!ふっきれました。
今からでも良いですか?代車は?等々質問攻めでしたが何の心配も問題もありません。
11時には自分でバラしだしたのでした。
ただ問題はスーパーストラットサスペンション。
面倒とか?お店がやりたがらないと聞いた事は有ります。
心配なのはそこだけですが、武田さんが居るから心強いです。
言われるがままバラシ終了したのは13時前。
その日のうちに終了できるのか?とかやる前は心配でしたが、
やってみると良い先生と、良い設備、工具が全てで何も問題ありませんでした。
でこの時やって良かったと思ったのはスプリング。
基準値より3〜4mm縮んでました。
その日はそのままダンパーオーバーホールに出して代車で帰宅しました。

2008年3月1日 AM11時 雨→曇り→雨→ヒョウ→雨→曇り→晴れ 

〜思いもよらぬサスペンション取り付け〜

朝起きたら天気は雨。今日は晴れのはず!
その後曇りになりました。
午後には届くと言われていたので開店と同時に電話してみました。
そしたら!『来てるよ!』と武田さん。
じゃあ今すぐ行きます!
と家を出て・・・すぐに雨になりました。
空を見ると雲行きは怪しいです。晴れる気がしません。
でも今すぐ組みたい。取り合えずお店へ行きました。
当然お店へ到着しても雨は降り続いています。
作業しても問題ないか確認しましたが、武田さんは何も問題ないそうで、
コレはやるしかない!と言うか今すぐやりたい!!
すぐに合羽着て作業に入りました。
(ガレージ前のスペースでの作業のため屋根はありません。突風も吹きます。)
普通の人ならこんな日にやらないでしょう。
武田さんにも明日にする?と確認されましたから。

で足の仕様は、
スプリング:ハイパコ Fr、Rr共に8kgf/mm
ダンパー:減衰力 ストリート → サーキット&ジムカーナ仕様
ダストカバー交換と書いて有ります。
等されたようです。

なんか変です。オーバーホールの筈が仕様変更になってました。
それでいいんでしたっけ?武田さん?
自分は凄くうれしいですが・・・。

でもダンパーの見た目がダストカバーしか変っていないので乗るまで感動は薄
かったです。
ただスプリングは見た目も変っていい感じ?でしょうか?
本当に違いが感じられるのか?どう変るのか?
不安一杯の中、本日も一人で組み付けました。
当然天気は雨が降ったり、突風吹いたり、さらにはヒョウまで降ってきて、
リアショックアブソーバーのナット無くしたり・・・。
自分でも馬鹿と思いつつ・・・。
今日はいろんな事ありましたが、無事に組み上がりました。
一番苦労したのはステアリングナックルに固定するナットの角度で、
割りピンを通すんですが、これが微妙です。
締め付けトルクが低すぎず高すぎず、割りピン通す。みたいな。
割りピンも新品使用すればやり易いかも?ですね?

13時半?くらいには組み上がってあとはタイヤって所で、
お昼を食べました。
コレもいろんな話が聞けて勉強になりました。
さらに驚いたのがお客さんが意外と多い。失礼ですが。
いろんな人が来るんです。
お昼を食べている途中にお客さん来ても接客し、作業中でも相手をし、
エボテンの相手もし、更には、ほぼ金にならない自分の相手もし・・・。
余裕を感じました。
自分は自分の作業でイッパイイッパイでしたが、
当然接客したり他の相手をする余裕はありません。
比べるのがおかしいですが。
そこでまた武田さんを尊敬したのでした。

残す作業はタイヤ取り付け、アライメント調整。
タイヤはすぐに付きますが、アライメントは順番待ちです。
その方法を見ていたら!これがまた神業?
ビックリしました。こんなやり方なんですね〜!
一度経験すると武田さんの凄さを実感できます。
で、自分の番に!
『取りあえず馴染ませてきて。』
と言われたので走り出すと。10mで分かります。
別物です。硬いけどゴツゴツ来ない!!
当然ブレーキ踏んでもガツンと来ません。
安定した感じ?でしょうか?
かなり良い感じです。コレ本気で走るとどうなるんでしょう?
タイムアップできるのか?
どうかは分かりませんが間違いなく乗りやすいはずです。
その後アライメント調整です。
一発であわせます。これまたビックリしました。

後は自分でやれるセッティング方法も聞けましたし、
スーパーストラットサスペンション交換方法もマスターしましたし、
今回の授業料はかなり安かったです。
ただ失敗したのは作業風景等の写真撮る余裕が無かった事(笑)

次回は・・・クラッチ?デフ?いつになるか分かりませんが、
その時もまたチューニングサポート割引でやらせて頂けると有り難いです。
自分の勉強にもなり、懐にも優しいので好きな人は是非一度相談されたらどうで
しょう?

今回は本当に有り難うございました!!


体験記その123

作業…トヨタ ヴィッツ NCP13 モデリスタ仕様 LSD&クラッチ&エンジンマウント
        サスペンション交換&メータ取り付け バケットシート取り付け

家庭の事情? でエボ8からヴィッツに乗り換えた私。
しかし、ヴィッツでも楽しくモータースポーツ♪をしたい私は
許される範囲?でチューニングをお願いしました。
もちろんサポート割引で!

1日目はLSD、クラッチ、エンジンマウントの交換。
私のヴィッツは、何故かカタツムリをエンジンルームで
飼育していますw
そんなヴィッツははじめての武田さん。
しかし、サクサク作業は進んでいきます。
他のお客さんを交えて楽しいトークを挟みながら予定通りに
作業は終了。

2日目は車高調、バケットシート、メーターの取り付け、オイル交換。
この日はG6のLOSEDOGSラウンド申し込み開始日。
郵便局のおじさんやら直接申し込みにくるお客さんの
相手をしながらの作業でしたが、車高調交換はあっという間に終了。
次はブースト計の取り付け。
センサーの取り付けまでを武田さんにしてもらい、その後は
G6の申し込みに来たお客さんのKさんに手伝っていただきながら
取り付けを終わらせました。(Kさん、ありがとうございます♪)
次にバケットシート。
こちらもKさんに手伝ってもらいながら終了。
最後にMTオイル交換、マイクロロンの注入。

これで楽しい車が完成しました!
車は変わりましたが、今年もこの車でエンジョイします♪
武田さん、クラブ員の皆さん、宜しくお願いします!


体験記その122

作業…三菱ランサー エボ9 エキマニ&アウトレット&触媒交換
   燃料ポンプ交換&ECU現車あわせ

ヤバイよ! ヤバイよ! リアルにヤバイ!!

なんじゃこりぁ〜

バカじゃねぇーの!? って、ぐらい… 驚きの加速です。
踏むと恐くて、恐くて…それでも踏むと、アホになって笑けてきますよ(笑)
まさに戦闘機です♪

こんな車を仕上げる武田さんは、やっぱ流石ですね。
最近は、PS3のセガラリーでトレーニングしているらしいが…
実際にトレーニングの効果が有るらしく、今回のチューン前に目を慣らしていた様だ。
本当、武田さんはいろんな引き出しありますね。


体験記その121

作業…日産 フェアレディーZ Z33 LSD組み込み

依頼した作業はZ33クスコLSDの装着です。
普段はDIYで車をいじっているのですが、LSD装着には油圧プレスが必要・一度プロの作業を見てみたいと思ったことからルーズドッグさんにお願いすることにしました。

お手伝いさせて頂いたのはボルトを緩めたり外した部品を運んだり、とても簡単なものでした。(最初は自分にできるのか??と不安でした。ほとんどお手伝いしてないかも・・・。)
作業をしながら自分で作業するときのコツやテクニックも教えてもらえ,とても勉強になりました。
作業はAM10時から始めて2時ごろ終わりました。自分でやっていたら2日はかかったと思います。

LSDの調子はバッチリです!変な振動もありません。
次は足回りかエキマニを交換しようと思っていますので,またサポート割引を利用したいと思います。ありがとうございました。


体験記その120

作業…三菱コルト ラリアートVer 武田道場、入門

「スパ西浦走行会」、とても楽しかったです。
今までも走った事のあるコースですが、今回大幅タイムアップに成功しました。
前々回行った時が8秒1→前回が8秒0と、どうしても8秒を切れなかったのが
一気に2秒以上も短縮。これには理由があって、走る前に武田さんに自分の車を運転してもらい、
そのドライビングを助手席で体感し、色々とアドバイスも聞けた効果だと思います。

2人乗車でくっちゃべりながら6秒台と、あっさり自分のベストラップを抜かれてしまったことは、
まあ、この際良しとして、それにしてもコルトもこんなに速く走れるのねえ・・・。
ただ速いだけでなく、車の挙動が分かり易いように操ってくれるので
色々ヒントを掴む事が出来ました。

特に今まで1コーナーがおっかなくて上手くこなせなかったんですが、ブレーキをしっかり踏み込んだ
状態でそのままインについて行けばかえってスリップダウンの恐怖感も消えるし、アンダーも出ないという事をトップスピードに近い速度域で体験させて貰えたのは大きかったです。

曰く「コーナリングは3次元だ!車はハンドルで左右に曲がるのではなく上下の動きを使って曲がっていく。ブレーキを踏んだまま、フロントを沈めたままで曲げてやる。コーナーの先に肩を入れてくイメージ。ブレーキの踏み方もいろいろ試してみる事。車の扱いは女体(以下略」

もう一つ、ヘアピンで曲がりきれなくなるところも、武田さんが走るとコース幅半分アウトに余るくらいで立ち上がっていきます。

曰く「ブレーキしてる時に少し余計にハンドルを切ってやる」とオーバーステア気味に回れるらしい。

さっそく自分の走行時間になって、見よう見真似で試してみました。すると・・・なんとクリアラップ1周目でいきなり6秒台です(^^;

今までの8秒の壁は何だったんでしょう・・・。
さらにしばらく走っていると5秒台にまで突入!
そこから先はタイヤがへたってきてベスト更新こそなりませんでしたが、それでも6秒前半はコンスタントに出るようになりました。たった5分の体験入部でこれですから、武田道場の効果恐るべし。

もう走ってて楽しくて仕方なかったです。気が付いたら90分間の走行時間でほとんど休憩も取らずに走ってました。早くまたサーキットへ行きたくてうずうずしてます。


体験記その119

作業…三菱ランサー エボ9GSR エキマニ&アウトレット交換
                    燃料ポンプ交換&ECU現車あわせ
                  サスペンション仕様変更(18インチ化&スパ西浦SPL)

いつも武田さんには驚かされます。
車って、こんなに変わるものなんですね〜
まず、速いです!!
タービンの音?「♪キュイィ〜ン」って… アクセルOFFで「♪プシュッ×2」
乗ってて、テンション上がりますよ(笑)
しかも、バネレード16kg入ってるはずなのに、しなやかで、硬くもなく、柔らかくもなく、街乗りもストレス無いのにビックリですw(゜o゜)w
ピロブッシュですかね?
不思議と、ノーズが入って行くから、ワンテンポ早くアクセル踏めますよ。

で、サーキットでは、減衰上げたら、いままでより速い速度でコーナー回ってるのを感じます。
間違いなく速いです。
その証拠に、腹筋が…痛い… って単なる運動不足もあるけど…
また、オイルクーラー配管キットの効果で、油温も安定してるから、周回重ねますしね!!
先に人間がバテます(汗)なんだかんだで、前より3秒Upでした。
まだまだ走り足りないけど、スパ西浦スペシャルは凄い!!
名付けてLDSS仕様(ルーズドック・スパスペシャル)
みなさんも、LDSS仕様にして見ませんか?
清水の舞台から飛びますが…やって後悔はしませんよ!!
武田さん、本当にありがとうございました。
走るのが楽しいです。
これからも、よろしくお願いします。


体験記その118

作業…トヨタ MR2 SW20T/C オリジナル車高調キット取り付け後の感想

 オリジナル車高調キット取り付け後の感想  交換直後まず感じたのは、柔らかくてよく動くことでした。
慣らしとしてショックの一番柔らかい設定で通勤等に使用していましたが、道路の凹凸はショックがしっかりと動いて吸収してくれ、それでいて車線変更などでのロールは大きくなく、不快な感じは一切ありませんでした。
音は、ショックの動く音と、時々「ゴン」という感じの音がしていましたが、これはアッパーマウントが純正からピロボールになったためだと考えています。
 慣らし終了後、オートランド作手での走行会に参加しました。 最初のうちは車の挙動がこれまでと違うのか、思うように運転できず手こずりましたが、 徐々に慣れてくると、前のサスペンションより立ち上がりでアクセルを 多く踏めることがわかってきました。
以前ではコーナー立ち上がりでのアクセルは、 踏みすぎるとすぐにリアが流れてしまうため慎重に慎重に開ける必要がありました。
しかしこのサスペンションキットだと、アクセルを多くあけてもトラクションがしっかりかかり車体が流れず安定するので、今までより早めに、多めにアクセルをあけていくことができました。実際にタイムも早くなっている…とは思いますが、比較するタイムがなかったので確認はできませんでした。
 今のところサスペンションキットにはとても満足しています。 車の性能は確実に上がったので、技術が追いつけるよう練習したいと思います。


体験記その117

作業…日産スカイラインR34
   オイルクーラー&ラヂエター交換  カーボンボンネット取り付け

知人からの紹介で「手伝うと工賃割り引いてくれるよ、以前は工賃 半額だったよ」と言う言葉に惹かれて、この度ルーズドックさんに お願いすることになりました。
・初日はオイルクーラーとラジエータの取り付けでした。
作業自体はなかなか取り付けづらかった様で大変だった様に思えま した。
作業は夕方には終わり、途中途中で車に関する話を聞けて大変勉強 になりました。

・一ヶ月程経った後にボンネットが届いたと言う確認を取り、車を 持って行き無事お願いしていた部品全てが取り付けて頂ける事が出来ました。 私への連絡が何度か無くフォローもさせて頂きましたが、
迅速で気 持ちの良い対応をして頂けました。
また機会がありましたら宜しくお願いします。 ありがとうございました。


体験記その116

作業…三菱ランサーエボ9MR RS  リヤLSD仕様変更

大阪支部長のMです。せっかくなので関西弁バリバリでいきましょう。 いや、いくでぇ!
(注)実際の武田さんは関西弁ではありません、私の脚色です。

時はG6ファインアートラウンドの時に遡るんですが、、、
武田さん「M、今度のモンテカルロラウンドくんの(来るの)?」
私(M)「わかりませんねん、行かれへんかもしれんので、申し込んでないんですわ。」
武田さん「それやったら来たらええねん。俺のとこに泊まったらええよ。」
私(M)「しゃーない(仕方ない)ですな。そんなら申し込んどきますわ。」
そういう訳でモンテカルロラウンドに近付いた時に、武田さんからメールが!
「こっちにくるついでに、リヤデフの仕様変えへんか?7万5千位円やけど」
正直悩みました。あまり銭があれへん(無い)し・・・。
しかし、今年は新年会しか 店に顔出してないし、確かにサイドでケツの出が悪い!っちゅうのもあるしな。
いっちょやったるか! G6の前日の昼前にルーズドッグに到着、そして昼過ぎから作業を行いました。
以前にもここでリヤデフを降ろした経験があったんですが、今回は何と!!!
武田さん曰く「パンツの横からチンチ○を入れる方法」という名のテクニックが 炸裂しました。
なるほど確かにその通りや! と思わせる華麗なパンツテク(何やねん、それ?!)で
「あっ」と言う間に昇天しました。
いや実際、以前やった時はリヤデフのメンバーからドラシャまで全て外した記憶がありますが、
今回は片方です。そら作業も捗る ってもんですな。
その日の夜食は、ルーズドッグの他のメンバー達も連れ立って食べに行きましたが、
その時も武田さんは他の客もいるにも関わらず「パンツの横からチンチ○を入れる方法」を大きな声で熱弁していました。私はちょっと恥ずかしい気がしてましたが、ほかのメンバーも同じ気持ちやと思います。
ランサー乗りの人には是非リヤデフ関係の作業をやって貰う事をお勧めしまっせ。
ほんまに作業速いから!(エロ話も炸裂するかも知れんけどな〜!)


体験記その115

作業…三菱ランサー エボ9GSR マイクロロンコンパウンド90注入

 最近、めっちゃ寒くなりましたね! が、原因わかりませんが、どーもシフトの入りが悪いです(怒)
イラ×2して、ストレスがたまります。 ちょうど、ミッションオイルの交換時期でしたので、少々お高いですが、マイクロロンの注入を決意!!
作業は、ミッションオイルを抜いてる間にマイクロロンの容器をシャッフルだけです。 (白い、あやしい?麻薬?魔薬?沈殿しているので…)ひたすら混ぜ×2p(^^)q
後は、ミッションオイルと共に注入した後、リフト状態のまま、2速ホールドで慣らし?暖気運転です。 その間は、(-。-)y-゜゜゜ 帰り道、シフトが気持ちいぃ〜 無意味に出し入れしたくなりますよ(^O^)
気のせいか、走り出しもスぅ〜っと行く気がします。 シフトにストレスを感じたら…みなさんも、是非マイクロロンを、お試し下さい。

※私は、マイクロロンの回し者ではありません。 効果の利き目は、車種・個人差があります(笑)


体験記その114

作業…トヨタ セリカ ZZT231
   クロスミッション&ファイナル組み込み&マウント交換

 今回は、土日を使っての作業だったのですが、実はF-1日本GPが行われた土日で、中継時はTV観戦しながらの作業となりました。

まず1日目、 自分が補機類を取り外し、その後武田さんがミッションを降ろすためのボルト類やアーム類の切り離しをしていきます。セリカは工場で車両組み付け時はサブフレーム上にエンジンとミッションを組んだ状態でボディとドッキングするらしく、ミッションだけを降ろすには、複雑に組み込まれたマウントやメンバーをはずさなくてはなりません。
途中でF−1観戦が入ったものの、実質的な作業時間は1時間半くらいだったと思います。速いです。
その後、武田さんと2人でミッションを降ろし分解に入ります。武田さんが一つ目のケースを開き5速、6速ギアの取り外しです。しかし、あれっ!???あれっ!???外れない。と、武田さん。
シャフトにギアが想像以上の勘合ではまっているらしく全然、シャフトから抜ける感じがありません。
ギアを壊すくらいの覚悟を決め無理矢理ギアをはずしたものの、ギアが変形して再利用は無理なようです。もちろん予備も無いわけですが、さすがは、武田さん、土曜日だというのに電話一本で部品を共販から取り寄せ。数時間後にはその部品の新品を取り揃えました。
と、ここで今日の作業は終了!と武田さん。えっ!?コレだけでもう止めるんですか?と思いましたが、トラブったときは潔く、作業を中断。プロの経験なのでしょうね、トラブったときの気持ちを引きずって作業をするよりも、日を改めて気分をリフレッシュして1発で作業をしたほうが効率が良いのだと思います。

2日目、作業は昨日の続きからですが、その日の作業は色々な作業をたくさん残しています。完成までこぎつけるか不安でしたが、 ミッション分解、クロスミッション組み付け、ファイナルギア分解、LSDのカム角変更そしてそれらの組み付けエンジンへのミッションドッキング、組み付け時についでにマウントも強化に変更、これらの、内容を行いながら、F−1決勝中継時は作業をキリのいいところで一時中断、といった感じで進んでいきました。
自分の車はルーズドックを知る前に別のお店で、LSD組み込みをしてもらっているため一度、ミッションを開いているのですが、そのときの組付けでボルト類がガンガンに閉めてあったみたいで、色々なところのボルトの緩めは、かなり苦労しました。
自分の手伝った作業はちょっとした軽作業的なものでしたが、完成したときは、ちょっと感動。武田さんいわく、修理書も見ずに初めてバラすミッションを作業出来るのは基本の構造をしっかり解っているからなんだと。自分も今回の作業でおおよそのミッションの動きがわかりました。とても、勉強になります。
色々、トラブルがあった作業でしたが実質の作業時間は1日分くらいだったと思います。2日とっておいたのは、経験からのトラブルに対しての想定内の想定外?想定外の想定内?といったところでしょうか?
効果はクロスミッションが一番楽しいですね。何速でも同じエンジンの吹け上がりを楽しめます。
エンジンパワーをあげずとも、速くするにはうってつけですね。


体験記その113

作業…三菱ランサーエボ9GSR  シート交換&ベルト取り付け

 今回で5回目のサポート割引。 武田さんには、いつもお世話になってます。
作業前に世間話をしてたら、ど〜も武田さんの様子が…
どーやら、パソコンの調子が悪いらしく、ご機嫌が…悪いです(泣)
っで、作業取り掛かりですが… 武田さん
(1)「センターBoxのボルトを緩め、取り外し」
(2)「純正シート の取り外し」
(3)「シート&レール、そこに有るから組み立てて!」
マジっすか?! 言われるがまま… なんとか、1・2はクリアー が…3で悪戦苦闘です(滝汗) たった4本のボルトで… 所要時間90分。
その間の武田さんは… 別のエボ8、タービンまで脱着し終わってました。 流石、プロ!!
っうか、俺の不器用ぶりは… 「どんだけぇ〜」(泣)
そんなこんなで一服 (-。-)y-゜゜゜
後は、4点ベルト取付の為に、アイボルトの取付&シート取付で終わり。
これは、スムーズに進み、60分ほどで完了
感想ですが、自分にとっては、時間はかかったけれど。ほぼ最後まで自分でやれて充実です。
貴重な体験を、ありがとうございましたm(__)m
また今度の、No、6 エボチューン 最終プログラムの方も、ヨロシクお願いし ます。


体験記その112

作業…三菱ランサー エボワゴン サスペンション交換&ブレーキパッド交換

  サスの取り付けは、予想とおりほとんどお手伝いできず、すいませんでした。
付け替えていくのをみているだけで、結局タイヤの脱着サス本体組み立て、リアの内装をカッターで切るぐらいしかできませんでした。
サス付け替え後のブレーキパッド交換は、なんとなくどうやるかはわかっていたのですが、1つ分武田さんに付け替え方を教えてもらえたおかげで、残りは自力で変えることができました
不安な部分は武田さんに確認してもらえたので安心して交換することができました。すべての作業が完了し一回りしてきてといわれて走らせたときは、鈍感ですいません。乗り心地がよくなってるというぐらいしか感じられませんでした ただ、後ほどいつも走っているミニサーキットにいったら雨なのにサス交換前の晴れタイムと0.8秒しか差がなかったことにビックリ、やっぱりすごく良いサスなんだって実感しました。
晴れてるときはどれだけタイムがあがるか楽しみです


体験記その111

作業…三菱ランサー エボ9GSR メーター取り付け(水温、油温、ブースト) ブレーキパッド交換

 急遽、鈴鹿フルコースを走ることになり、 今までミニサーキットしか走ったことがなかった私は不安になり、メーターを取り付けるべく武田さんの所に相談に行きました。
するとブレーキがもたないとパッドの交換も進められ、一気にメーター取り付け&パッド交換をすることにしました。 メーター取り付けは、ほぼおまかせ状態でしたが、パッドは自分で交換しました。 (その前に知人のパッドの交換を見ていたので簡単でしたが。。)
そして、鈴鹿フルコースを走ってきました。 パッドを交換したおかげで、フルスピードからのフルブレーキを繰り返しかけても問題なく最後まで持ち、無事にお家に帰ることが できました。
これも武田さんのアドバイスのおかげです。 有難うございました。


体験記その110

作業…トヨタ セリカ ZZT231 LSD組付、マイクロロン注入

 機械イジリなんて全然やったことないのにサポートなんて出来るんだろうか?
と思いつつもサポート割引・・・甘い響きに勝てず(笑)
ネジ外したりとかホイール外したりとか、本当に簡単なお手伝いしかできてませんでしたが
こんなので割り引いてもらってバチが当たるんじゃないかと。
力仕事では全然役に立ちませんでしたし。(苦笑)
しかしまぁ他のみなさんも一様に言うように私も思ったんですが・・・
「武田さんの仕事っぷりはスゲー」
何がってバラシ方を知ってるかのようにテキパキと。たくさんのネジ・ボルト類もちゃんとどこについてたものか把握してますし。やっぱりすごいの一言でした。
設計者の卵として現場の声を聞けたのも収穫でしたし、とにかく自分の車ですからパーツ取り付けにしても自分の目で見たいものですし。
作業を最初から最後まで見せるってのも、世の中たくさんのショップがある中でも、そうそうできるものでもないでしょうし。 とにかく貴重な体験でした。
ありがとうございました!
自分の車がバラされるのを間近で見ることができることも大きなメリットでした。
こんなことってめったにないですから。なおかつ解説も親切丁寧に頂き、
これで割り引かれるなんて・・・・いいんでしょうかね、武田さん?


体験記その109

作業…JZX100 チェイサー LSD取り付け

 予定通り10時から作業開始。
LSDとドライブシャフト、サイドシャフトの分離から取り掛かる。
ドライブシャフトのボルトを緩めるのにチャレンジしたが、ぜんぜん緩まない。
武田さんの「押すより引くほうが力が入りますよ」のアドバイスで一部は自力で外すものの、
日ごろの運動不足か、力が足りず結局残りはお願いしてしまった(すいません)。
サイドシャフトは補強で付けているパーツが邪魔をしたが、武田さんは上手によけながらボルトを緩めていく。
それでも2個は緩まず、自分が車体に乗り込みブレーキを踏みながら、
武田さんが緩めてなんとか外れた。良かった。
あっという間にLSDを降ろして、カバーを外して、純正のトルセンLSDが出てきた。
ここでカバーのシール材?の除去をお手伝い。そして、クスコLSDの組み付を武田さんが進めていく。
イニシャルトルクをクスコで調整済みとのことで、LSDが組みあがった段階で12時ぐらい。思っていたより大分早い。あと少しなので昼休みなしで、作業続行。取り付けも順調で、1時には取り付け完了。
自分でオイルを入れて、その後、試運転。ちょっと曲がっただけで効いているのが良く分かる。
これはサーキットでも期待できそう。試運転で異常ないことを確認して作業完了。
作業を見るだけでなく手伝うことにより充実感があり、
作業の合間に車の事とか色々教えてもらって楽しかったです。
また、部品をつけることがあれば、是非利用したいと思います。


体験記その108

作業…MR2(SW20) LSD、強化クラッチ、軽量 フライホイール、
   強化エンジンマウント交換

 車人生初の後輪駆動車MR2に乗り換え、サーキットへ行ってみたら、やはりLSDが無いと物足りないということで、昔MR2でデモカーを作っていたルーズドッグさんに相談しました。
LSDを入れるならクラッチもエンジンマウントも強化したほうがいいねということで、アドバイスのままにクスコMZ-TypeRS、クスコカッパーミックスクラッチ、クスコ軽量 フライホイール、TRDエンジンマウント(前後のみ) を入れることにしました。

作業工賃を安くしたいこととプロの作業を見てみたい、いろんなことを聞いてみたいということで、チューニングサポートサービス割引を選択しました。
学生時代は自動車部だったので自分で作業していた私ですが、MR2になってからは作業しにくいエンジンルームを敬遠していました。今回、武田さんが「エアクリーナーのはずし方くらい覚えておく?」と教えてくださったので自分ではずさせてもらいました。この辺が、サポート割引のいいところだと実感しました。
そこからミッションを降ろすところまでは、武田さんの迷いの無い作業の手順とその方法に驚かされるばかりでした。MR2といえば、ミッションの下にあるメンバーをはずさないとミッションが降ろせないことは仲間のMR2を見て知っていたのですが、足回りのバラシを最小限にしてメンバーを宙ぶらりんにするとは・・・プロの技にびっくりです。
ここまでは多少?の固着はあるもののわりと順調に来たのですが、いざミッションをバラそうとしたら固着がひどくてバラせません。結局、シフトのシャフトを切断するしかないということで部品を取り寄せるため、この日の作業はここまでになってしまいました。
後は私の休みが取れそうも無かったので、一番見たかったデフの組み込み作業を武田さんにお任せして代車で帰ることになりました。結局、作業の1/3くらいしか見ることができなかったのですが、やっぱりプロの作業は素人とは全然違いました。
迷うことは無いし、ハマるような事態を回避して最小限の工数でスピーディー作業していきます。また、ノーマルだと言われていた私のミッションが誰かがいじったものだということも気づいておられました(結局TRDのLSDが入っていた!気づかないくらい利いていなかったけど)。作業しながらの会話も武田さんのチューニングに関する知識がいっぱいで非常に参考になりましたし、MR2のクスコLSDの出荷時のセッティングは武田さんが出したものだというウラ話も聞けました。
武田さんのすごさを体験させていただいた私は、次回からもチューニングは武田さんにお願いしようと思っていますし、サポート割引もまた利用してみたいです。本当にありがとうございました。


体験記その107

作業…S2000(AP1)
   LSD&ファイナルギヤ&デフマウント交換
   ドライブシャフトスペーサーにオマケつき
   幌交換&ダッシュ貫通ロールバー取り付け

 さてさて、ごっつい内容な作業ですが、やってみたらもっとごっつかったです。
普段のメンテナンスは自分でやるのですが、自力で出来ない領域なので今回、ルーズドッグさんの門を叩く事になりました。

・幌交換はその重量ゆえに一人で出来ない事。
・ロールバー付けるのに位置あわせの後、穴あけにイマイチ自身が無い。
・デフケースの中身をいじれない。

以上の3点がネックだったのでお願いしました。
ちなみに、LSD、ファイナル、幌は持ち込み。嫌な客です。

1日目
まずはデフ交換です。
デフオイルを抜き、タイヤを外し、マフラーを外し… 外れん(-_-;)
マフラーと触媒を止めるボルトが逝ってる〜(>_<)
何とかマフラーは取ったものの、二度とナットを止められないボルトとなりました。
武田さんの「一回はまると引きずってしまうから次回にしましょう」との金言で次回リベンジとなりました。
このボルトが終わると触媒ごとの交換が必要との事。というわけでスポーツ触媒お買い上げ〜
外したものを元に戻し、やや排気ガスをお漏らししながら家路に向かいました。切ない…


2日目
前回のリベンジ!と言う事ではりきってルーズドックへ。
デフオイルを抜き、タイヤを外し、マフラーを外して、予定外のお買い物のスポーツ触媒にコンバートのため、触媒を外し、ドラシャを外し…外れん(-_-;) またかよ。固着してしまったんですねー。
現行車種とはいえ99年式なんで8年落ち。寄る年波を実感しました。
S2000はデフオイル容量が少ないので、温度的に厳しいのかもしれません。
固く閉まったナットを頑張って外していきますが、2つ外れません。
外れない2本はザンダーで削り落としました(-_-メ)。
ドラシャスペーサーにボルト、ナットが付いてるのでお帰りも問題ありません。
で、何とかドラシャを外し、ぺラシャを外します… これも外れん!
ぺラシャはヘキサゴンのキャップボルトです。2つは緩みましたが、
スナップオンのヘキサゴンL字レンチが「ぐにゃぁ〜〜〜〜」とねじれて曲がりました。
スペースも限られているのでいい道具がないかとスナップオンのセールスバンを呼び、何か良い物はないかとセールスの方と試行錯誤。が、やっぱり外れない(T_T)
どうしようと検討した結果「ヘキサゴンソケットをボルトに溶接する」という結論に至りました(爆)
ボルト一本外すのにスナップオンのソケット一個って…(汗)
セールスバンが4つも在庫があるわけないので、また作業は後日となりました(涙)
次回は先に2日かけて幌&ロールバーをやります。
ドラシャスペーサーを付けて、触媒をスポーツ触媒に替えて、元に戻して帰ります。
スポーツ触媒になって体感したパワーアップがとっても虚しく感じました。

3日目
2日前に先に幌一式(中古購入)を搬入して、幌交換に入ります。
シートを外し、室内後部をどんどん外していきます。 ・ ・ ・ 暑いっ!!!!!!
ものすごい勢いで汗が出ます。やっとれん。
夏にやるものではないっすね。これといってはまりはしないけど、とにかく暑さとの戦い。飲んだ物がそのまま汗として出て行きます。この車、なんといっても狭いですから、幌を開けたり閉めたりを繰り返して外していきます。幌閉めた状態でリアトレイを外す時なんか最悪です。「むぎゅ〜」って感じで潜り込んで外していきます。全部外して2人で下ろして、持ってきた幌を乗っけて取り付け。 幌交換で一日が終わりました。2日連続で作業なので車は置いて帰ります。代車は自転車(歩き以外なら何でもよかったので)。ひさしぶりの自転車はけっこう楽しかった。実は最近、ロードレーサーの自転車欲しくって…話が横道にそれそうですが皆さんもたまにはいかが?


4日目
今日はロールバー取り付けです。
ステアリング、メーター、オーディオ、ナビなどをどんどん外していき、配線のカプラーもどんどん外します。
カプラー多いなぁ。今日もやっぱり暑い。しかしながら昨日のように密閉状態ではないので暑さ的にはまだ楽でしたが…はい、ハマりました。
原因はセキュリティの配線です。自分の車には社外セキュリティが付いていますので、そのおかげでダッシュボードがすんなり外れてくれません。ダッシュボード側と車体側にまたいでついていますので外すためには切断しなければなりません。他所でセキュリティ取り付けたので武田さんには何がどうか分かるはずもなく、責任が取れないので自分が切断。一応、マーキングしておきました。一応ってのがオチでこれが後で泣きを見ました。
何はともあれダッシュボードが外れ、ロールバーパッドを巻いて組み付け。そしてダッシュボードを加工し、載せてぶった切ったセキュリティの配線をはんだで付けていきます。そして外したカプラーをどんどんはめていき、メーター付けて、ステアリング付けて、オーディオ、ナビはもう面 倒だから後日自分でつける事にして、シートつけて… あれ?一箇所止まらない。ロールバー固定しているボルトとシートレールのステーが干渉してる。
とりあえず、3箇所止まっているので後日にしよう。で、終わったのが午前2時(爆)
すみません、午後8時の段階で体力使い果たしました。そこから先は、武田さんも心配するようなヨレヨレ状態でした。原因はペース配分です。どうも自分は日頃休憩なしで仕事しているせいか、休憩の時にスイッチオフにできないんですね。普段の労働時間を越えたら見事に終わりました。
長丁場って休憩大事ですね。で、帰ろうとする前にセキュリティのリモコンいじっていたら… あれ?何か変。
どうやら配線の接続を間違えたようです(汗)「一応」のおつりがきてしまいました。
一部分からなくなったのを勘で付けたらこうなりました。ま、走るからいっか。
ロールバー効果でボディ剛性上がりました。


5日目
今日はデフの再々リベンジ!
まずは懸案のぺラシャのボルトを外します。
自分は車に乗ってぺラシャが回らないようにブレーキ踏み係です。
そのままジャッキアップされて下で武田さんが奮闘!
「ん゛〜〜〜〜〜〜」 「だめだ〜〜〜〜〜工具負けちゃう〜〜〜」
えっ!駄目なの? 見えないので不安です。
バチバチバチッ〜☆(溶接の音) 「だめだ〜〜〜〜〜」やっぱ駄目なの?
「おっ!イケそう・・・・・ん゛〜〜〜〜〜〜   イッたーーー!!!」やっと外れてくれました(嬉)
もうハマる所はないと思うので、自分の中では終わったようなもんです。しかしながら、作業は続きます。
タイヤ外して、オイル抜いて、マフラー外して、ロアアームとナックル繋ぐジョイント外して、ドラシャ外して、めでたくデフケースが降ります。

で、当初の目的の 「デフ交換時の測定調整を観察し、技を盗んであわよくば自分でやれるようになる」という事でしたが、盗めませんでしたf^_^;
長年の勘でやっている所が多く、まねして自分でやってもまずデフブローさせる事でしょう。
しかしながらデフを開けて作業するのを初めて見たので勉強になりました。
リングギヤ「茹でる」んですね〜。なぜ卓上コンロが作業台にあるのか気になっていましたが、納得。見学しっぱなしでデフ、ファイナルが組みあがり、強化デフマウントを付けて車体に組み付けます。
後は外した物をせっせと戻して終了〜 が、自分がヘマをやらかしました。
マフラーとドラシャのナットを入れ違えて付けて、ボルトナットをなめてしまいました(>_<)
パーツトレイにナットを入れ違えて起こったミスです。今度、固着する前に新しいのに換えます(-_-;)
全部戻したら、リフトで上げてエンジン掛けて2速に入れしばし空転。ならしですね。
慣らしが終わって近所を一回り。
感想は…普通。 いえいえ、「良くなってない」のではなくて、「普通に扱える」という意味でです。
LSDはATSのカーボン。デフが作動した時に「バキバキ」音や振動がまったく起きません。
でも、しっかりとロックします。ジムカーナ等の競技には物足りないかもしれませんが、自分には丁度良い感じです。ファイナルも効果 ありですね〜。4.1から4.4に変更した事でもたつき感が改善しました。
2、2L化した時にミッションファイナルがローギヤード化したことからも、
元々作り手としては、こっちで作ろうとしたけど、燃費や走行騒音の問題で妥協したのではないでしょうか?だから違和感ないですね。ちょっと高速が辛くなるかな?というのはありますが(2.2Lは5速6速ハイギヤ化してます)。デフマウントのせいかLSDのせいかアクセル入れたりクラッチ繋いだり切ったりすると「コトッ」って音がしますが。

教訓
・訳の分からない配線を切る時は注意しましょう。デジカメでバシバシ撮って置けば、
 分からなくなっても大丈夫。(後で気づきました)
・あやしいボルト、ナットを強引に締めるのは止めましょう。きっと取り違えているはず。
・幌交換は夏にやるのは止めましょう。死にます。
・車外セキュリティ装着車はダッシュ貫通ロールバーはなるべく止めておきましょう。
  きっと配線がえらい事になっています。
 セキュリティ付ける方はダッシュ外すなんて想定してつけてませんから。
・低年式車や放置時間の長い車(すぐに売れていかない中古車など)はネジの固着を覚悟しましょう。
 作業がスムーズに運ばなくても武田さんを恨んではいけません。どこ行ってもハマるものはハマります。

それにしても今回はハマりました。(自分のポカもありました)。今まで自分が作業してハマった事ないので良い勉強になりました。武田さんがS2000がトラウマにならないかちょっと心配です。


体験記その106

作業…三菱ランサーエボ9MR クラッチ交換、フロントLSD仕様変更

 今回我がロバN4マシンの戦闘力をアップすべく相談。
そしてシングルスポーツクラッチからツインプレートクラッチに、LSDのカム角変更に着手することとなりました。今年乗り換えたばかりの車なので構造が知りたく(お金もないので)サポート割引なるものを体験しようと思いました。
10時から作業開始、14時くらいにミッション、トランスファーを降ろし終わり昼食。正直、ランサーってややこしい!体力が重要!とこの時感じました。
そして昼食。この時流れていたFMから「多治見で40.9℃の記録・・」との声が・・・。
武田社長と顔を見合わせて「どーりでこの暑さ!昼寝して夕方から!」ということで17時まで昼寝タイム(自分は飲まないけどボスは麦茶?をのんでいた、・・・)。
しかしその後の作業は自分の心配と裏腹に順調に進み1時過ぎに完了(MT結合(ハメ?)に関する部分のテクは絶妙でした)。そうして長く暑い1日は終わりました。
今回、自分程度のサポートで役に立ったかは分かりませんが作業の大変さ、ランサーの緻密さはよく分かりました。機会があればまたやりたい。そして皆さんにもおすすめのサービスと思いました。


体験記その105

作業…車種 三菱ランサーエボ9 ブレーキパッド交換

 先日、スパ西浦モーターパーク走行時、1コーナーで、「あれれ…」 ブレーキが効かない!!(汗)
フェード? 変な臭いがするし…  そく武田さんに見てもらったら、パットが焼けてるらしい!!
何も知らないで、ストリートパットを入れたのが、仇となりました。 トホホ(泣)
っと言う訳でパット交換を依頼したら、武田さんの返事は… 「交換ぐらい自分でやれ!!」
っと言うのも、メンテもかねて、勉強しろ!!って意味らしいのだ!!
 間違いなく、武田さんがやれば、早くて、しかも工賃が取れるから万々歳(^0^)/なのに… 「男」武田氏!!感動します(泣)
さぁ〜前置きが長くなりましたが、パット交換は、何と、2本ピンでただパットが固定されてるだけでした。驚きです(笑)レースでのノウハウで、こんなに簡単らしいです。
 いくら、ぶきっちょの僕でも1時間で作業終了!!(もちろん武田さんのフォローが有り×2ですけどね…) 試運転も問題なく、早く慣らしを終えて、フルブレーキしたいです。
武田さんには、いつもお世話になってばっかですが…「大きな事は出来ませんが、小さな事からコツコツと!!」これから宜しくお願いします(笑)


体験記その104

作業…三菱ランサーエボ6.5 ピロブッシュ交換 マイクロロンXA添加

とうとうオーナー同様に足腰にガタがでる年齢になってしまいました。
我が愛機も早や7歳と6ヶ月で走行距離も8万3000キロ、日々の荒れた路面 での通勤が祟ってフロントのピロブッシュからはカタカタと泣きが入り、交換することとなりました。
ルーズドッグ&武田さんには何度もお世話になっていて全幅の信頼を寄せてはいますが、相変わらずの手際の良さにはただただ感心です。ブッシュの取り付け方向を間違えないようにマーキングしたり、古いブッシュを抜くのにロアアームを火であぶったり、果 ては新しいブッシュの固定方法も実に合理的で、いろんなノウハウを見せていただきました。

さて、今回は後日にエンジンオイル交換と年1回のマイクロロン注入作業も実施しました。マイクロロンは2回目なので、その効果 は体験済みでしたが、そこで武田さんから悪魔の囁きが・・・
「本当に普通のヤツでいいんですかァ?折角ですからXAを入れてみません?9000円くらい高いけど皮膜も強固だし、即効性ありますよ♪」う〜ん、こういうお誘いにはめっきり弱い私・・・
一瞬、嫁の顔が浮かびましたが武田さんの誘惑と実績には勝てず、あっさり撃沈です(汗)。
でも数分後にこの判断が正しい事が証明されました。注入2分後くらいから、前回のマイクロロン注入の時とは違うメカノイズの低減が確認できたんです!!
 その後20分くらいリフト上で慣らしをして、「じゃ、そこらを走ってみてください」という武田さんの言葉に促されて、クラッチを繋いでクルマが動き出した瞬間!
 「えっ?なんなのこの軽さは・・・???」前回、初めてマイクロロン入れた時もビックリでしたが、今回はビックリの2剰くらいの驚きで、グ○コのキャラメルがなんぼのもんじゃい(古い)ってな感じです。
はっきり言って価格差以上の違いがあります。今後、マイクロロン入れようと計画されているパソコンの前のアナタ!是非、マイクロロンXAをお試しください!風俗1回我慢するくらいの価値は必ずありますから!
 それでも資金不足と言うアナタ!武田さんはクルマやドライビングのレクチャーだけでなく、パチ○コ必勝法も伝授してくれるようですので、一度お店に押しかけてみるといいかも・・・です。


体験記その103

作業…トヨタ セリカ ZZT231 フロントLSD組み込み

今回初めてルーズドッグさんにお世話になりました。
LSDを付けようと思ったとき、さてどこで付けて貰おうかといろいろ考えました。
自分の家からだと長久手にある某超有名モータースポーツショップが 一番近く候補かなあと考えたのですが、
以前から何か敷居が高い感じがしていて気後れしていると、知人からルーズドッグさんを紹介されました。
作業を手伝うと工賃が割引になるとのことで財布にやさしいし、何より自分のクルマのことは隅々まで知っておきたい自分には好都合でしたので即決しました。
商品が届き作業日の調整に入りました。
既に6月10日のイベントに申し込んでありましたのでそれには何とか間に合わせたいと考え、ギリギリの6月8日に決定しました。 当日は9時半過ぎに店に到着、エンジンが冷えるまで待ってから(?) いよいよ作業の開始です。
このギュウギュウに詰まったエンジンルームをどのように料理してミッションを下ろすのか興味津々でした。
ところがこのクルマは武田さんも始めてだそうで現物を見て考えながらとのこと。不安より先に頭に浮かんだのは「さすがプロ!」という言葉でした。
実際の作業を見ていても初めていじるクルマとは思えないほどスムーズで、しかも「これ全部覚えててホントに元通りにできるのだろうか?」と思っている私をよそ目に 淡々と部品を取り外していきます。
でもさすがのプロにもこのクルマは外さなければならない部品が多く作業も面倒だったようで、
「これでセリカの作業工賃がきまりました。 初めてで(標準工賃で)運がよかったですね。」と言われた時は内心ほっと胸をなでおろしました。 セリカというレアでしかも既に生産が終了しているクルマが今後持ち込まれるかどうかちょっと心配ですが…。
結局、全作業を終えた頃にはあたりは暗くなってしまっていました。私は多少の経験者ですがミッションを開いてデフを出して組み替えるというのは初めて見る作業であり、知識でしかなかったものが多少は身に付いた気がしました。それは武田さんが作業を通 じていろいろと説明してくださったり、質問にもやさしく答えてくれたり、安全面 で注意してくださったお陰であると思います。 驚くような裏技もあり、プロの作業を間近で見ることができるこの制度はクルマに興味があるものにとって非常に有意義なものです。
足手まといになった場面もありましたが、良い経験になり大変勉強にもなりました。
どうせだったらクラッチとエンジンマウントも一緒にやりたかったのですが、今回はちょっとそこまで手が出ませんでしたので、いつになるか判りませんがチャンスがあれば次回も是非お願いします。


体験記その102

作業…三菱ランサーエボ8MR エキマニ、アウトレット&フロントパイプ交換etc.

今回で2回目のサポート割引の使用です
前回同様ボルトをはずしたり、はずしたパーツをきれいに整頓したりと、ちょっとしたお手伝い

さて、やってまいりましたここ一番の大仕事!
エキマニについているでかいボルトを緩めるときに事件は起きました
「フゴ〜」力を入れても緩まない
もういっちょ「フゴ〜」と力を入れる
「パキッ」と音がし 「やった緩んだ」
クルクルクルとボックスを緩めていくと
「あれ回らなくなった」どんだけ力を入れても回らない(汗)
まさかねと思いながら 「ここは今まで折れたことないけど・・・」と武田さん
鉄パイプで延長してエイエイと2本ともやっちゃいましたよ
本日の完成はなくなりました(涙)
ようやく一難さってエキマニからタービンの取り外し
「ここはよく折れる場所だよ」と武田さん
心の中ではもうボルト折っちゃってるしイケイケ名自分がいる
「オリャ〜」とここは激硬だったけど無事緩みました
エンジンとエキマニのボルトをはずしていると武田さんに呼ばれO2センサーを外すことに
hmmこれも硬い。しかもボックスがひずんでる
武田さんが「ちょっと考えるからエキマニ外してて」と エキマニ外していると
「はずれた〜!」と 外れたんだと思いO2センサーを見ると
ボルトのねじ山がお亡くなりになっていました
そんなこんなで今日の作業は終了です

また別の日 前回の続きです 今度はエキマニ等パーツを付けていきます
Frパイプにバンテージを巻いたり、触媒付けたり、バッテリー戻したりetc やりました
すべて元通りになってエンジンをかけます。内心ドキドキしました
エンジンかかってあたりを一周してきてびっくり!
今までEVCでブーストコントロールしてたけど(今回外しました)
EVCがないほうがブーストの立ち上がりが早い別の車に乗っている感じでした。
武田さん曰く、ブーストコントローラーを付けるなら、高ブーストにしないと意味がないよ。
ノーマルブーストで使うんならノーマルのスクランブルブースト機構を利用したほうがいいよ。
ということでした。 次は現車合わせなので今度は車が飛んでいくかも(笑)


体験記その101

作業…三菱ランサーエボ8MR GSR オイル交換(駆動系)&マイクロロン

最近ル−ズドッグスで話題!?のマイクロロンミッションオイル用を注入しに行きました。
朝10時30ちょっと前に到着して武田さんに挨拶をして早速作業開始です。
が!武田さんはいきなり僕に「これ作業が終わるまでに解いてねっ」と一枚の問題用紙を手渡されました。
よく見ると配線図が書いてあり、ある一つの抵抗値を求めよと書いてありました。(武田さんの日誌に添付されてる問題です)どういうことかと思っていたら武田さんの息子さんの理科の授業で出された問題なのだそうでとりあえずやってみてよ。と言われ早速朝から頭をフル回転で解き始めました。
しかしこんな問題を解くなんて専門学生以来でかなり記憶に薄くて・・・・汗。
どうにか一つの答えが出たので「武田さん答えは28オ−ムです?」と言ったら「ぶっぶ−違うよ〜」と言われてしまいました。それから15分くらい考えたのですが結局答えが分からず解き方を教えて貰いました・・・今の中学生って凄いですね〜それとも僕の脳みそがただ単に1ビットしかないだけなのか・・・・汗
そんな事をしているうちに武田さんは、あの噂のマイクロロンの赤い液体を振り振りしてミッション・トランスファ・リアデフ・とオイルを交換していらっしゃいました。
そして一度エンジンを始動し15分程リフトの上で2速アイドリングでなじませを施した後、リフトから車を降ろし「じゃあその辺1週して走って来てみて」と言われたので、ガレ−ジから出そうと車を動かしてみたら車体が妙に軽く動くじゃん!
そのまま上機嫌のまま国道1号へ走りに向かい、信号待ちから発進する時必ずいつもは何か嫌々前進しようとしていた僕のランサ−が、やけに素直にスルスルスル〜と動くようになっててこりゃまたビックリ!でした。
あといつも1速から2速とかが渋かったシフトがスコンスコン入るようになり、車を運転するのが楽になりました。何ていうか無駄なフリクションが限りなく無くなった感じです。
導入資金はそれなりに必要になりますがそれだけの価値はあるものじゃないかなと思います。
まっ!百聞は一見に如かずですね〜。嘘だと思う方は一度体験してみては?

そしてガレ−ジに戻り僕の車の作業は完了した所で、お互い一服していたら武田さんが 「ちょうどデモカ−が普通のお客さんに乗せても大丈夫なレベルに仕上がったから一度乗ってみる?」と言われたのでもう二つ返事で運転させてもらいました。
既に暖気済みのル−ズドッグ号の運転席に乗り込みまた国道1号へ走りに行きました。
まず感じたのがツインのクラッチなのに、普通のクラッチみたいで扱いやすい・ノ−マルマフラ−+ノ−マル触媒なのに驚くほどレスポンスがいいで驚きました〜。
次に感じた事はデモカ−だけあってきっと足が凄く硬いんだろうなぁ〜しかもSタイヤはいてるし・・・と思っていたら路面 のうねりや段差でも「ガコンッ!」と言う突き上げ感もなく、とてもしなやかな反応で正直自分のランサ−よりめっちゃ乗りやすいやん! という感じと、少し乱暴に運転しても凄く安定しているから乗ってて安心だし楽しいなと感じました。
よくまとまっているなぁと思いました。
後で聞いたところサスのバネレ−トがフロント15キロ・リア12キロというかなり硬い足のセッティングだって言うじゃないですか!! 正直自分の車じゃなくル−ズドッグ号が欲しくなっちゃいました。
僕も今後はル−ズドッグ号のように誰でも速く安心して乗れる気持ちのいい車にしたいと思いました。


体験記その100

作業…トヨタ セリカ ZZT231 マイクロロンコンパウンド90の注入

このサイトでマイクロロンの存在を知ってメタルトリートメントの効果を痛感し、
当たり前のようにトランスミッション用のマイクロロンも試してみたくなりました。
マイクロロンは、値段だけ見ると決して安くはないのですがその効果と比べるとやはり買い得だな、
と思わずにはいられません。
更に、マイクロロンは性能向上だけでなく耐久性向上にもなるのがとても嬉しいです。
クルマもそう簡単には買いかえれないですし、これは注目すべき点だと思います。
さて、コンパウンド90の実際のインプレッションですが、
ミッションに不満がある方はコンパウンド90を使うことにより大分気が楽になるのではないでしょうか。
実際、私のクルマは暖気前は3速が少し渋るのが普通だったのですが、
コンパウンド90を使用してからは、冷間時でもスムーズに入るようになりました。
クイックシフトを入れてシフトが少し重くなっていたので、スムーズに入るのは助かります。
操作性が良くなるので、意外とタイムアップも望めるかもしれませんね!


体験記その99

作業…スバル インプレッサGDB エキマニ&サポートパイプ交換

今回は2回目のサポート割引の利用です。 交換したものはタービンサポートパイプ。
インプレッサでよくある遮熱板外れ対策ですがパワーアップも期待しての交換です。
タービンサポート交換といってもタービンサポートを外すまでに純正エキマニ、インタークーラー、タービン遮熱板、フロントパイプを外さなければなりません。
で、今回は発生したトラブルは↓↓。
エキマニ遮熱板がタービンサポートとエンジンマウントに引っかかってエキマニが外れない。
タービン遮熱板下側のボルトが緩まない。
この辺は武田さんの的確な指示とHELPで難なく解決。
本題のタービンサポートも一度も外した事のないボルトが非常に固かったぐらいで、気合の掛け声をかけながらなんとか外し、外せたらタービンサポートを抜く為にエンジンを持ち上げてもらって抜き取ります。
外せたら新品サポートをつけるために狭い場所で手をねじりながら組み付けて午前の部は13時で終了です。

午後は外したパーツの組み付けです。 フロントパイプ、タービン遮熱板、インタークーラーと取り付けていきます。そしてしばらく使ってなかった社外エキマニを取り付けます。
しかしこれがエンジン側のスタッドボルトと穴位置が全然合いません。
どうやら熱で変形しているようです。
プラハンで叩いて入れようとするとはめこむタイプのガスケットが外れてうまくいきません。
武田さんといろいろ格闘の末左右均等に叩きながら押し込んでナットをかませてなんとか完了。そんなこんなで16時ぐらいにアンダーカバーを残して組み上げ完了です。
しかしこれですんなり終わりません。最後の儀式で重大事件発生です。
エンジンをかけて数分後、エンジンオイルがダラダラたれてきました。場所を確認するとタービンオイルラインのバンジョーボルト付近から漏れてます。こんなとこまったくさわっていないのですが、どうやらガスケットが腐りかけ?で周辺をさわった事により微妙なズレか何かで漏れる様になってしまったようです。
非常に苦労してもらいながら運良くあった同サイズのガスケットに交換して直りましたが、
こんな事自分ひとりでやってたら不動車にするとこでした。

という事で武田さんの読みから2時間オーバーの7時間仕事でしたが、大小いろいろなトラブルが発生し、楽しいながらも苦労した作業でした。的確な指示やHELPがなければやり切れなかった作業だったので
サポート割引でお願いして本当によかったです。


体験記その98

作業…日産スカイライン GTR BNR32 クラッチ交換

ブンブンブンブンブーーーン、がらがら、ブーーーン、がら、ブーーン。
こんなん付けてもーたけど、何や慣らしってもんせんとあかんとかで、めんどーやなー。
前におったの軽のおばちゃんやったなー、置いていかれてしもーた。
こっちはGT−Rやで、じー・てぃー・あーる!  ほんまにもー。

これ、何てゆーたかなー...エクセディーのカーボンRツイン。
そやそや。なかなかカッコえー名前や。前に付けとったのもツインやったけど、
歳のせいか半クラがしんどくなってなー。大将に相談したら、カーボンのツインにしたら、っときたね。
カーボンって、あのエフワンでも使っとるんやろ、シビヤーなもんとちゃうの?
えっ? ベダルも軽いし、半クラも普通のクラッチと変わらん、
むしろ楽かもしれん、それに耐久性もある、ってか。えーことづくめやないかい。
ほな、いっちょ付けとくれー、と頼んだものの、実際動かしてみるまでやっぱり心配やった。
値段も少し張るしな。

そしたら、何や、ほんまにふつーのクラッチやん。半クラ楽やわー。おまけにエンジンの吹けもよーなっとる。タコの針がヒューンと昇っていくがな。その代わりギアチェンジの時は、ストンと落ちよるけどな。ちょっと慣れないかんわな。
ディスクやらフライホイールやら全部軽なっとるから、慣性抵抗とゆーものが小さくなっとる、こういう理屈や。これでも理科系やで、それぐらいのことは分かるがな。実物見せてもろーたけど、呆れるぐらい軽かったなー、このカーボンちゅうやつは。
いったいグラム当りの値段はなんぼすんねん? 高級松阪牛や本マグロの大トロより高いとちゃうか? 詐欺みたいなもんやな。いや、こりゃ言いすぎや、冗談やで。
最先端やなー。エフワンの技術をあなたの車にも、そーゆーことや。
何か優越感わいてきよった。余裕も出てきよった。先、行ってやー、こっちは慣らしや、どーぞ、お先に。

そやけどな、この音だけは何とかならへんのか? がらがらごーごー、やかましゅーてかなわんわ。性能優先やから仕方ないってか? そこは日本の技術や!できるやろー。 
...まー、あれもこれも贅沢言ったら中途半端になってしまうか。しゃーない、我慢したるわ。
ブーーーン、がら、ブーーーン。えー感じや。クランクシャフトの回転がダイレクトにプロペラシャフトに伝わっとる、そんな感じがしよる。やっぱりくるまは気持ちよく乗らんとあかん。これ、大将のくちぐせや。同感、同感!
おっと、あんまり気分いいから通り過ぎるとこやった。着いたでー。ここまでエンスト無しや。使い勝手がいい証拠や。ほれ、ここや、ここや、ルーズドッグや。ここの大将には、創立以来ほんまに世話になっとる。
トントントン。よっ! 金、払いに来たでー。つり銭無し、ぴったりや。それから、これ、こーてきたよ。ふろ掃除の洗剤や。前のクラッチばらす時、すすみたいなもんがいっぱい降りよって、せっかくきれいにした床が真っ黒になってしもーたからな。すまんかったなー。これで勘弁や。ほな、またな。
えっ? ほかにも付けたパーツがあるやろって? その感想か?

あんまり長く書いても、読むほうはしんどいやろ。また今度や。そうそう、前のクラッチはわけあって、よそで付けてもろたけど、これで全部「チューンド・バイ・ルーズドッグ」になったがなー。めでたし!!


体験記その97

作業…スバル インプレッサ GDB サスペンション交換

友人(最高速仕様○川君です)の紹介で初めてお世話になりました。

装着したのは、GDB用オーリンズDFVです。簡単な作業は一応自分でこなしていますが、足周りの交換となると自信がないので(汗)チューニングサポート割引を利用させていただきました。
朝10時すぎから作業を開始です。まずはリヤシート外し。これはもちろん自分でやりました。
続いて車高調の組立。オーリンズはバラバラで納品されるんですね…。武田さんの指示通り部品を取り付けていきます。ナットの締め付けは武田さんに担当してもらいました。
続いて車高の調整。メーカーから指示された通りに調整していきます。これがけっこう面 倒(汗)この時点で腕がパンパンに張ってしまいました(-_-;)
車高を調整後、減衰力を調整。続いてタイヤを外し、いよいよサスペンションの交換です。
脱着は武田さんが担当です。さすがはプロですね。慣れた手つきであっという間に交換作業が終わってしまいました…。
Rrはタワーバーのせいで余計な作業が増えてしまいましたが(自分が悪い?)それ以外は順調に進みました。
最後はアライメント調整。こちらも手際よく調整をしていただきました。約3時間半ほどですべての作業が完了しました。
作業中に質問しても丁寧に教えていただくことができ、非常に勉強になりました。
次回もこの制度を利用していろいろ勉強したいと思いました。また宜しくお願いいたします。


体験記その96

作業…三菱ランサーエボ6.5GSR
   サスペンション交換 前後ストラットバー交換

何なんですか!
あのクルマの動きは!!

最初、武田さんに現状の減衰値を聞いてて、
「ふぅーん、結構ソフト目のセットだなあ・・・」 って思ってたから、
ある程度の乗り心地の良さは予想できてたけど、国1に出るときに何の気なしにステアして加速したときに僕の常識がぶっ飛びました!
とにかく、加減速時にクルマが揺れない・・・っていうか無駄な動きをしないし、ステア入れた分だけ無理せずに曲がっていくんです!
今までは、フル加速するとリアがグッと沈み込み、フロントタイヤの動きから一瞬遅れてボディが付いて来る感じだったのに、オーリンズにはそれが微塵もなくて、変な姿勢変化がない分安心して踏めるんです。僕のような下手くそでも、タイヤが良く動いてるのが手に取るように判るんですよ!
単に今まで装着してたショックが寿命だったとか、特性が違うとか、そういったレベルの問題じゃないんです!ソフトなのにハードで、ハードみたいなのにしなやか・・・これはいままで体感した乗り味とは全く異質です。

横に乗ってた娘も、クルマの事なんてなぁ〜んにも判らないはずなのに、
「なんかすっごく気持ちいいね、走ってて」運転してて思わずニンマリ・・・さすがは俺の娘だ!違いの判るいい子に育ってくれたなあ・・・(笑)
それと、前後のバランスが絶妙でこれは武田さんのセットアップとアライメント調整が成す技なんでしょうね!!

路面のギャップを越えたときの挙動が実に自然で、今までなら大きめのギャップを乗り越えるときは、「来るぞ〜!」ってハンドル握り締めて身構えてたけど、今は「あれ?こんなんだったっけ・・・」って感じだし、
ステア入れながらのギャップ越えも全然不安感がありません。僕のエボは乗り始めて8年目の思いっきり型落ちクルマで、腕の悪さも手伝って最近は「所詮は最新型には負けちゃうなぁ・・・」 なんて考えたりもしたけど、とんでもない考え違いだった事を武田さんとオーリンズが教えてくれました。
やっぱり、自分のエボが最高です!!! 武田さん、ありがとうございました!


体験記番外編-LOSEDOGS号に乗ったディーラーマンの感想

作業…ランサーエボ9MR(LOSEDOGS号)
   マイクロロンレーシングフォーミュラー注入

 本日、マイクロロンの高いヤツ(60,000円?)の入れてあるエボ9MRのRSに乗る機会がありました。
クラスはSA3の車両だったのですが、アイドリング状態でノーマルより静かに回っていました。
ガレージの中に置いてあるので、マフラーの音が反響しているはずなのに、中に入ってから「あれ?アイドリングしている!?。」と気づいたぐらいです。
少し乗せてもらいましたが、車の速さはもちろん早いのですが、一番の驚きは、信号待ちのときの振動と音がほとんど無いことですね。
営業の仕事をしていますので、いろんな競技車(中には全日本車)の引取りなどもしますが、同じようにいじってあって、”ビビリ音ゼロ”には驚きました。 もともと、車内に入ってくる音には、お構い無しの設計のエボなのですが、信号待ちの音と言えばフューエルポンプの音と、かすかに燃料を噴射するインジェクターの音かな?と感じるぐらいでした。
うーん、さすがに高いだけはあるな、という感じでしたね。勝ちに行くなら、一本入れろ!って感じですね。


体験記その95

作業…トヨタ カローラレビン AE111 エンジンオーバーホール
   ラジエター交換、強化クラッチ、LSD

2006/12/31、オーバーホールに出していたAE-111が戻ってきました。
10月半ばに預けてから、実に2ヶ月ぶりとなります。
これまでミニサーキットのストレートでシビックタイプRはもちろん、
ロードスターにも引き離されていたマシンが、これできっと生まれ変わるはずです。
チューニングメニューは、エンジンオーバーホール、ラジエター交換、強化クラッチ、機械式LSD。


慣らし運転は最低500km、目標1000kmで、その日から禁欲生活の始まりです。
なんてったって、パワーの出る領域は封印です。その状態で500km以上・・・。
初日は1/2です。正月そうそう何をやっているのだか。。。
嫁と子供をほったらかして、早朝から名古屋高速へレッツゴーです。
ひたすら回る回る。ぐるぐるぐる。10周以上はしました。
それにしても、早朝だからか、正月だからか、やたらすいています。
ある意味快適。で、結局ドアtoドアで約170kmを走破しました。

2日めは1/3です。
ラジエターのリザーバタンク水量が若干減っていたので水を補充し出陣です。
前回よりさらに早く、朝の5時に出発です。またしても名古屋高速ぐるぐるコースです。
やっぱりがらがらです。前回と同じく10周ちょっと回り、帰宅。トータル走行距離は約400km。

その後3回ほど慣らし運転に出かけ、800km付近で武田さんのもとへ持って行きました。
エンジンオイル、クーラント、ミッションオイルの交換です。
さらにマイクロロンも投入です。

EP-82ターボ→R32GTS-T→数年のブランク→AE111と乗ってきて、
ブランク開けの練習用に買った車に最もお金をつぎ込んでしまいました。車両本体は50万の車です。
これまでにかけた金額は本体の倍以上。
実に嫁さん以上にお金をつぎ込んでます。。。
(嫁さんには釣った魚に餌をやらないタイプだと言われたことがありますが。)
安物買いの銭失いとはまさにこのことですが、そんなレビンになんだか妙な愛着が出てしまいました。
この勢いで後5年は乗っていたいと思います。

さて、オーバーホールにマイクロロン添加でどっちの影響なのかはよくわかりませんが、
トルクはアップした感じです。それにレッドゾーンまで滑らかに回ります。(その分加速感がありませんが。)
中回転領域から踏み込んだ時の反応も良好で、実にいい気分です。
それから、クラッチは強化クラッチと思えないほどの軽さでした。
一緒になんとかかんとかって言う部品を交換した影響もあるらしいですが。

その後1/21に7ヶ月ぶりにミニサーキットへ行きました。結果はベストラップを0.4sec短縮することに成功しました。
また、いつもストレートで引き離されていたシビックタイプRとも互角の加速力でした。
サンデードライバーが7ヶ月ぶりに走ってこの結果なら充分満足です。
サーキット後は、ラジエターのリザーバタンクの水量が安定しない現象がしばらく続き、
不安な日々を過ごしましたが、最近はビシッと安定するようになりました。

内部に残っていたエアが全て抜けきったんでしょうね。(武田さんの予想通り)これで一安心です。
近々ミニサーキットに行く予定なので、今度もベストラップを更新できるようにがんばろうと思います。


体験記その94

作業…トヨタ マーク2 JZX110
   フロアーバー取り付けDEKAバッテリー交換

 今回、2回目のサポート割引の利用です。
今回は、知り合いツテで手に入れた、補強フロアバーの取り付けを行いました。
構造から言って、純正のボルト6本外して取り付けるだけなのですが・・・。
パーツの型取り車が問題(10万キロ走行車)だったのか、取り付け位置が全く合いません。(滝汗)
ちょっと焦っていたところに、武田さんは冷静にハンマーを取り出し、バーをたたき始めます。
おろおろしながらフロアバーを支えていましたが、結局作業時間15分ほどで取り付け完了。
他にも触媒のステーとの干渉もありましたが、そこも軽く叩いて逃がしました。
当初は自宅でも作業できるかな〜と思いつつも、何かあった場合・・・と考え、お願いしたのですが、自分一人で作業してたら、フロアバーもただの鉄屑になっていました。(苦笑)まだ、一部干渉部分があり、車内へのビビリ音がしますが、そこは後日対策していただくということで・・・。
やはり、武田さんにお願いして良かったなぁと思いました。
 これからも、お世話になりますので宜しくお願いします!

【バッテリーDekaの使用感想】
 バッテリーがそろそろ4年経とうとし、最近朝のかかりが悪くなった感じだったので、以前進められたDekaを試してみようと思いました。まず、その小ささと軽さに感動! 純正サイズは55D23なので、最近の車といった感じでかなり大きく、重たい物でした。
バルクヘッド側にあるため車両から降ろすのも大変で、下手をすると腰を痛めるのでは・・・と思ってしまうほど。純正を外した後に、Dekaを持ってみると、そのサイズの小ささと軽さに驚きました。本当に大丈夫!?って疑うほど・・・。
さて、取り付けた後に始動確認。以前のバッテリーが弱っていたせいもあってか、クランキングが力強く感じました。また、アクセルの反応も良くなった感じで、軽く吹けあがる感じです。
軽さの恩恵については車両自体が重いのもあり、あまり感じられませんが、電子制御が至る所に使われているので、燃費や体感パワーにどう影響するか等、今後の使用感想は追ってご報告いたします。


体験記その93

作業…トヨタMR2 SW20 NA
   MTオイル交換&マイクロロンコンパウンド90注入

 「ミッションオイル交換をお願いしたときにマイクロロン・コンパウンド90の添加も同時に勧められ、HPの感想・体験記を読み注入することにしました。
感想としてはLOSEDOGのHPに嘘偽りナシ!
 LSDは入れてないので音の減少等はわかりませんが、チェンジがスムーズに、
一番体感できたのは車が軽い!、走りが軽い!
ちょっと値段が張りますが、注入して正解でした。良い品を勧めてくれた武田さんに感謝です。」


体験記その92

作業…三菱ランサー エボ9GSR
   クラッチ&フロントLSD交換 エンジンマウント交換

 さぁ〜先週に続いて第2段!!
今日の、お品書きは、カーボンクラッチ&フロントLSD&E/Gマウント交換です。
ここから先は悪魔の1日!!体験レポートです。
 さぁ〜腹くくって作業開始 バッテリを外して、いきなりトラブル発生!
純正セキュリティが顔をのぞかせた。武田さんの口癖 「最近の車はバラス事を考えてないから困る」っと(怒)
なんだかんだ言いながら、サクサク分解していきます。流石です。
 さぁ、今度はパイピング! で、トラブル!!熱でゴムが堅くなり抜けません。
俺は(泣)武田さんは(怒)額には青スジが…頑張ってぇ〜っと心の中で祈る事しか出来ない、自分の不甲斐無さに…(泣)祈りが通 じたのか?!何とか外れ、今度はミッションリンクゲージ?名前は不明。

 Boss いきなり武田さんが…これってエボ9?
 俺 はい。
 Boss 本当に?
 俺 そのつもりですけど…
 Boss 前のエボ9GSRと違う
 俺えっ!!

「ちょっと×3」 嫌な予感  はぃ的中、武田さん苦戦しているなか、さっきから電話が鳴りっぱなし。
イライラしているのが、どんどん増して行くのが伝わっていきます。(泣)電話が鳴りやむと作業も進み、いよいよ脱着作業!の前に一服 (-。-)y-゜゜゜
さぁフロントパイプ!!
 おもむろに眼鏡レンチをわたされ… これが噂の地獄のボルトか?!折れるなよ!! 祈りながら力を込め、「えぃ」???緩まない(泣)
 武田さんの悪魔の囁き!!折れたらスポーツ触媒だね。俺も腹くくって「せいやぁ〜」 何とか外れ、難をのがれる事に…  今となっては、こんな事、難とは思えない事が待ち構えてる事を…
メンバー&トランスファー&ミッションを降ろしたところで昼休み。
 前半からトラブル続きの為、武田さん、相当お疲れの様で、しばしお昼寝タイムさぁ後半戦スタートです。
クラッチを交換し、挿入タイムです(笑)
 挿入上手の武田さん。噂には聞いていましたが…あんなにも上手いとは…ファンタジック・テクニック!!
「スコン♪」 職人(笑)
 さぁ、次はLSDACDやフロント&センターデフなど、いろいろレクチャーしていただき、武田さんが、現地現物で説明してくれるから、わかりやすい(笑)など話しながら、また挿入&取付。あっという間にミッション&トランスファーが取付き、 後はメンバーだけ…しかし…「行きはよいよい帰りが怖い♪」
 メンバーマウントのボルト穴が、想像以上ズレててボルトが入りません(泣)いくら挿入上手の武田さんでも、穴ズレは…  ボルト叩いてPowerプレー!!
しかし、ボルトは違う方向に進み(泣)たまたま来て下さったクラブ員の方に手伝って頂き、2時間程、悪戦苦闘し何とか取付き…(泣)
手伝ってくださいました、クラブ員の方達に、この場を借りまして、お礼申し上げます。ありがとうございました。さぁ、次はリンクゲージ&パイピングです。 「どんだけ〜」と思うぐらい作業難航(泣)武田さんは、最後の力を振り絞り外した物を組立、暖気運転開始。
 僕は何十年ぶりに、床の雑巾がけ…日ごろの運動不足が仇となり…(見た目でわかるぞ!!)っと自分にツッコミ(笑)
  武田さんには悪いですが、これが1番疲れました(泣)最後に試運転。劇的変化 w(゜o゜)w
作業終了は 1時過ぎ。
 武田さん。本当に、ありがとうございました。
エボ9GSR?だと思いますが、これからも宜しくお願いします(笑)


体験記その91

作業…三菱ランサーエボ9GSR クスコ パワーブレース取り付け
   サスペンション交換 来週は、クラッチとLSDだよ!作業(笑)

 僕の愛車はエボ9GSR
今日の予定は、オーリンズ車高調&クスコのフロアー補強&前後タワーバー取り付け!
僕は、車をイジる事などした事が全くない、ずぶな素人(泣)
 BOSS武田さんがチューリングサポート割引つかう?っと、言われ、工賃50%OFF!?(激熱)にも引かれましたが、某マンガ(群馬のとうふ屋?)でもメカに強い人に成りたい!!っと、思いサポート割引に参加する事を決心。
 いろ×2みなさんの体感記を見ると、けっこう楽チンみたいな事が書いてあったので安心(笑)。
 意気揚々とショップに向かい10時より作業開始。
 最初はショックをAssyにする事から始まり。持った瞬間に… えっ軽い!っう事にショック(笑)
 武田さんの指導の下、なんとかAssyになり、いよいよ交換作業に…  武田さんは、パパッ〜っとバラし始める。 流石プロ!! 感動を越え尊敬です。 僕は、ただ部品を渡すだけ…超〜楽チン(笑)
 昼前にはショック交換が済み、いよいよフロアー補強! これも武田さんが、ちゃちゃっと取り付け!!っと、思いきや、トランク補強取付&エンジンアンダーカバーの取り外しは自分でやる事に…なかなか上手く出来ず悪戦苦闘(泣) 時間は掛かってしまったが、なんとか出来た。(ちと感動し自分に酔う)
 ショックを変えた事によりタイロット調整が必要らしく…ここでもまた、プロの武田さん!!勘だけで調整!!流石です。ヨッ!職人!!(泣)
 なんだかんだで4時には取り付けが終了。最終チェックも1発でOK(笑)
 今まで店に持って行けば何の苦労もせず交換された物に乗っていたけど、実際に作業してみると、とても新鮮で勉強なる事だらけで驚きました。作業しながら質問しても、Boss武田さんが解答してくれますし。雑誌では…質問出来ませんからね!
 とても楽しい1日でした。武田さん、ありがとうございました。 次回もよろしくお願いします。


体験記その90

作業…スズキ ラパン SS サスペンション交換

 今回、初めてルーズドッグさんにお世話になり、アルトラパンにクスコ製の車高調を装着しました。
車いじりは好きだけれど自分で交換する自信は無いためチューニングサポート割引を利用させて頂きました。
朝10時過ぎから作業開始。外れにくいボルトが数本あったりしましたが、
武田さんの手際良い作業ですんなり装着完了。
自分ができた作業は、タイヤの脱着・コンピューターBOXの脱着・アッパーマウントの仮締め・リアタイヤハウス内のカバー脱着と、簡単な作業のみです。
トー調整は1発OK、ハンドルのセンター調整は自分が運転し、結果を武田さんに伝えて調整して頂き3回ほどでまっすぐに。
昼前には作業完了してしまい、コンビニで買って用意しておいた昼食も不要となりました。
プロの作業を間近で見ることができ、質問には丁寧に教えていただくことができるこの制度はとてもありがたいものです。大変良い経験になりました。
次回も宜しくお願いします。


体験記その89

作業…三菱ミラージュCJ4A サスペンション交換
               マイクロロンコンパウンド90注入
               僕の指を切った!・・・・・爆。

●エナペタル足の感想です。
・街乗り 乗り心地が良くなりました。路面の継ぎ目で違いが判ります。
・練習走行 トラクションが掛かる方向になりました。
2⇒3速のシフトチェンジ時の失速感が増 しました。
リアに荷重が掛かるのがわかります。リアの限界が上がっています。
手前姿勢で進入が1ランク上になった?ような。
課題にしていたので、あえて手前で姿勢変化をさせる走りもさせてましたが、
唐突でないリアのスライドが長く維持できる感じがします。
今までと同じ運転だと余計に曲がりませんが、早めのアクセルオンで巻き込む感じです。
1アクセルでのコーナーが楽になりました。

●MOTUL コンパウンド90 CJ4Aミラージュ ダートラN仕様
ミッション:ノーマル
ファイナル:ATS
シフトフィ−リングは絶好調です エンジン始動時よりシフトチェンジが良好です。
冷感から問題なくシフトチェンジで きます。
ダートラ練習走行時(1分5秒程度のコースを16本走行)もシフトフィーリングは変わりません。
ただし、ラフな操作をして良い訳ではなく、ラフな操作をすれば当然ギア鳴りはする訳で、
正確な操作を確実に行う為のアイテムです。

1月30日 MOTUL FF LSD タイプ2 使用開始
3月2日  コンパウンド90注入
3月11日ダートラ練習
・約800キロ走行
・約500キロ高速道路移動
・約20キロ練習タイムアタック
・その他;街乗り
3月12日別ブランドミッションオイルに自分で交換
3月13日LSDの効きは強くなるも、冷感時のシフトフィーリングが3月11日に比べ良くない。

結論
シフトフィーリングは MOTUL FF LSD タイプ2+コンパウンド90の組み合わせが良い。
という結論に至りました。


体験記その88

作業…三菱ランサーエボ5 GSR
   ドライブシャフト交換  マイクロロンコンパウンド90注入

 【体験記】今度車高調を入れたいと思ってるんですが、エボ5特有の「車高を下げるとドライブシャフトが壊れる!」というのがイヤだったためエボ6のドライブシャフトに交換することを決意しました。
材料は中古で購入しあとは取り付けなんですが、寒いしDIYは大変そうだしでかれこれ一ヶ月経ってしまいました。 あるとき自宅近くの道を走っていると前方にエボ6発見!
いろいろいじってありそうでカッコよかった中で目を引いたのがリアに貼ってあったルーズドッグのステッカーでした。
「そういやルーズドッグって雑誌に載ってたなぁ」って思い家に帰り雑誌を見てみると「近いやん!」、 なんでここで作業してもらえないかちょっと店を見に行きました。
店に行ってみるとシビックとエボの改造中で待つこと5分、武田さんに連れられ二階へ。 作業自体はOKでさらにチューニングサポートという自分も作業を手伝えば工賃半額!というプランに惹かれ早速申し込み、後日作業に来ました。 で、前置きが長くなりましたが、ここから作業内容です。

まずはリフトアップ!いつもは油圧ジャッキで車を上げてるんでやっぱ楽やなぁと思いつつタイヤ外しへ。 ここでもインパクトを使いガガガッ!と楽に取り外し、ロアアームのボルト外しや、ミッションオイルの抜き取りなどを手伝いドライブシャフトの交換自体は一時間ほどで終わりました。 (自分でやってたら一日はかかりそう)次にミッションにオイルを入れるのですが、ここでマイクロロンの登場! オロナミンCくらいの大きさのプラ瓶にピンク色の液体が入っており、何かが沈殿してました。
ここで武田さんが「これを振って混ぜてください」といわれたのでひたすらフリフリフリフリ・・・。 「手が痛い!」でもまだ混ざっていない様子、振ること10分やっとのことOKになり、オイルポンプでミッションにオイルを注入。このポンプも硬かったぁ。
作業を全て終え、リフトの上で宙吊りにされながらミッションを2速に入れてタイヤをクルクル回してオイルを潤滑させ約10分、ついに完成しいざ試走へ! まず思ったのがミッションの入りがイイ!車の走り出しが軽い!と思いました。 (ドラシャの違いはわからずでした・・・汗)
しかも乗れば乗るほどミッションの入りがよくなっていくのがわかっていきました。 3万キロは持つみたいなので結構お得だと思います。
チューニングサポートで自分で車をいじりながら作業できるのでさらに愛車に愛着が持てるようになりました。 皆さんもお試しあれ。


体験記その87

作業…スバル インプレッサGC8
   サスペンション交換、前後アームピロ化、リアジオメトリー変更

 今回で3回目となるチューニングサポート。体験記ではなく体験日記が書けてしまうほど長い週末だった・・・。なんせ自分の体力の限界を超えていたのだから・・・
では、日記と書く前に武田さんに頼ることになった経緯を書くと・・・
GWにショックをオーバーホールしたオーリンズ。数回サーキットを走って感じたこと。
足が硬すぎる!止まらない・曲がらない・進まないの三拍子がそろっていた。
これじゃあオーバーホール前のほうが乗りやすかったぞと思い対策を自分なりに考える・考える・・かんがえる・・・(フェードアウト)
足を元に戻してもらうことはできないし、かといって現状をどう改善したらいいか分からず、お先真っ暗。
そこで、分からないときの武田さん登場。用事のついでにふらっと寄ることに。
「足が動かないんですよ。自分の理想の走りから程遠い」と、疑問をぶつけてみる。
答えはすぐ返ってきた。アブソーバーの圧が高いこと・バネレートが高いこと・ゴムブッシュのへたり・そしてGC8の最大の弱点であるリアタイヤの動きの悪さ。
理想の走りとは真逆のセッティングであることが分かりました。
さらに奥の手があるよって。なんとメンバーの穴位置を変更すれば、
アームが万歳するのを「ハの字」に出来ると。
このジオメトリー変更はとっても魅力的♪ ボーナスも出たし、大船に乗った気持ちで「お願いします☆」
この大船が三途の川を渡りかけようとは、このときは思いも知らず・・・
といった感じで、怪しいプロジェクト始動!
手始めにもう一回アブソーバーのオーバーホール。これだけでも車がガラッと変わりました。
やっぱり武田さんはエロいこと知ってるなぁ〜と思いつつ、この後の変化に期待を寄せつつ、チューニングサポート当日・・・の前日の日記から(笑)

チューニングサポート前日の日記
この日は、朝早くから仕事。夕方より友人のヴィッツ体験記その86に参加しました。家に帰ったのが朝3時。こんなに長くなるなんて予定外だぞ!
大船は三途の川一分目まで渡りました・・・

チューニングサポート当日の日記
疲れを癒したはずが、なぜか三途の川二分目です。
起きたのが朝9時半!!もうお店に居るはずの時間なのに・・・大遅刻です(汗)
「焦らずおいで」、武田さんのやさしい一言で落ち着きを取り戻せました。
サポートも3回目だから手伝えることもたくさんある。なにが出来るかなと考えつつ、お店に到着♪
さっさと、リフトアップしてリアメンバーを外しにかかります。リアデフ交換を体験記その2で経験済みなので、サクサク進めて昼休憩。
午後からは、メンバーを削ります。
リューターのウィーン♪、グラインダーのチュイーン♪♪ガレージ内に響き渡ります。LDエボのアイドリング音と一緒に・・・あの高音と低音に3時間は付き合いました。
耳は当の昔におかしくなり、頭の中がシェイクされる。耳栓もっていけばよかったと大分後悔・・・。メンバーつけてデフ載せて三途の川五分目です。
そして、アームはクスコのピロアームを取り付けます。そのときの僕にはこいつが曲者で、片方が正ネジ・反対側は逆ネジで長さを調節できるようになっていて、
どっちに回したらどうなるか分からずえらい時間がかかった。武田さんに「ネジ山の方向見れば分かるじゃん」と言われても、「う〜ん・・・」考えても時間がかかる。
仕方がないから回してみて 伸びたっ縮んだっ の繰り返し。
なにか質問されても「う〜ん・・・」そのときどんな会話をしたか覚えてないぐらい頭が働いてなかった。
酔っ払ってるんじゃないんだから・・・(汗)
そして、アームが付きやっと着地。武田さんがキャンバーやらトーを確認している間、どうやら僕は遠くを見つめていたようだ。そこには何もないのにボケェ〜っと・・・
三途の川の行く末を見ていたのかもしれない。自分ではまったく気づいていないうちに・・・
そんな僕に気づいた武田さんは、「あ”〜疲れたっ。続きは明日にしようか」
その言葉にハッとした。自分は疲れているなって。顔が真っ青みたいだし。またやれるって意地を張ってみたけど武田さんが折れる形じゃなかったら、
「あっ、死ぬなっ」と一段落してから思った。無理に完成させて帰りに事故でもしたら何も面白くない。
「事故らずに楽しむ」自分の原点に戻れた気がした。そのときは無事家に帰れて万々歳だったけど、この日記を書いていて本当に勉強になった1日だったと思います。

チューニングサポート予定外の翌日の日記
前日銭湯へ寄って就寝したので、大分体力が回復した。つもり・・・
この日は午後2時より作業開始の予定。たっぷり寝て11時に起きる。
マックでも寄って行くかと、時間に余裕があったはずなのにいつの間にか1時ではないかっ!!
前日に引き続き、また遠くを見ていたらしい・・・(滝汗)
今日は自覚があるから(笑)、無理しない程度にがんばろうと意気込んで出発っ!
そしたらちょっと遅刻。これじゃあ遅刻魔ではないかっ!さっさと準備をして作業開始♪サクサク進める。
予定外のことなのに、こんなにサクサク進むのは武田さんが手順を考えてくれてるから。
「こっちも一緒に・・・」と余計なことをいうと、「ダメ〜、区切りは大切」これが一番近道で失敗がない。もう頼りっぱなしです。
ピロ打ち込んで取り付けて着地♪アライメントです。 「まさか一発で調節終わらないよな・・・まさかね・・・」いい予感が的中した。
サイドスリップに乗ったらフロントリア共に0!昨日僕が遠くを見ていた間、どんな魔法を掛けたのだろうか
カッコいい〜と思って武田さんの顔をみたら、そこにはエロい笑顔が(汗) 相当エロくないと真似出来ないなと思った。
そんなこんなでやっと終了♪  走馬灯こそ見なかったものの、死の狭間をさまよった長い週末。
頼れるおじさんが、ちょっとした命の恩人になりましたとさ。

インプレッション
早速サーキットをはしったので感想を。
コンディションはちょっと小雨のウェットスタート♪
ピロにするとトラクションが少なくなるからねって言われていたので、大胆には踏めないなと思って走ったらまぁビックリ!
逆にトラクションが増えた感じ。 足がよく動いて吸い付いているかのよう♪
進入でも姿勢を作りやすい。グリップが底無しに増えて使いきれなかったぐらい・・・
しかし、段々晴れてきてドライになったらグリップが上がり、ブレーキングでフロントが底付きするようになった。
これではフロントタイヤがリアに負けてしまう・・・もっと早く走れるのにもったいない。
そこで困ったときの武田さん頼み♪電話して状況説明。 「減衰を強くしてフロントにプリロードを5ミリ掛ける」と具体的な答えが返ってきた。
とりあえずプリロードはめんどくさいので(笑)減衰をいじって走行。フロントイン側の荷重が足りなくなり立ち上がりでラインから外れる。
やっとプリロードを掛ける理由がわかったね☆ それでもなおプリロードはめんどくさいので(爆)減衰をひとつ緩めて走行。
♪。底付きしないしトラクションもある。文句なしだ。 と分かった時点で走行終了。今度からこう走ればもっと早く走れる。まだまだ自分が要修行な車に仕上がった。
やっぱ目標があってこそ走る楽しみがある。
そして走れば走るほど不満が出て、車をいじりたい衝動に駆られる。
また体験記を書く日が来るのはそう遠くはないだろう・・・


体験記その86

作業…トヨタ ヴィッツ NCP13
   LSD組み込み&エンジンマウント交換
   リヤインナーシュー交換、マイクロロン コンパウンド90注入

体験記  ○○○ランドでマイクロロン注入

私が武田さんに風俗に誘われて
刈谷の歓楽街のネオンに照らされなら・・
まさかプロのテクニックがここまで凄いとは
いままで見たことの無いアクロバティックな・・・・(爆)

おっと、私は素人専門です。こんな体験記はかけません(笑)

お馬鹿な体験記は、これくらいにしてここからが本編です。(爆)

作業日記  NCP13 ヴィッツLSD交換もろもろ

GC8、GDBでサーキットとジムカーナ三昧の日々に別れをつげ
ヴィッツに乗り換えてしずかーに運転の趣味を楽しむつもりでした
ただ、なんとなくサーキットを走ってしまったのが運のつき、
LSDのないFFがこれほど前に進まないとは!知らなかった〜
踏めない車両はストレス爆発、
えー いろいろな事で大変な時期なんですが、悩みに悩んでLSD組み込みをお願いしました
サポート割引・・・久しぶりの車いじりです、私も楽しむ事にしました

さて、今回の私のテーマは武田さんをおだて・・いやいや 楽しいトークも楽しもうと、
社長の好物、下ネタを織り交ぜ(笑)せっかく作業してもらえるので気持ちよく作業してもらえる様にと
相変わらず、作業の手際の良さは前回も書いた通り
裏技を使う事も有りますが、基本に忠実!次々と作業をさくさく進めていきます

また書きますが、プロの凄い所は難しい作業や時間のかかる作業 でも、流れる様に作業する事です。
いろいろ自慢話や、苦労話もおまけで付いてきます(笑)
挿入上手な武田氏  次々と各部を挿入、手当たり次第に挿入していきます(爆)
ただ、よく先のことを考えての分解作業を実施しているため
流れる様な作業はこの考えからの事であり、段取り8割作業は2割
ヴィッツ専用工具もしっかりそろっていたり。

女性経験の話の真偽は分かりませんが、車の作業はというか作業の質に経験値の差を感じます
と、実質、ここまで作業は休憩も入れて4時間程度でしょうか? 速い速い〜 順調です、
最後に残ったサイドシュー交換、調整作業 ローターを外してサイドシューを見て一言 「簡単な構造だなー」
と、好印象 作業はほいほいと武田さんの独壇場、私見ているだけ

さあ、楽しいファーストインプレッション! 生まれ変わったヴィッツは私の思い描いていた車両へと変貌を遂げておりました
うまいセールストークに乗せられたかのように入れたミッションオイルへのマイクロロン。
これも効果有り、デフの効きもマイルド、バキバキ効かないので抵抗感も少なくトラクションがしなやかにかかります

  ここから新しい側面を見ることになります
いままで何の問題もなく来た作業だったのですが さあ、最後にサイド〜   ぶれーーーき? ???・・・・・き きかない? 全然効きません (T_T) 

あれれー? ここから幾度となく調整の迷路へと迷い込むことに
ブレーキテストしてはテスト、NG
リフトアップ、調整 テスト
リトライ リフトアップ、調整 テスト
(>_<)

(-_-)ふー たばこを一服 リフトアップ 調整 テスト
・・ 片効き? リフトアップ 調整、
調整 テスト NG

(-_-)ふー たばこを一服
(-_-)ふー たばこを二服・・・ と、

幾度となく繰り返した先に見えてきた物は ブレーキの材質の違いからくる方向性の違いでした
で 、結局夜中の1時を回る事に・・・。
妥協する事なく行う姿勢には頭が下がります
  最後にはしっかり両輪でロック じわーっと効くタイプのシューだったとは・・・。
トラブルは有りましたがしっかりフォローしていただき、無事に解決です

ちょっと疲れましたがなかなか良い経験をさせていただきました
ここまでテストしてパーツの仕組みがわかれば、実戦でも トラぶった際に糸口が見えてきそうです

さて、番外編 本番のサーキット走行!もう、これが楽しい〜 求めていたヴィッツの姿がそこにありました
「ほんとの私、デビュー(笑)」
もう、YZの嫌らしいヘアピンをアクセル全開で楽しく走行 ストレス解消ー!!!
乗ってきたのでさらなるタイムアップをねらいます

社長の一言、小さい排気量の車両は進入の車速を維持したまま出口までもっていかないと
タイムでないよ と。
すこし頭に置きながらタイムアタックです
すると、さらにタイムアップ 経験豊かな人の話はちゃんと聞くもんだなー と思う瞬間です

さて、さらに番外編ですが 同じサポート割引のGくん。 こちらもニヤニヤでたのひー さいこー と、エキセントリック状態(笑)

ただ人間、欲がでてきてさらに迷いが出てきます
ここで武田さんに電話で助言を求めると、一言の回答
Gくんが、それを聞いてぼそっと言った言葉が 「武田さん凄いですね、ちょっと言っただけで車両の弱点をアドバイスしてそれも的確なんですから」 と。
かくして彼もさらなるタイムアップ、さらにその先も見えてきたとの事、
こうやってレベルアップしていくのは本当に楽しいですね
基本的に武田さんに相談すると、一言で即答が帰ってきます
この人、本当にわかってくれたのかなー?なんて思うこともありますが、
これが意外とドンぴしゃだったりするので迷える人は相談する事をお勧めします

あ、女性関係の悩みはどうなのかは分かりませんが(笑)
こうなってくると見たいのが武田さんの走り、 走行会も開催決定!美浜サーキットで5月に開催です!(嘘)
次はこれだけ苦労したサイドシューの実戦投入! また武田さんに、凄いですよー とG6で言えます様に(笑)
あ、そうそう、サムーい朝一番でもミッションの入りは 今でも良好です、
すこんすこん入ります MOTULが良いのかマイクロロンが良いのか・・!?


体験記その85

作業…三菱ランサーエボ8GSR サスペンション&タワーバー取り付け
   リヤインナーシュー交換

  ランサーエボ8に乗っている35歳です。先日、サポート割引で、オーリンズ車高調とRIGIDのストラットタワーバー、winmaxのブレーキシューの取り付けを行って頂きました。
仕事が自動車関係なので、かつては実習で車の完全バラシに近い事までやった経験はありますが、実務上は殆どPCをいじっているだけであり、住宅事情も賃貸マンションの駐車場という事もあり、車イジリはやりたくてもやれない状況でした。
しかし自分の車くらい、自分でいじれるようになりたいという思いから、サポート割引を利用させていただきました。

先ずはオーリンズの組み立て、他社製品と違いバラバラの状態で送られてきているとの事であり、それからかかりました。RSとGSRではサスペンションの長さにも違いがあるとの事で、その片側の調整を社長の指示の下、やらせていただきました。特にランエボに関しては、ルーズドッグには豊富なノウハウがあるのでそうした点、非常に安心です。
その後、ようやくノーマルサスペンションの取り外しです。前回車検の時にシャシーブラックの塗装をディーラーでやってもらったのが仇となり、ナットが固着、外すのに大変な事になりましたが、無事外れました。ノーマルは重いという話は聞いた事がありますが、ここまで重いとは。オーリンズの倍位の重さで、しかもサーキットで拾ってしまったタイヤカスがふんだんに載っていました。取り付けは、意外とあっさり済みました。ついでにフロントタワーバーも同時に装着です。かなりの剛性があり、はめるだけでも苦労しました。大変なのはリア側でしたが、こちらも難なく終了。タワーバーもトランクの内張を多少切り欠き、無事装着。ここでお昼となりました。

午後からは、ブレーキシューの取り付けです。これが私の予想を遙かに超えた、難作業でした。ノーマルのシューを取り外すのは、比較的容易に思われましたが、取り付けはかなり大変です。ここはとても素人に手を出せるものではありませんでしたので私は工具を手渡したり明かりを持っていったり程度でした。手の大きい人、指の太い人にも厳しい作業です。 全て無事、取り付け完了ですが、これで終わりではありません。軽く走ってサスペンションを馴染ませた後、アライメントの調整です。これも手際よく行って頂き、その後また、外を走って確認しましたが、ハンドリングの切れ味と正確さに格段の違いが現れました。アライメントも一発で決まりました。次にサイドブレーキの調整です。最初に当たりを付けに軽く社長に乗って頂いた後、微調整です。このブレーキシューは取り扱いに非常に注意が必要ですが、詳細に説明頂きましたので、十分理解する事ができました。そして、ノーマルではウエットで溝の殆どないタイヤでも殆どロックしなかったリアがドライで新品のタイヤでも簡単にロックする様になりました。

こうして朝10時から夕方4時くらいまでかかり一連の作業を行って頂き間近にそれを拝見させて頂きましたが、車を預けて過程を見ずに受け取りに行くだけとは雲泥の差があると思います。取り付けた部品がどの様な特性があり、取り扱い上どこに気をつければ良いのか、調整するにはどうしたら良いのか、等、の理解が遙かに深まりますし、例えば車高調をオーバーホールに出す時には、場所さえあれば自分でノーマルに戻してみようかと思う気にさえなりました。

普段は狭い駐車場に止めているだけなので、せいぜい油量やエンジンルームに何か異常がないか位 のチェックしかできませんがこうして自分の車に間近に接しながら社長のアドバイス等を聞きながら作業ができるのは、非常に貴重な時間でした。オーリンズの性能を十分発揮できるまで腕前が上がったら、次回はフロントデフの交換を実施したいと思います。その際はよろしくお願いします。
貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。


体験記その84

作業…三菱ランサーエボ9GSR
   バケットシート&シートベルト取り付け&リヤシュー交換

 最後のモデルかも…と思ってエボ9を衝動買いしてから1年。
買い物程度にしか使われない現状に 「これではイカン!そうだ!モータースポーツをやってみよう!」
と思い立つに至りました。
 とはいえ、今まで一度も競技をやった経験も無く、車の整備もディーラー任せの 40歳のオヤジには、
何をどうして良いかもさっぱりわかりません。
「とりあえず情報収集を」とネットで検索してヒットしたのがLOSEDOGSさんでした。
 武田さんに「素人のオヤジなんだけどモータースポーツを楽しみたいっす」と伝え
「ジムカーナやってみるには、車をどうしたら良いのでしょう?」と相談し
今回のチューニングサポート割引を利用させてもらう事になりました。
作業項目は、シート+シートベルト+リヤシュー。
武田さんの「最低限これだけやっとけば遊ぶことはできる」というアドバイスの結果 で
「それから先のメニューは、走りこんでから方向性を考えれば良いよ」との事。しかもサポート割引。
家族持ち・お小遣い制の私にはとっても有り難い話です。
で、作業なんですがシートの取り付け以外は、ホントに簡単な手伝いだけでリヤシュー交換に至っては見ているだけ状態でした。ですが、すべてが初めての経験で楽しく作業をさせていただき、車を自分でさわるという事に対する敷居が低くなった様に思います。ありがとうございました。
武田さんの経歴や参戦状況から、専門的なプロショップというイメージですが初心者でも拒まないという姿勢は十分に伝わり、素人の私にも丁寧に教えていただきました。オススメです。
車の準備は出来たので、あとは競技への参加ですが、気楽にモータースポーツを楽しんでいこうと思っています。これからもよろしくお願いいたします。


体験記その83

作業…三菱ミラージュCJ4A MTオイル交換&マイクロロンコンパウンド90注入

 車を買った時からLSDが入っていたので、いつも街中では乗りにくく
信号待ちでは一速に入らない事も多々ありました。
特に毎朝の通学時なんかミッションが全然入らないし(特に二速はほぼ入らない)、学校に着く頃になってダブルクラッチでやっと普通 に運転が出来るような状態でした。
でもまぁ中古車だしジムカーナ車両だからしかたないなってあきらめていました。
だから、正直な話しミッション自体が悪いからMTオイル交換とマイクロロンをいれても、そんなに変わらないだろうなって思っていました。

そして、MTオイル交換が終わって走り出した瞬間にデフのバキバキって感じが無くなって、
デフが死んだかと思うぐらいに滑らかになって乗りやすくなっていました。
さらに信号待ちでもスコスコと一速に入るし、二速→三速の全開でのシフトアップもスムーズだし、
何より朝一で回転を少し合わすと二速にスコンって感じにギアが入るのにびっくりしました。

今回のオイル交換で思ったのは、お金をケチって我慢してストレスを溜めながら乗るぐらいなら、
ケチらずに良いオイルや添加剤を入れてストレス無く走る方が車にも自分にも良いって事を実感しました。
これからオイル交換を考えている方、正直一回分の値段が高いので中々難しいかもし れないですが、
どうせ交換するならプラス何千円か足すだけで、シフトフィーリングも良くなるしMTも痛みにくいし
長い目で見れば全然高くないと思いますよ。


体験記(番外編)

作業…CJ4AミラージュダートラN仕様 ミッション:ノーマル ファイナル:ATS
   MOTUL FF LSD タイプ2 使用感想

 良い事しか報告しない報告でなく、正直な報告をします。

1:LSD特有のバキバキ音が出にくいです
バキバキ音(チャタリング)が出にくいので、
ハ−フアクセル時、 車両の挙動が乱れず狙ったラインを外さずに走行できそうです。
入れた直後から市街地200km走行辺りまでは、 チャタリングは出ませんでしたが、
現状少し出始めてきました。

2:シフトフィ−リングはとても良好です。オイル交換時よりシフトチェンジが良好でした。
寒い時期は暖気をしないとシフトが入りにくい車両ですが、冷感から問題なくシフトチェンジできます。
市街地走行では、シフトフィ−ルは変化しません。安定しています。
競技走行ならびに、連続練習走行時の状態はまだ行ってません。

3:ギアのうなり音は出ます ファイナルギアを交換している為、
ギア交換時より特有のうなり音が発生しています。
このうなり音は大きくなりました。特に停止直前のうなり音が目立ちます。

感想
1.間違いなくチャタリングは消える方向のOILです。
2.LSDの効きはマイルドになると思います。
3.LSDを組んだがチャタリング嫌いな方や、ストリート派は購入をお勧めします!
4.チャタリングは関係ない!ハードにLSDを効かせたいという方には、役不足かも?
5.売値3500円/1L以下希望です!

まだ、競技や練習での連続走行をしていませんので、その辺りは評価できません。


体験記その82

作業…マツダ ファミリアSワゴン4WD サスペンション交換&水温計取り付け

 イジるベースとしては、いかんせんマイナーなファミリア。ミニサーキットを走り始め、足回りを交換しようにも、問題点が2つほどありました。

(1)そもそもサスキットの設定がない。
(2)見てくれるショップはあるの?

……インターネットで色々と検索しているとある時、LOSEDOGSのページが引っかかりました。
「★こんなクルマに乗ってるけど、チューンできるの?そんな悩みは無用というお話」
……この車でも大丈夫そうだな。
「☆チューニングサポート割引」
……手伝えば工賃半額!? コレはやってもらうしかない、と心に決めて訪問させていただきました。

 あれよあれよと仕様決定。やはりキットは設定がないということで、スプリングはオートエグゼ、ショックはエナペタルのワンオフオーダーでやっていただくことに。
そして日は流れチューニングサポートの当日がやってきました。

 まずはフロントのストラット。正直自分が手伝えたこといえばアッパーマウントの仮留めと、アッパーマウントのナットを仮締めしたことくらいでしょうか。重要な作業は武田さんがサクサクと作業されていました。
 続いてリア。ハッチバック車と言う事で、ストラットのアッパー部分が内装で覆われていました。扱ったことがない車種……のはずなのですが、「こうか?」と悩みつつも一部内装を外し、的確に作業を進められていました。
むしろチューニングサポートで手伝っていた私がナットをナメたり、内装の隙間に落っことしたり、武田さんをハラハラさせていたように思えてなりません(苦笑)。
一部外しにくいところもあるようでしたが、「インプレッサみたいだなー」などと仰っている間に外すなど、経験の豊富さも垣間見えました。

 水温計取り付けに関しては、持込だったのですが快くやっていただけました。室内の配線取りまわしなどは私が作業させていただいたのですが、手際が悪く、武田さんのタバコが2〜3本なくなっていったように思います。この場を借りてお詫びしますm(_ _;)m

 最後にアライメント調整を行っていただきました。ここで「おおっ」と思ったことがありました。リフトアップをしてトー調整のナットを回す際、武田さんが「??」を頭に浮かべながら車とツール置き場を行ったり来たり。「あれ〜、21(mm)だ。珍しいなあ」
……どうやらファミリアのトー調整のナットサイズは、通常ではあまりないサイズだったようです。その場はモンキーで作業を行っていただいたのですが、
作業後に『すぐ21mmのレンチを注文されていました。』
あまり作業では使わないようなものでも、のちのち困る事がないよう、問題を解消しておく――これがプロ意識なのだな、と感じました。

「こういう、あまりショップに持ち込まれることがない車種はどうなんですか?」と直接聞いたところ、こう答えていただけました。
「確かにエボとかは早く作業できるけど、触ったことがない車種ってのは僕も勉強させてもらってるようなものだから、ありがたいもんだよ」と。
似たような境遇の方、是非一度武田さんにご相談されてはいかがでしょうか?


体験記その81

作業…三菱ランサーエボ8 RS マイクロロン コンパウンド90注入

 正直な話、イニシャルコストは決して安くないです。
でも、一度入れたら30000〜50000キロは効果が持続するということでランニングコストは安くなるかなって思い、武田さんの言葉を信じて購入することに。結果 は!?

フリクションが減って車が軽くなった感じがします。デフの初期制動がマイルドになった感じです。
ミッションがスコスコ入るようになりました! 効果絶大♪
効果は入れた直後よりも、1週間後、2週間後と時間が経過するほど体感できると思います。
皆さん、お試しあれ♪


体験記その80

作業…三菱ランサー エボ8 RS パワーブレース装着

 クスコ製のパワーブレース装着しました。
先日装着したタワーバーと今回装着したパワーブレースでボディーのネジレ剛性をあげていくのが目的です。
特に欲しかったのは、フロントバンパー内のフレームを連結するバー。
ここを補強するとエンジンルームのネジレが抑制できて足がしっかり動いてくれるのではと考えました。
そこで先日購入したタワーバーがしっかり意味を持ってきます♪
リアも例外ではなく、パワーブレースを装着したので、タワーバーが生きてきます。
アンダーフロアーにもパワーブレースを装着。 ロアアームバーも装着しているし、マウントも強化品にしている。絶対に効果 があると信じて装着しました。 装着は、結構困難でした。 お店のリフトを借りて作業したんですが、純正バンパーなら難なく装着できたと思う。またフロントパイプが純正なら難なく装着できたと思う。そこが純正じゃなかったから追加工が結構出てきました。
しかし、お店の工具をお借りしてなんとか問題をクリアして装着完了。

早速インプレ! 「ボディーが硬いっていうのは、こういうことなんだな!」っていう位効果を実感♪ もの凄くかっちりした感じがします。
レーシングカーや競技車両のように室内にロールバーを入れて、溶接止めすればかなり効果があるのはわかるけど、そうすると【いかにも!】っていう車になっちゃうので、見えないところでさりげなく、それでいてしっかり効果が得られるこのパーツは凄いですよ!
ただ、ボディー剛性が上がったので、足のセッティングを最初から見直さないといけないです。足が決まれば(。??????)ニタァ?


体験記その79

作業…トヨタMR2SW20ターボ マイクロロン コンパウンド90注入

 武田さんの「いいみたいよ。試してみたら?」の一言で入れてみることに。
評判どおり、しばらく走るとシフトから渋さがなくなり、デフからの音も消えていい感じ。

2週間後、ジムカーナ練習会でも相変わらずシフトはスムース。特にシフトダウンは、今まで苦労していた1速に入れる時ですら、ちょっと回転を合わせてやれば吸い込まれるように入ります。
ターンへの進入が楽になり、上達した気分です。
スムースになった一方で効きが心配なデフも、効き始めはスムースながらしっかり効き、前に前によく進みます。
練習会で一日走ると、ミッションオイルを交換したばかりでもデフの作動音が大きくなってくるものですが、今回はそれほど気にならす、効果が持続しているのが実感できます。
ミッション、デフのオーバーホールを迷っているかた、一度試してみたらいかがでしょうか。


体験記その78

作業…三菱ランサーエボ9 GSRマイクロロン コンパウンド90注入

 急遽ミッションオイル交換することになり、迷った挙句ミッションオイルにもマイクロロンコンパウンド90を投入することにした。
以前先輩の車で効果を体感しており、どうなるかワクワクしてました。
最初はこんなもんかあというぐらいでがっくり!
でも走り続けていくと面白いようにスコスコはいるではないか!
次の日の朝、低温時でのシフトフィールを確認したが、これは大幅な変化!!ちゃんと入るんです1速に!
いつもは力をある程度いれないと入りませんでした。
そして走行抵抗の少ないこと。
4駆特有の走り出しの重さが軽減され、車がスムーズに動くようになったような気がします。
燃費がどれくらい伸びるか期待です!
ちょっと高いですが効果を知ると十分納得できますよ!


体験記その77

作業…ホンダインテグラタイプR DC2 タイヤ組み換え

 タイヤの組替えを武田さんのレクチャーを受けながら行いました。
一本の作業のうち一本目を武田さんが行い二本目は実際に自分が行いました。
が、見るのとやるのは大違いでした。
チェンジャーは非常に危険を伴う作業であることを初めて知りました。
また作業の項目も多くまた難しいのでそれなりの技術も必要です。
それとタイヤチェンジャー自体もとても高価なので交換工賃にも納得です。

今まで組換工賃はタイヤを購入する度に「高いなあ、」と思ってました。しかし今は「高い」とは思いません。むしろ「安い」くらいに思ってます。
お忙しい時に(またもや)お願いをしまして本当にありがとうございました。


体験記その76

作業…マツダ FD3S クラッチ交換

 今回FDのクラッチ交換をするにあったって、武田さんに無理を言ってサポート割引きでお願いしました。(また次回もよろしく)
ながくクルマに乗ってはいますが、クラッチ交換なんてやったことがないので、不安ながらもそれはそれで楽しみだったんですが・・・。
結局作業は最近店に来ている見習い兼アルバイト君の教育の場になってしまって、私は見ているだけで・・・ある意味おいしいんですが・・・申し訳ないような・・・ 。
まあFDを教材として貸したと言うことでよろしくお願いします。アルバイト君がやったと言っても、やった後を武田さんが確認しながらの作業なので問題ないです・・・よね武田さん?
 武田さんは基本的に後輩の面倒見がいいので、若手の教育係ってのはあっているんじゃないでしょうか。ただ如何せん口が悪い。もうちょっとソフトでもいいような・・・元従業員のN君じゃないんだから(笑)
まあこれも愛情の裏返しってことで、命に関わることですからね。
最後に。武田さんは言うまでもなくこの道もベテランの域に達しそれなりの地位 もありますが、
たま〜に大ボケかましますんで遠慮なく突っ込んでやって下さい。よろしく。


体験記その75

作業…三菱ランサーエボ8MR GSR
   エキマニ、アウトレット、フロントパイプ交換 ECU現車合わせ他・・・。

 先日エボ8MRのエキマニ・アウトレット・フロントパイプの交換とCPU現車合わせをサポ−ト割引で頼み殆どのボルトが折れた者です。
昨日完成したと言う事を知り、今日車を取りに行きました。 ル−ズドッグに到着すると、既に武田さんは僕が来るのを首を長くして待っていたみたいで、「おはようございます」と言った瞬間に「じゃあそこに座って」とカウンタ−に座りいきなり「68度のサ−モスタッドが入ってるでしょ?」ランサ−は最低76度のじゃないとダメだよといきなり注意を受けてしまいました・・・(汗)
あと量産品の燃料ポンプはバラツキがあって残念ながらOO君のは(僕の事です)あんまり程度がよくないから1**キロ以上の速度でフルアクセルだと壊れるからね〜と脅されちゃいました(笑)

では早速下に行って乗ってみようか〜という事で、下の工場に行き既に火が入った自分のランサ−に乗りました。そこで武田さんは「かなり早くなってるからね〜ニヤッ」と言ってましたので、恐る恐る1号線をフル加速!!しました。これが前の状態とは全くもって違う!!トルクがとても厚みが増しタコメ−タ−の動きが早い早い!!素直に気持ちいい車になってました。(武田さん流石ですっ!!)

「ほんとにこれ俺の車か?」といい意味で唖然としました。(248で走ってる方、白いエボ8でお昼頃にニヤニヤ♪しながら走っていたのはこの僕です決して怪しい人ではないですよ。)そして工場に戻って武田さんに「別 物じゃないですか!?」と言うと武田さんはさぞ嬉しそうに
「今までエボ8まではこのメニュ−をやってたからいつも通りだと思ってたけど8MRのGSRでやると以外に速くてねぇ〜ニヤッ」となっていました。

そして少しお話をして帰宅するまでの道のりですがトルクが上がっているので、いつもは4速でしか走れない所が5速で普通 に走れるようになりビックリです。エボ8MR-GSRにお乗りのみなさんこのメニュ−はかなりお勧めですよ〜興味のある方は是非武田さんにご相談を!!きっと心よく受けて下さいますよ〜。

しかし残念な事に今日嫁が仕事から帰ってきたらしばらくはランサ−に乗る事が謹慎なのでちょっとがっかりかなぁ〜↓まっでも今回はかなり無茶を見逃してくれたのでしかたないですね〜汗トホホ↓


体験記その74

作業…三菱ミラージュCJ4A マイクロロン コンパウンド90の注入

 コンパウンド90のお話を一通り聞き、武田さんが「ミッションのフリクションがなくなったみたいで車が軽く動くぞ」とのこと。実際Sタイヤを履いた車が軽い力で転がる。車を押した先輩もいつもと違うようであれっといった表情。これは試してみるしかない、そう思いました。
数日後オイル交換にLOSEDOGSへ。もちろんコンパウンド90を入れるつもりで。オイル交換終え、15分ほど2速にギアをいれアイドリングさせます。この15分がかなり待ち遠しいです。15分たち車を下ろしガレージの外へ。バックギアへシフトしたときいつもと違う感覚が。いつものゴクッといったシフトフィールがスルンになっています。
これは凄い。帰りの車の中ではニヤニヤしていたと思います。このシフトフィールはいいですよ。
スルスルになってフリクション感が消えた感じです。かなりお勧めです。


体験記その73

作業…トヨタランクス ステアリングラックブッシュ交換
   ミッション交換(ヘリカル→機械式)

 ヘリカルLSDの取り付けをしてからステアリングの遊びが気になっていた。
C-ONEスポーツのウレタンステアリングギアBOXブッシュを入れようと思い、HPを見ているとギアBOXの交換とあり、調べてみるとセリカのギアBOXが付くかもしれない。
C-ONEに確認を・・・やっぱり教えてくれないし、埼玉まで行かないとやってもらえないし
移動費、工賃を考えると高い。
なんとかセリカのギアBOXを入手したものの自分でやるには不安がいっぱい
信頼できるショップも知らない私はどうすることも出来なかった。
インターネットを見ていた時にルーズドッグを発見、そこにはサポート割と?! 工賃も安くなり知識もつく!
なんてすばらしいシステムだ〜。
早速電話し翌日伺う事にした。まずは相談を・・・。付くか分からないないギアBOXを見て「ホントに付くのこれ」と聞かれるが分からない私は「多分・・・」としか答えられない。
ボルトの取り付け位置がだいたい同じだからいけるかもと言う事でなんとかやってもらえることに。
作業の日お店に行くと武田さんはパソコンに向かい仕事中。一時間ほどして武田さんの「やろうか〜」の一言でピットへ行き作業服に着替えて作業開始。

まずはボンネットを開けて上からエンジン廻りを取り外し、武田さんに工具を渡され取り外す部品の指示を受け僕が作業を行う。取り外しが終ると次の指示が、僕が作業をしている間に武田さんは「う〜ん・・」と呟きながら次の手順を考えている。作業で手一杯の僕に武田さんの的確な指示で作業は順調に進む。
多少自分でも作業はできるもののプロのアドバイスがあるのとないではおお違い!!
渡される工具も的確で作業もスムーズ。
プロと素人の違いは、分解時から組む事も考えている事だとおもった。タイヤを外して下廻りをここから武田さんも作業に加わりステアリングラックを外す作業に入った。
武田さんもこの車をやった事がない為かなりの悩んでいたが段取りが決まると指示をだしてくれる。出来る作業は自分で行い無理な時には武田さんに助けてもらいながら作業は進んでいく。
車内からラックを切りパワステのホースを外してオイルを抜きながらお昼に!!
 ご飯を食べ終わり一時ぐらいになり作業再開かと思うと「まだ休んでていいよ〜20分ぐらい寝るのが恒例だから・・・」となれば、すかさずPS3を要求!!気になっといたでかいテレビにステアリングコントローラー。そしてバケットシートに座りReady Go!
夢中になっていたら早くも二時に・・・武田さんも目を覚まし、ドライバー武田のリプレイを拝見。良くこのコントローラーでこれだけの走りを、流石です。
と、遊んでもいられないので作業に。
午後からはメンバーをラッピと一緒に降ろし、ミッションも二人の力で問題なく降りるはずだったが降りないノックピンまでは外れているのだが・・・武田さんがバールで力ずくで外すとインプットシャフトが錆びている、どうやら前回グリスを塗り忘れたようだった。そのままミッションを載せ変えマウントを固定。
本題のステアリングラックを組み換え、まずは並べて置いて見るとサイズは同じラックエンドの長さが違うが調整でなんとかなりそう!!純正ラックブッシュをプレスで抜きウレタンブッシュを組み付ける。ここからはプロの勘と経験でステアリングのセンターを出しながら組む!
組み付ける指示をしてもらいながら作業を行う。下廻りができると、別のお客さんが来たため最後の組み付け指示をして二階へ行ってしまった・・・。
後はオイルを入れて上回りを組むだけだからと思い淡々と作業!!
 最後にエアクリboxをと思い組み付けるが配管が一つ浮いている・・・付ける場所がない。
武田さんを呼び手伝ってもらうことに、武田さんも作業していない為、悩んでいたが長年の勘でなんとか組んでもらいました。ありがとうございます。
エンジンをかけて油漏れチェックとパワステのエア抜きと、車を下ろして先ずはトー調整を三回ほど調整しただけでテスターは0を示していた。
次にハンドルのセンター調整。こちらもたった一回であわせちゃってました。恐れ入りました。

大変良い経験になりました。また宜しくお願いします。
長くなりましたが、簡単には自分一人では不安な人はお願いしましょう。
マイナー車の人もお願いしましょう。


体験記その72

作業…三菱ランサーエボ8MR GSR
   エキマニ、アウトレット、フロントパイプ交換
   (別名、打者一巡の猛攻撃とも・・・汗)

 今日はとても面白い体験をしました。
まず朝の9時30分にル−ズドッグに到着し10時くらいからさぁ作業開始!!
しかしこの先に幾多の困難があることも知らないで・・・

僕はまず武田さんの指示に従いアンダ−カバ−の取り外し・エンジンオイルの抜き出しをしました。
僕は普段通りに(某ディ−ラ−で働いているので)作業を開始し、その間に武田さんは ク−ラント等を抜く作業をしていました。そして僕がオイルのドレンを閉める時に「そんな固く閉めなくていいよ。」と一言。
閉めすぎると逆にオイルが滲んでくるという事を教えて頂きました。 いつも自分がしている事でも案外知らない事はあるもんだなぁと思い武田さんに安心感と信頼感を持ちました(ごめんなさい。最初は不安に思ってました。)そして下廻りをバラして今度はエンジンル−ム 内の作業です。
まずサクションパイプ等を僕が外し武田さんは遮熱板等を外しました。(さすがです前日車を持ち込んだ時点で潤滑剤を噴いていましたからサクサクと外しておられました。)
さぁこれからが地獄の始まりですよ!!

サクションパイプ等を外した後で「じゃあ次は触媒とマフラ-を分割しようか」という事でリフトを上げ僕に工具を渡し僕はネジをレンチで外し始めました。 「ぬっぬっ」あれ?ネジが回らないですよ。と武田さんにバトンタッチそして地獄の1丁目の事件は起きたのです!
武田さんは悪戦苦闘!!そして武田さんの顔を見ると薄ら笑いを浮かべて(失礼な事を言ってごめんなさい!)「これ折れるねっ」と言って僕に「はい」と言って工具を渡されました。
そしていつもの儀式!?をして結果4 分の4ネジがぶっちぎれ惨敗です↓

その惨敗の触媒が降りた瞬間武田さんは「あちゃ〜」「今まで第3世代のランサ−やってて触媒のネジが 折れるなんて初めてだよ〜(><)」と断末魔の叫びでした。で修理するOR思い切ってスポ−ツ触媒にする?と言われたので(この時点で僕も少し壊れました精神が。)どうせ直すのにお金がかかるなら と触媒も変更でと交換になりました。(その数時間後・・既にこの時点で嫁に怒られました・・・汗)

そしてなんとかフロントパイプはサクッと外れ、さぁ今度は地獄の2丁目です。
リフトを降ろしタ−ビン本体の取り外しです。 まずアウトレットの取り外しですが武田さんと僕はもう予想していました。「何かが起こる!!」と。そう、アウトレットのネジがこれまた固い固い!!二人で即席超ロングエクステンション&ボックスでネジを緩めて いい音がしたので「外れた!!」の声でしたが違いました。そう、またです今度は4分の3ネジが折れました。もうこの時点で二人はもう全部折りますか!!の勢いです。(二人とも完全に壊れました・・♪)

さてこの調子でパキパキ折りながらやっとタ−ビンが外れてきました。しかぁ〜し!!これで今日は終わりません地獄の3丁目です!O2センサ−を外すという事で外し始めましたがっ!!「あの武田さん工具が負けてます・・。」のセリフに 「えっ!うそ〜ん!?」の会話になりハ−ネスをブッタ切って22のメガネでまわす!回らない、そしてハンマ−で叩きながら回す!「パッキ−ン!」そう折れたのです・・・O2センサ−が、これには二人とも唖然、呆然でした。
武田さんは素でビックリ!?してました「この業界にいて長いけどO2センサ−が折れるなんて初めてだよ〜」と断末魔の叫びは今日二回目です。そして諦めてO2センサ−を発注です。

そしてぼろぼろ(人間の方です。)の状態でエキマニだけはなんとか普通に外れてきました。
この車は中古で買ったのですがどうも前のオ−ナ−の方もエキマニを変えていたようでそれを請け負ったショプの方がオ−バ−トルク&焼きつき防止剤の塗布を怠ったための結果 でした。 みなさんも信用できるショップでの作業をお勧めします。じゃないと地獄をみますよ!!(一番地獄を見たのは武田さんですが・・・汗)

しかし作業中武田さんはしっかり作業のひとつひとつを怠る事がなく信用のできるショップだと思います。
最後には幾多の戦いを共に過ごした工具たちをを綺麗にしていましたし。(見てるだけで勉強になります。)
次回の作業もお願いしようと思います。
そして武田さんはとても親切でやさしい方なので作業に自信がないかたでも大丈夫だと思いますよ。案ずるより産むが安しです。どうぞ体験してみてください。工賃半額は熱いですよっ!!

追伸・余裕で今日のことがバレて嫁の頭につのが生えていました・・・(隠れて書いたのに〜!!)


体験記 超番外編2

内容…LOSEDOGS新年会3次会!?新人Mの場合。

 今新年会の盛り上がりも最高潮といったときに猥談になりヘ○スへ連 れて行ってもらえることに。
以下その体験談を書きます。

二次会も終盤に差し掛かりお先輩から後々に響く大事な助言が 「あんまり飲みすぎるといけなくなるぞ。」というお言葉をもらい、すでにしっかり飲んでいる自分を恨むも、ご無沙汰だし大丈夫と思っておりました。甘かったです。

いよいよ二次会も終わり武田さんに 「M、いくぞ!」 との掛け声とともに、高みを求めいざ出陣。早速お店に入り、どきどきしながら待合室へ。
待っている間、武田さんにエロ雑誌を渡され、気合を入れること数分、店員さんに呼ばれ女の子とご対面。印象としては、『高校時代こんな 同級生いたな』といった黒髪のおとなしめの感じ。個室に入り早速、店員さんに言われたとおり残りの半額を女の子に渡しシャワーへ。
鏡越しに映るパンツを脱いでいる自分の姿に、少々萎えながらも、ささっと脱いで体を洗ってもらいプレーへ。お酒を飲んでたせいか、体があったかくて気持ちがいいとのこと。そうこうしている内に、女の子の頭がありえない位置に。あんな場所で 頭が動いている。だんだんと気持ち良くなってきた!でもいけない。先輩の助言のとおりと思い、飲みすぎの自分を恨む。
でもやっぱりプロですね、アラームが鳴る直前時間ぎりぎりにいかせていただきました。気持ちよかったです。ありがとうございます。最後にシャワーを浴びているときに私を見て一言「何か、全ての覇気が抜けてるよ。」確かに抜いてもらいましたが、そんなに脱力しているとは、かなり油断してました。

最後に帰りのタクシー代までいただき大変ありがとうございました。気持ちよかったです!


体験記 超番外編1

内容…ルーズドッグ 新年会体験記。

 「爆発するぞ!」という武田さんからのメール・・・。それは新年会を催すという内容らしい・・・。
私も酒は嫌いではない、いやどちらかというと好きなほうだ。もちろん参加する方向で返事しておいた。
しかも2次会も込みで、かつ宿泊施設つきだ。何とも不安な予感がしたが、そんな不安を払拭する位 に 面白く、素晴らしい名言まで聞けるという素晴らしい新年会だった。
 私は、新年会当日11時過ぎ頃に家を出発した。私の住まいは大阪、ここから安城市までは約3時間ほどの行程である。ゆっくりと走ってきたので15:30頃に到着した。
ルーズドッグのホームページにある通り店は大盛況である。しばらくお客さんの車を眺めてから、2FにあるPS3の画像を見ていた。そこから新年会参加者が集まり始め、数人がグランツーリスモで遊んでいた。仕事が終わりご飯を食べていた武田さんが、グランツーリスモによるドライビングレクチャーを行っている。
「コーナーではアクセルかブレーキのどちらかを必ず踏んでいなければならない。状況によってアクセルとブレーキを素早く行き来させないと駄 目だ。」「なるほど、そうなんですか!」
勉強になるなあと思って聞いていると、とんでもない事を言い始めた。
「アクセルとブレーキの間にク○ト○スがあると思え。足でそこを撫でるのをイメージすれば素早く踏みかえられるはずだ!」
 何を言っているんだ、この人は!と思ったのも束の間、周囲は大爆笑!
すでにこの人は「爆発している」と感じさせる一幕だった。これから私もその考えに基づき運転することを心に誓った・・・。

そして新年会では和気あいあいと進み途中ゲームやプレゼント大会があり、2次会ではカラオケ大会が催され大変有意義な時間を過ごす事が出来た。同じクラブ員でありながら顔なじみになってきた人や、初めて会う人とも仲良くなれたことが大きな収穫だった。
私は近畿支部長という肩書きになっている通り大阪から来ています。数年前は地元大阪の某ショップのクラブに入っており、そこは結構敷居が高くて正直馴染みにくい雰囲気がありました。
カーショップのクラブとはそんなもんなんかなあと思っていて、ルーズドッグのクラブ員になるのも少々躊躇っていたのですが、武田さんの人柄から悪い雰囲気にはならんやろと思ってクラブ員になりました。
そこは全く次元が異なる位に良い雰囲気です。
これから競技をやってみようと思う人は是非このクラブに入ってみる事をお勧めしますよ。 !


体験記その71

作業…三菱ランサーエボ9GSR リヤデフ組み込み&デフマウントスペーサー交換

 エボ9GSRに乗り換え早半年、サーキットにジムカーナにいろんなステージを走ってきたが、とうとうひとつの決断をすることにした。
Rr.デフを機械式に変更しAYCとおさらばすることである。
路面の状態がよくグリップするときはアシストが効いてコーナリングしやすいのだが、路面 状況が悪くグリップしないときにはRr.の挙動を補正しきれなくなり不安定になる。うーん・・・簡単に言えば思い通 りに動かないときがたひたびあるってことである。(汗)

いつものように武田さんにお願いした。しかしやはり予算不足なのでいつものようにサポート割引なのである。タイヤを外しリフトアップすると前回に続きまたも不具合発見!!
トランスミッションからオイルがたれていたのである。
たまにはリフトアップして自分の車の下を見ることをオススメします。きっと何かが見つかるよ!(笑)

RSのRr.デフ交換の時に使った秘策で作業をすすめていくが問題発生! デフケースのボルトが一本メンバーの影に隠れて外れないのである(汗) 結局メンバーごと降ろすしかないのかなあっと思ったが武田さんは冷静だった!
少し手を加えて(いくつかボルトを外し)なんとかデフケースのボルトにたどり着いたのである。本人曰く「こんなにはずさなあかんの」と不満気であったが・・・今日も匠の技が見れました!
これはサポート割引の一番のメリットですね!

同時にデフマウントスペーサーを装着し、今話題のマイクロロンコンパウンド90を注入!GSRはデフのオイル容量 が少ないので保護が目的です。試運転で既にフィーリングの変化が感じられたので次回の走行が楽しみです。
ルーズドックはエボのお店というイメージが強いですが、武田さんのノウハウはほかの車種でもかなりのものですよ。日誌ではちょっとへんなオヤジですが(笑)
是非みなさんも匠の技を間近に見てみてください!


体験記その70

作業…トヨタMR2 5型 SW20ターボ マイクロロン コンパウンド90注入

 左のドライブシャフトが折れてしまい修理をしたものの、直後LSDからバキバキと異音と振動が発生するようになり2005年10月のSW復活プロジェクト(武田BOSS日誌参照)以来、久しぶりのルーズドッグ訪問となりました。

まずは、武田さんが助手席に乗り異音を確認することから始まりました。その異音からミッションオイルが怪しいということでオイル交換をすることになりました。入っていたオイルは新品のMOTUL GEAR FF-LSD TYPE2の「はず」でしたが、オイルを抜いている時に「このオイルの色覚えといてね」との武田さんの言葉。あとでルーズドッグのGEAR FF-LSD TYPE2と比べると明らかに色が違う!(怒)
どうやら「それ」が異音の原因のようです。音を聞いただけでオイルと見抜いた武田さん、さすがです。

ルーズドッグにてGEAR FF-LSD TYPE2に交換するもすでにLSDがダメージを受けているようで変化はなし。オーバーホールを覚悟した時、武田さんさんから「赤い液体」の容器を渡されそれを振ること数分。それをミッションへ注入し、30分走行してきてとのことでした。

走行直後・・・・・まったく変化なし。バキバキとなっている。
走行10分後・・・しかしひどい。バキバキ音というより明らかに壊れている音と振動です。
走行20分後・・・不思議とバキバキ音が静かになり始める。
走行30分後・・・えっ??消えた!!完治!!まさか??
走行35分後・・・そんなばかな!!信じられないのでそのまま走行〜(笑)

どうやっても絶対にバキバキならない!どころかLSDの効きもマイルドに!この時点で笑いが止まりません。

その赤い液体こそがマイクロロン・コンパウンド90でした。
過去にも添加剤は色々体験しましたがここまで効果が体感できる添加剤は初めてです。「添加剤=入れたからには効果 がなくてもなんとなく効果が出た気になれるもの」という過去の経験が吹き飛びました。
まさにこれは魔法の薬です。また注入後明らかにシフトが軽くなりました!
もともとこのミッションは「SWの達人武田」さんの手によって組まれたクロスミッションなので、オーバーホール後2年たった今でもシフトは信じられないほどスムーズに入ります。そのシフトフィールががさらに良くなるなんて驚きです。超お勧めの添加剤です。(クロスミッションもお勧めです!SWがさらに楽しくなりますよ)

余談になりますが、「達人武田」のSW20は本当にすごいです。この車が現役のデモカーであったころこの車は私の憧れでした。武田さんのチューナーとしての「腕」に惚れて今この車に乗っています。SWも生産完了から数年経過し今や昔の車となろうとしていますが、この車には乗り続ける価値があります。デモカーであったことよりこの車の初代オーナーが武田さんだったということに敬意を表し、これからも大切に乗り続けたいと思っています。


体験記その69

作業…三菱ランサー エボ3 GSR クラッチ交換、
   クラッチフルード漏れの予定だった!?

 今回はクラッチ交換とエンジンオイル&クラッチフルード漏れの修理…の予定。
何時までかかるかな〜と遅くなるのを覚悟しつつも、直ったらガンガン走ろうと思いながらLOSEDOGに向かいました。それがまさかあんなことになるとは…。
少し遅れながら到着し、エンジンが冷めるのを待って作業開始です!
まずバッテリー、ターボの配管等を武田さんの指示を受けながら外していきます。さすが12年物…ボルトは錆び頭がぼろぼろ… 不器用ぶりを発揮しつつもなんとか外し武田さんにバトンタッチ。
ミッション周りのボルトを外す武田さん、、、時々「ふっ!」と声が漏れます。
やっぱり固いんですね…12年という時の重さを感じます。しかしもっと大きな問題はこの先に控えていました。なんと!ボルトが折れたのです。ポキポキと4本も…
結局そのおかげで作業は進めることができず、残りは次回に…。ん〜 へこみつつも直すことに決めましたが、「古い車に乗り続けるにはお金がかかる」との武田さんの言葉にかなり納得でした。
手のかかる車&オーナーですが、次回またよろしくお願いします。


体験記その68

作業…トヨタMR2(5型)SW20ターボ 
   LSD、クラッチ、クロスMTの組み込み エンジンマウント交換

 こちらをご覧ください。


体験記その67

作業…トヨタセリカZZT231 SS マイクロロン注入

 LOSEDOGSのウェブサイトでふと見つけたマイクロロン。
今まで添加剤の類には一切興味がなかったのですが、何故か気になってしまいました。しかしどうしても「添加剤って本当に効くの?」と思ってしまいました。
ところが調べてみると、マイクロロンは添加剤というよりは表面処理に近く市販の添加剤とは全く違うものだということが分かってきました。

効果はてきめんで、下手なパーツなどよりも違いを感じる事が出来ます。しかも添加剤と違い、オイル交換などで効果 は失われないというのだから、これはもはやれっきとしたチューニングのひとつとして捉えても良いほどです。
効果は数字にも表れ、MLMでは30秒をとうとう切る事が出来ました。
処理をしてから3千キロほど経ちますが、もちろん未だ効果は持続しています。


体験記その66

作業…ホンダ インテグラ DC2タイプR LSDオーバーホール
             クラッチ交換、リヤブレーキキャリパーO/H

 今回は会社の同僚の紹介です。(私は転勤族で愛知は来たばかりです)
年末年始の忙しい時にお願いしました。お疲れのところありがとうございました。
作業はクラッチ交換とLSDのオーバーホールを年末に、リアブレーキのキャリパーオーバーホールを年始に行いました。
作業自体は難易度が高いところは武田さんが、比較的やさしそうなところは指導をうけながら私もやりました。
おおむね順調に進みましたが途中に難問がいくつかありました。
しかし武田さんはそれら難問を最終的には必ずクリアしました。
さすがでしたね。

また作業日など無理なお願いを聞いて頂きありがとうございました。
武田さんは前日も休日返上で明け方まで仕事をされていたと聞き体は大丈夫なのかと少し心配です。
(ご本人はその辺の裏技?もお持ちらしいのですが)

さてサポート割引の最大のメリットはもちろん割引ですが他にもあります。
まず自分も作業に参加しているので武田さんの指導のもと色々な技術を習得出来ること。疑問点をどんどんぶつけてみたりするのもいいですし。また車への愛着も強くなりますよね。
それと武田さんから休憩のときなどに車のこと、競技のこと、人生のこと、その他???など色々な話が聞けてとても為になりますよ。
チューニングサポートは普段なかなか無い楽しく有意義な時間が過ごせると思います。


体験記その65

作業…スバルインプレッサGDB−C クラッチ&LSD組み込み

 前からルーズドッグさんはG6ジムカーナの主催ショップとしてイベント等に参加させて貰っていて知っていたのですが作業などはして貰ったことがありませんでした。
ジムカーナをやっている内にとうとうクラッチがご臨終になってしまい、交換をしようと思いそのついでにFデフも組んでしまえ!と思っていたのですが、なかなか安く良い所が見つからなくて、会社の知り合いの方がルーズドッグが安いよ〜って話をしてくれていたのを思い出して、早速お店の方に見積もりに行かせてもらいました。
一見さんの私にも掛からず武田社長は丁寧に対応していただいてくれて大変嬉しく思いました。
見積もりを取りに行ったその日に部品を発注、そして作業予約も入れてしまいた(^^ゞ
その際に武田社長からチューニングサポート割引の話を紹介していただき、尚かつ工賃も安くなるならやってみようと思いそちらもお願いしました。
作業の前日に車を持っていって一日ルーズドッグさんに放置。
車が熱を持っていると作業しづらいための処置でした。
で、肝心な作業日はAM9:30頃にお店に着くように行き武田社長がメールの処理をしている内に10:00ぐらいになったのでそこから作業の開始です。
作業自体は凄く高度な事をしているのですが、肝心な所は全部武田社長が作業し、私の作業は非常に簡単な事ばかりです。チューニングサポート割引を体験された皆さんが書かれているように、作業はタービンの遮熱板外しや部品の運搬。外したボルトへのネジロック材の散布等ほとんど自分の車を弄ったことがない人にも出来るような作業ばかりですので、これからやってみようと思っている方には安心な内容です。
内容もそうですが、作業するときには武田社長が親切丁寧に教えてくれますので何も心配は要りません。

作業は比較的順調に進んでいたのですが、いざMTをエンジンから外そうと…。これがなかなか外れないんです。 エンジン側に付いていないといけないノックピンが錆びて、MT側と引っ付いてしまっていて全然外れない…。マイナスドライバーでこじったり、揺らしたりしたんですがビクともしません。
いつまで経っても埒があかず、仕方が無いので脚立を使ってエンジンルーム側からノックピンを叩いてなんとか外す事が出来ました。この作業が遅れてしまって、ここでお昼になりました。
MTが外すことが出来たらあとはこれをバラしてFデフ組み込みです。
Fデフ組み込み自体はかなり速く組み込む事ができ、クラッチ板とMT側のインプットシャフトにグリスを散布してわずかなバリを取る作業をして頂きました。これをするとしないとではクラッチをきった際に踏力が全然違うと説明を受け、こんな小さな作業にまで事細かく気配りしてくださる武田社長に脱帽です。
クラッチ自体もすぐに組み上がり、今度はMTの合体作業です。
ココが作業の山場らしかったのですが、外した時とは裏腹にすんなり合体してしまい武田社長のスンゴイ?テクを拝むことは出来ませんでした(笑)

MTが合体できてしまえば、あとは外した部品を順番に装着していくだけでした。
作業自体が終わったのは21:30頃で、そこからリフトに上げた状態で慣らしをして、
試走に行ったのが22:00前。最終的にお店を出たのが22:20位だったと思います。

チューニングサポート割引は一日が長いと思うか短いと思うかは個人個人違うと思いますが、
普段自分の車を触ることの無い方でも十分参考になり、充実した一日を送ることが出来ると思います。
武田社長には親切丁寧に作業していただき、とてもありがたく思っています。
また作業する際にはチューニングサポート割引を利用したいと思います。


体験記その64

作業…スバルインプレッサGDB−E シートベルト取り付け ブレーキパッド交換

 今回2回目の体験記でレポートです。
通勤快速仕様に着々とモデファイしていただきすっかり、運転が楽しくてしょうがない今日この頃です。
そんな中、会社の後輩に連れられてサーキットを始めて同乗走行して年甲斐もなくやってみた くなりました。
早速武田さんに相談したところブレーキパッドとシートベルトを交換するよう薦められ
今回もお任せでお願いしました。
共に交換については難しい作業ではないとは思 いますが、初めて自分でやることの意義は十分ありました。
今回も勉強させていただきありがとうございました。 ついでにオイル類も交換していただき、さあ準備万端! ところが年が開けてまだサーキットデビューしておりません。
つけるだけ番長で終わりそうです。ちゃんちゃん。

武田コメント:今年はサーキット走行会も復活!させますので、無理やりデビューさせますので、
       ご心配なく! 楽しく走りましょう!


体験記その63

作業…三菱レグナムVR−4 マイクロロン添加

 こんにちわ、最近出入りさせて頂いてます、営業のもんです。 13年も前に33S(知ってるかなぁ?)でGA2に挑んでから、ぼちぼちとジムカーナをやってました。
今は無きスピマイにも名前を載せられるようになった時期もありましたが、今は年に一回、信州スポーツランドの6時間軽耐久ダートラに参加するのみです。
今はのんびり、三菱レグナムVR−4(AT)に乗っていますが、先日お仕事(なの?)でお邪魔したときに、マイクロロンを薦められて、早速その日に手順どおりエンジンオイルとフューエルタンクに注入。 走行距離は12万キロを走破(営業なので・・)しているが、まだまだ元気に4G63に離されながらもついて行こうとするV6であります。
規定どおり注入後30キロほど、慣らしをして現在まだ200キロほどですが、エンジンの吹けがいい!と体感的なことは、誰もが言いそうでなので、メカニカルな点でひとつ。ATがついて来ない・・これは明らかにおどろきましたねぇ。タコメーターが踊りっぱなしになりそうなほど良く回ります。これには少々心配なほどエンジンが元気になってしまいました。燃費は、只今計測中なので追って報告します。
たまには、サイドを引きまっくってみたい今日この頃です。
つづく・・・。


体験記その62

作業…三菱ランサー エボ7 GSR クラッチ交換、バッテリー交換

 少し前にメタルクラッチに交換したのですがフィーリングが 合わず、再度クラッチを交換することにし、今回もサポート割引でお願いしました。
作業は前回と同じく部品を持ったりボルトを外したりといったお手伝いですが、一回目の時に色々と教えてもらいながらの 作業だったこともあり、この間よりは少しはスムースにお手伝いが出来たように思いました。
また前回と同じく作業しながら色々なチューニングの話が聞けて面白かったです。その中で、簡単なチューニングでバッテリーの強化の話があり、特に問題があった訳ではないですが一度バッテリーをあげて しまっていたので思い切って交換してみました。今は全開で走る機会があまりないですが、エンジンが全体的に元気になった感じで街中を走る時などでも今までよりはひとつ高いギヤで走っている場面 が多いように感じます。
ちょっと後悔しているのは一度に色々と交換すると個々の差が体験し難いこともあり、セットで工賃がお得な作業は仕方 ないですが、バッテリーの交換などは、せっかくなので交換前後の違いがもっと体感できるように時期をずらして単独でしてもよかったかなぁ と思っています。


体験記その61

作業…ホンダシビック EK9  エンジンマウント交換 ・ブレーキフルード交換

 平成11年式の我が愛車シビックR、シフト操作時やエンブレ時にエンジンがしゃくれるように振れる感じが我慢ならなくなり、2006年のクリスマスイブに愛車シビックへ無限製エンジンマウントを装着しました。 勿論サポート割引でお願いしました。 事前のネットによる下調べで、全部で五つあるマウントのうち、バルクヘッド側のマウントの交換がかなり厄介との事。ディーラーではテクニックがない(経験を積んだメカマンはフロントに異動してしまう。実際の作業者は下手するとマウント交換経験など・・?)し、武田さんなら少々厄介でも経験とカンで軽くこなすだろうと期待して依頼しました。

作業はイキナリバルクヘッド側マウントからスタート!そしてやはり苦戦!ヒーターやら何やらの配線がマウントへの道を険しく阻み、さらにさすが古い車だけありマウントとボディを留めるナットが固着して緩まない始末。せめて手が入るスペースがあれば・・ 「この・・!×××!」気合いを入れるボス武田。結果、長ーいエクステンションを巧みに使って無事ヒネリとりました。しかし・・・この頑固なサビ固着ネジは1つではないところが泣かせる所以。

そんな時にもあせらず力任せにせず、丁寧に作業する姿勢にプロ意識を感じざるを得ません。 やっとこ固着もとれて、さあ交換・・できません。どこまで厄介なのかコヤツは。 エンジンとマウントをつないでいたブラケットが邪魔してマウントが外れない! するとすかさずリフトを上げ、下からブラケットをずらして解決!ここでブラケットを留めていたボルトを緩める作業が今日初のサポートでした。簡単・・いいのか・・。 リフトを下げてからは配線に邪魔されつつも(相当邪魔してくる。知恵の輪状態)交換終了。 文章にするとカンタンですが、ヘタなディーラーに頼んだらそのまま一晩泊まってしまいそうな気がします。やはり経験でしょうかね。


あとのマウントはなんの問題もなく交換できました。 最後に、マウント位置決めのため仮締めしてあったすべてのボルト、ナットを本締めして終了〜! その間、サポートしたことは、所々のボルトを緩めたり締めたり、タイヤ脱着したり。 簡単なサポートです。誰にでもできます。三回目のサポート割引でしたが、毎回勉強になります。なにより自分の車をより理解できるので楽しいですよ。 外したマウントは無惨な姿。特にバルクヘッド側のマウントと前側2つは、ゴムの劣化が進んでちぎれていました。そりゃ〜しゃくれるはず。交換後は乗り出してすぐ一体感がでてナイスフィーリングです。 また面倒な作業をお願いしますのでよろしくたのみます(笑)

エンジンマウント交換と合わせてフルード交換も。ひたすら合図にあわせてペダルをダフりまくる!疲れる・・・。しかし! ウインマックスフルード1缶と工賃合わせて7千何百円くらいでした。 このお店はジムカーナデモカーがエボ、オリジナルパーツもランエボ用がメインなので、シビックの作業を頼むときはシビックでもいいのかなぁ? と思いましたが全くの杞憂。むしろ、HONDAのお客さんも沢山いるので安心して車を任せられます。 これからも頼みます。


体験記その60

作業…日産 スカイラインV35セダン サスペンション交換

 今回の作業はスカイラインV35セダンのサスペンション交換をすることを決意。
ショップを探し始めましたが、 この車はマイナー車の為、専門的に扱っている店もなく、V35の文字もほとんどありませんでした。こうなると自分で取り付けるためガレージを借りようかなぁっと検索をかけ始めたところLOSEDOGさんが見つかりました。そこにはチューニングサポート、工賃半額の文字がありこれしかないと思いました。
正直自分の中にショップの人の腕、経験などがわからないところに任せきれないところも少しあり、見ながらやれるなら心配いらないってのもありました。また、サスペンション本体も激安通 販とそれほど大きく変わらず、 お世話になるLOSEDOGSさんで準備頂きました。

作業の方ですが、タイヤの取り外しとショックの上部ナット外し以外、武田さんがやり、自分は作業をしたうちに入らない程度です・・・
あっという間にショックを取り外し、純正ショックからブッシュ等など流用部品を取り外し、交換するショックへ組み付け。この辺はほんとに素早く、また、慣れているため何の問題もなく終わりました。色々細やかなコツもあり、この辺は自分でやってたら知らずに組んでしまっていることでしょう。
整備解説書も持っていったのですが、これが役に立たないこともよくわかりました。途中の問題としてはリアのバネを取り付ける際に下側の支えがフリーにならず、ちょっと苦戦しましたが、長年の経験で無事クリアーし、作業を終えることが出来ました。 武田さんの腕もこの目で見ることが出来たので、安心して任せることができると思いましたが、工賃半額は魅力的すぎ、次の機会もチューニングサポートを使います!!


体験記その59

作業…マツダ RX−7FD3S スプリング交換

 以前からHPを拝見させて頂き、機会があったらサポート割引を利用したいななどと思っていた矢先、以前から仕様変更を目論んでいたフロントスプリングに関して、ヤフオクでちょうど良いバネレートのモノを手に入れたので、今回思い切ってお願いさせて頂きました。
 車の仕様はジムカーナN3車輌で、エルシュポルトのAJ2にベステックススプリングF14kg・R16kgがセットされているモノをF16kgのバネに変更するという作業です。いつもそうなのですが、初めて訪れるチューニングショップという所は、なんとなく敷居が高く落ち着かない感覚があります、今回も例に漏れず少し緊張しながら訪問し、すぐに作業開始となりました。
 まずは車をリフトアップし、フロントタイヤホイールの取り外しからです、ここでインパクトレンチをお借りしナットを緩める作業を指示され、緩めた後にリフトアップ、そしてナットを取り外した際に、その後タイヤを外すとき武田社長からタイヤホイールの持ち方についてダメ出しを頂きました。
 私はホイールのスポーク部分を持っていつもタイヤを外していたのですが、社長がおっしゃるには、「その持ち方をしていて誤って落としてしまったら、一緒に指も落ちちゃうよ」との事、実際にそういった方を見た事があるそうです、素人が深く考えもせず見よう見まねで作業してるとあかんな〜と痛感した瞬間でした。
 その先はフロント車高調の取り外し作業となるのですが、ここからは社長中心で作業頂き、私はほとんど横で見ているだけという感じでした自身で作業した部分は上部のナット3つを緩めただけです、で、前にオーバーホールで脱着作業を行ってから2年余り、やはり下回りのボルト部分などが固着しており取り外しに少し難航しておられましたがやはりココはプロ、工具を駆使されながらバッチリ取り外し作業完了です。
 そして次に車高調からバネを取り外し新しいバネを取り付ける作業ですが、ココも私は出る幕なく全て作業頂く形となりました。難なくスプリング交換を終えられると、今度は車への取り付け作業、ココも組み込みや下部の取り付けなどは全て社長に作業頂き、私は上部のナットを3つ取り付けしただけ。
 その後アライメントの確認を行い取り付け作業は完了となりました。そして作業完了後、事務所にて色々なお話をさせて頂き、競技に向かう姿勢などアドバイスを受け、ためになるお話をいっぱいして頂き、これからもお付き合いさせて頂こうと心に決めた次第でした。
 最後にサポート割引についてですが、単純に持ち込みなどでも快く尚且つ安価に作業頂けるだけでなく、車に興味のある方ならば誰でも非常に参考になる体験を出来ること、そしてともすれば間違った認識で無意識に行っていた危険な作業の是正や、自分自身の車に対する理解が出来る貴重な体験の場となります。
機会がありましたら是非多くの方々にも経験して頂きたいユーザー思いのシステムですよ。


体験記その58

作業…トヨタ マークII JZX110  エンジンオイル交換、マイクロロン注入

 マイクロロンを使用して半年経ちますが、 エンジン始動直後のカリカリという小さなノイズがなくなりました。エンジンもスムーズに高回転まで回るようになった気がします。 燃費も7.5km/Lだったのが、1km/Lくらい伸びました。(街乗りだけです。)昨日の給油では9.2km/L行きました。 効果も5万キロ程度ということで、費用対効果抜群だと思います。 安い添加剤を入れ続けるより、こちらのほうが断然良いですよ。


体験記その57

作業…三菱ランサー エボ8RS ストラットバーの交換

 以前、私はLOSEDEOGSエボでジムカーナを走ったことがありますが、その時に自分のエボとの運動性能の違いに愕然とした。
サスペンションは概ね同じ仕様なのにこの違いは何故なんだろうと考えていた。
そんな疑問を武田さんにぶつけたところ、ひとつの提案が。ストラットタワーバーの違いである。
私のエボにはフロントに○○○のオーバルシャフトのトライアングルタイプ、リアにはオーバルシャフトタイプがついていた。それに対してLDエボは○○ッ○の物。このタワーバーの違いは、全てが一体物かそうでないかである。○○○はプレートとシャフトがボルト止めで、○○ッ○は溶接止め。
タワーバーは、路面からの入力や横Gによるボディーのねじれを抑制するもの。シャフトの伸縮は材料的に殆ど無い。だとするとシャフトのたわみをいかに無くせるかがポイント。しかし、オーバルシャフトは剛性があるのでたわみ方向の入力があってもたわみにくい。じゃあ、その力は何処に逃げるのかと考えた時に、問題になってくるのはプレートとの取り付け部。ここがボルト止めだと、どうしてもここでたわんでしまう。
しかし、溶接止めであればこらえてくれる。 ということで、私のエボも○○ッ○製に交換! 
結果、先ず感じたのは足がよく動くようになったこと。入力が逃げないので、その力がそのまま足の動きになる。足のセッティングを柔らかくしたかのようです。そして動きがクイックになりました。このクイックな動きこそ、私がLDエボと違うと考えていた部分である。また、コーナリング後半の腰砕け感も無くなったような感じがします。
私のエボはどちらかと言うとロールをさせるようなセッティングなので、ロールによるボディーのよじれがおきやすい。また、ロアアームバーやピロブッシュ等も付いているのでよりいっそう効果 が感じられたのではないかと思います。ちょっとした違いですが、まじめに考えると結構おもしろいですね。
皆さんも、一度お試しあれ♪。


体験記その56

作業…三菱ランサー エボ8RS リヤLSDオーバーホール
          ブレーキパッド交換 リヤシューオーバーホール

 今回のチューニングは、前回のFr周りに引き続きのRrデフO/Hです。
前回はヘビーな内容でしたが、今回はライトな作業です。年末の重作業続きの武田さんにとって、1日遅れのクリスマスかなと。
で、本日も作業開始。今日は、武田さんにとって初体験的な作業です。 日誌にもアップされるとは思いますが、Rrデフを画期的な方法で降ろしてしまいます。内容は二人だけの秘密(ノウハウ)ですが、すごいです。ラリーサービスの速さを垣間見た気がします。
午前中の作業は予定外にあっさり終わってしまいました。実働30分!

 午後はデフの分解からスタートです。1年以上競技から遠ざかっていた為、メンテは非常にいい加減 でした。『お前な〜』とお小言を言われながらO/H終了。ここからが、挿入テクニシャンの武田さんの真骨頂。
今回の新業はパンツの横からお○ンチ○を挿入する様な方法です。詳しくは書けませんが・・・。 この技の詳細を知りたいエボユーザーは是非体験してみてください。
その他のパーツ交換、セッティング変更を終えて作業終了です。が、外は季節外れの大雨。
挙動が変わって、しかも新品ブレーキの車で大雨の中を帰る恐怖。
早くDRY路面で生まれ変わったエボを体験したいな〜。 。


体験記その55

作業…日産シルビア 15 ブレーキパッド&フルード交換

 ブレーキパッドが限界になり、ついに交換せざるをえない状況となってしまいました。
予算があまりなく、インターネットでいろんなショップを検索して調べていたら私の理想にかなり近いシステムがあり、「これだ!」と思い早速パッド交換とブレーキフルード交換をサポート割引でお願いしました。
実際に私はタイヤを取り外す&ブレーキを踏む、ぐらいしかしておらず、メイン作業のほとんどは武田さんが実施してくれます。こちらの疑問点や自分の車の問題点も作業の合間で教えてもらいました。
自分でやってみたいと思っても、作業する十分な環境や工具がまともにない(知識も無い!?)私にとって工賃も半額になり、とても画期的なサービスだと思います。
その他のショップでは車を預けて、はい、おしまい。というパターンが大半だと思います。自分の車の状態を直視できて作業の内容も武田さんと一緒だから安心で、各パーツの状態が十分に把握できます。また、予算を貯めて車高調もサポート割引でお願いしたいと思います。 ありがとうございました。


体験記その54

作業…SW20ターボ ブレーキパッド&ホース交換

 まずサポート割引についてですが、これは非常に良い制度だと思います。
工賃割引の部分の魅力もさることながら、やはり自分の乗る車の部品の交換などを自らの手で行うことは、物の仕組みや構成を知る事が出来ると言う意味で、非常に有意義であります。また、一度でも作業に関わることで、更なる作業への意欲もわいてきます。
同時に、本職の方と作業をすることによって、改めてその腕の凄さを実感できました。今回「サポート」として手伝っていたつもりですが、武田さんお一人で作業をした方が確実に早く終わっていたでしょうが、個人的には有意義な時間となりました。機会が有れば、また利用したいです。

最後に軽く交換した部品の感想です。(元々付いていたボロボロのローターとの比較になるので、あてになりませんが)TRD”赤”パッド+純正ローター+TRDブレーキホースですが、遊びが少なくなり、減速Gの出方も踏力に応じてでるようになりました。
街乗りしかしていないのでフル制動はしていませんが、踏み込んだときの感触からはタイヤのグリップ限界までは比較的簡単に持って行けそうです。コントロール性も良さそうです。フェードに付いては未知数です。(街乗りレベルでは分かりません) 。


体験記・番外編

オイル体験…
車種スズキ・アルトラパン

 以前、ルーズドッグスさんでラパンにLSDを組んで頂きました。
その後、武田さんから指定のあった慣らしの距離を超えたのでオイル交換をしました。
が、モチュールは高かったので、まずはクスコのLSDオイルを入れました。鈍感な私には、最初入っていたモチュールとの違いはわからなかったのですがその後に入れたオイルが問題でした。
クスコのオイルに入れ替えてから1回ミニサーキットに走りに行き、1000kmほど走ったので、そろそろオイル交換だなー・・・と思い、某量販店にオイル交換に行きました。 そこで入れたのは、昔愛用していた有名国産オイルです。
入れた翌日にミニサーキットに走りに行き、翌日、妻が乗ると(通勤に使ってます)、なにやら音がするとのこと。何かなーと思いつつ、1週間が過ぎて、週末に自分で乗る機会があり、乗ってみると・・・音っていうか、すごい音と振動がぁ( ̄○ ̄;
今まで競技車両に乗ってきて、いわゆるバキバキ音というものは知ってるつもりでしたが、そんなレベルじゃなくて、「ガキンゴキン○※×△!&」って音がぁーすぐさま、同じメーカのもう少し硬めのオイルに入れ替えたのですが、日に日に症状は悪化するばかりです。
こうなったら、頼る人は一人しか居ません!速攻で、武田さんに見て頂くべく、お店に伺いました。外から音を聞いて頂き、相談すると「モチュールのオイルに替えれば直るかもだけど、保証は難しいなぁ・・・」ってことでした。夫婦で伺っていたのですが、我が家の武田さんに寄せる信頼は怪しい新興宗教級に絶大なため、迷うことなく「交換してくださいっ!」とお願いしました(武田さんはドキドキしてたのかも)
さて、いつも通りテキパキと作業されて、オイル交換完了。 早速、お店の近くで試乗しました。
するとどうでしょう(ビフォーアフター調)?
あれほどひどかった(車体にピッチングが出るほど)振動と音が全くしないのです。過去、オイルでこれほどの改善を体感したのは、無かったです。いつも、雑誌や気分的に「変わったかも」ってぐらいだったのが、まさに別物!前のオイルがサラダオイルだったんじゃないの?ってぐらいに変わりました。
そのことを試乗から戻るな否や武田さんに伝えると、満面の笑みを浮かべられてました。いや、ほんとに流石です。帰りの車内で、うちの夫婦の武田さんに対する信仰度合いがさらに深まったのは言うまでもありません!たぶん、そろそろ武田さんにとっては迷惑なくらいに信仰深まってます(笑)でも、ほんとにすごいです。恐るべし、モチュールFF LSDタイプ2。少々高くても、ものすごい買いです。貧乏のきわみの我が家も、すっかりメロメロにヤラレました。次回からは、迷わず交換に持ってきますので、よろしくお願いします!
あと、例の白くてずんぐりした車のオイル交換も、もうモチュール決定ですよー(恍惚) 。


体験記その53

作業…
ランサーエボIII サスペンション交換

 自分で作業してみたいとは思いつつも施設も知識もないのでできず。いろいろと調べているうちにこちらのサポート割引に行き着きました。
 作業に係われ、その上工賃も安くなるというありがたいシステムです。作業をしながらいろいろと武田さんに教えてもらえて、楽しく作業できました。またよろしくお願いします。


体験記・番外編

乗車…
LOSEDOGSエボでのサーキットアタック

 武田さんのご厚意によりLOSEDOGS号で幸田サーキットトライアル最終戦に参戦してきました。
夜中より雨が降り出し完全なウェットコンディションです。
早速走り出して思ったことはステアリングレスポンスとアクセルレスポンスがすごくいいことです!
遊びがほとんどなくダイレクトに反応する感じです。
ウォームアップラップで少しでも感覚をつかもうとペースをあげた途端スピーン!! 
アタックラップもハーフスピンを喫しなんと最下位!
その後もスピンを繰り返しまともなラップ無く終了しました。
普段はアクセル・ブレーキ・ステアリングを操作した後、レスポンスを待って次の動作をしているのですが、LOSEDOGS号はダイレクトに反応するため、 必要以上の動作を行うと即スピンとなってしまいます。
恐らく普段はアンダーステアと格闘しているので無意識に舵角が大きくなったり、ブレーキが強かったりしたのでしょう。 速く走るためにはドライバーも車も極力無駄をなくさないといけないということです。 それが学べたことが最大の収穫だったと思います。
この経験を基にレベルアップをし恩返しができるよう頑張りたいと思います。ありがとうございました。


体験記・番外編

見学…AE111 LSD 組み込み

 こちらをご覧ください。


体験記その52

作業…
マツダ RX−8
   サスペンション交換

 LOSEDOGS さんにお世話になるのは今回が初めてでした。そんな僕たちに対して、武田さんはとても親切・丁寧に対応してくれました。やさしい教習所の先生 といった印象を受けました。
武田さんのお手伝いと言っても、僕がやったことは簡単なことばかりで、難しいところはすべて武田さんがやってくれました。ですが、自分も作業に参加することでさらに車に愛着が沸き、達成感を感じられました。
お店の方にすべてまか せていては味わえない感覚ですね。 お手伝いをしている間、足回りについて教えてくれたり、反対にこちらから普段疑問に思ってたことを質問したりして、とても勉強になりました。
これで工賃 が半額になるのだから、まさに一石二鳥ですね。これからもお世話になろうと思います。
どうも有難うございました。
 

 

体験記その51

作業…
三菱ランサー エボ8 RS
   クラッチ交換、フロントLSDオーバーホール  スタビ交換

 今回、サポート割引を体験したのは『ズバリ工賃の安さ』です。 1割、2割ではなく半額ってのは魅力です。しかも今回は駆動系のチューニングなので半額になると結構な金額が浮きます。
(ちなみに、このサービスは現役クラブ員にも適用されています。 クラブ員だからといって、特別こき使われることも有りません。笑)
で、実際の作業は武田さんとチューニング内容の事前打ち合わせ。 これは私の車両を一から製作して頂いているので、問題なし。作業日を決め、車両冷却の関係で前もって代車にスイッチして当日 を待ちます。(当日は定休日でしたが武田さんの勘違いで作業する羽目に・・・)
さて、エボをリフトアップして作業開始です。 他の体験談に有るとおり、サポート内容は本当にお手伝い程度です。問題のおきそうな場所は全て武田さんが行います。 こちらは見てるだけ。みるみる内にエボはバラバラに。クラッチ交換の為にここまで必要とは。全然構造を分かっていませんで した。(恥)駆動系の分解を終わってお昼休みです。
ここで、とある純正パーツを取りに一旦帰宅(ここのロスタイムが大きかった)LOSEDOGSに戻って作業再開です。 クラッチを取り付け、ミッションを組み込むのですが、テクニシャンの武田さんはいとも簡単に挿入してしまいます。結構難しいらしいですが、武田さんはどうやら挿入上手みたいです。あとはFrデフをばらして組み付けて車両に挿入して出来上がり。(パチパチ)
しかし、ここからが長かった。 リフト上でのチェック、走行チェックで軽く1時間以上かかります。当たり前のことなんですが、夜遅くなって一番手を抜きたくなる部分、当たり前の作業を当たり前のように行う。やっぱりプロです。更に、当日使用した工具を手入れしながら元の場所に収納する。これも当たり前のことですが、素人では分かっていても実際にきちんとやることはあまり無いのではと思いました。
いつもなら車持ち込んで、出来たら取りに行くだけのチューニングを間近に見られて工賃半額。
相当お得だと思います。


体験記その50

作業…
三菱ランサー エボ7GSR
   クラッチ交換、フロントLSD組み込み エンジンマウント交換

 職場の知り合いがルーズドッグさんにお世話になっていたこともあり、クラッチの交換の相談をしました。
色々と話を聞いた り、ホームページでサポート割引を知り、クラッチ交換は工賃がかかるのでそれが半額ならと思い、頑張ってやってみることにしました。
一緒にするとお得なフロントのLSD、エンジン マウントも同時に交換することにしました。
メインの作業は全て武田さんがされるのですが、本当に手際よくさすがと思いました。
私はといえば部品を持ったり、ボルト を外すだけの簡単な作業をお手伝いしただけでしたが、それでもボルトがうまく外れないこともあり、色々と教えてもらいな がらなんとか無事作業出来ました。
作業の途中では一緒に作業 しないとなかなか分からないポイントや難しさを色々と教えてもらったりと貴重な体験でした。
ちょっとしたことでも、なるほどと思うことも多く、
これで工賃半額なら無茶苦茶お得でした。 ありがとうございました。


体験記その49

作業…
スバル インプレッサ GDB−F
   ツインプレートクラッチ交換 フロントLSD組み込み

 ジムカーナの練習を始めて約半年、 ノーマルクラッチでは何度となく焦げ臭くなり、いつ滑り始めるか不安が付きまとっていましたので、思い切って クラッチ交換を思い立ちました。
クラッチ交換などの重作業になると知識も時間も道具も必要となり、 工賃が高額になってしまいます。そこにきて助かるのがこのチューニングサポート割引です。 工賃の割引はもとより、レクチャーを受けながら作業を手伝うことにより、自分のクルマの構造や作業のノウハウも伝授頂けるのです。 まさに一石二鳥、利用しない手はありません。作業の一部を自分で行うのですが、難易度の高い作業や、 確認が必要な作業はプロメカニック(武田さん)に作業頂けるので安心です。
しかし今回の作業では意外にもハプニングがありました。 まずはデフです。ケースとのクリアランスがぜんぜんなく、武田さんも呆れ顔で プラハンで叩きながらなんとか入れていただきました。
次にミッションの結合。 うまく行くかはオーナーの日ごろのテクニックに掛かっているとの事。うーん自信ありませんが案の定、すんなりとは行きませんでした。 スプラインの山同士が当たっているとの事、フライホイールを少し動かして悪戦苦闘すること数分、最後はきちんと入り一安心です。
さらに武田さんを苦しめたのがインタークーラー。社外のブローオフを装着していて、配管が複雑になっています。 しかもパイプが一部破損しておりなかなか入りにくかったようです。
パーツの置き方から作業の間の取り方、チューニングのことや 走りのことまでいろいろと聞けて、非常にためになりました。ボク自身は工賃半額分働けたかどうか、はなはだ疑問ですが 普段慣れない作業で疲れはしたものの、とても楽しい一日でした。
またお邪魔してこのサービスを利用したいと思いました。
朝から夜まで丸一日作業いただき、ありがとうございました。


体験記その48

作業…
エボ9MR…フロント・リヤデフ交換、
   クラッチ交換、ファイナルギア交換、
   各種ブッシュ類交換

 3回目のサポート割引利用になります。前回2回まではインプレッサでの作業でした。
インプレッサの前車のエボ7の運転に慣れていた事、武田さんの薦めもありエボ9MRへ 乗り換えを決心し、
「どうせローン組むし、ジムカーナやるんやったら新車の時からチュ ーニングサポート割引でほとんどやってまえ!」という事でお願いした次第です。
これだけの作業量を2日間でこなす事が出来るのだろうかという疑問を持ちながらも、 いざ作業へ突入。
まず1日目はフロント周りの作業から。ミッションを降ろさないとい けないので、私の作業はアンダーカバー、バッテリー、パイピング類を外すことから始まりました。他の自分では? な部分については武田さんが行ってくれています。さすがにいつ見ても手馴れた作業です。
ミッションを降ろすところまでこぎつけ(私の作業はボルトの取り外しやドライブシャフトの取り外しの手伝い、武田さんが指定する工具を持って来る事位 ?)、フロントデフの組み付けとファイナルギアの 組み込み、クラッチ交換、ブッシュ類組み込みを行い1日目は無事終了!
その日は武田家へお世話になる事になっており、まずは晩飯を一緒に食べながら色々な話を聞きました。ここでは書けないXXXな話をおっさん2人で話していたのを店員はどう思っていたのか聞いてみたいですが(*^_^*) いやあ、とても勉強になりました!
翌日はリヤデフ交換とブッシュ交換です。まずはリヤ周りのメンバーを外してブッシュ交換までは無事終了。ここで事件発生です。「リヤデフ持ってきて」というので持って行ったところ、「何じゃこりゃ・・・」。私のエボ9MRはRSなのですが、製品はAYC用のもの・・・。
今日発注し直すので明日到着するとの事でした。その日はそこで作業を止めて再開は翌日になるはずでした。そして翌日…。「メーカーが発送忘れたらしい…」。結局この日も、作業出来ず(>_<) 
その日は私が帰らないといけない用事があったので、車を預けて一旦帰らせて頂きました。翌日の朝に部品が届いており武田さん一人で作業して頂きました。
チューニングサポート割引は本当に良いサービスだと思います。普段自分では行わないであろう、「ミッション分解」等貴重な体験や工具の使い方も勉強できます。
これらの体験は簡単なDIYに対してもフィードバックされるので自分の為にも非常にお奨めです。
















体験記その47

作業…
セリカ ZZT231 スーパーストラット
   サスペンション交換

 サポート割引を利用するのは今回で二回目となります。
前回同様、タイヤや内装の着脱や、簡単なボルトの締結などをやらせていただきましたが、それ以上にメカの事を勉強できるのが楽しくて仕方ありません。
市販の本に書かれているような事ではなく、とても具体的な事を、現物を目の前に学ぶ事が出来る機会は早々ないと思います。また、再使用すべきものしないべきものなど、セオリーどおりでは分からない、経験者だからこその裏技チックな場面も垣間見れます。
実際の作業では、スーパーストラットのフロントよりも、リアの取り外しでなかなか面 倒な事になりましたが、さすがプロだけあって、最初の左側でだいたいの要領を得たあとは、もう片方の作業はあれよあれよという間に終わってしまいました。
できるできないではなく、やはりコツというものがあるようです。(武田さんは、ZZT231のサスペンション交換は、今回が初体験だとか・・・)
それにしても本当に勉強になりました。次回も是非利用させていただこうと思います。


体験記その46

作業…
三菱ランサー エボ8MR GSR
   サスペンション組み付け


 チューニングサポートの利用し車高調の交換を行いました
まずは、車高調の組付けからスタート! 武田さんに教えてもらいながら組付けし的確指導のもと無事完成
次に車両にうつりタイヤ外し基本的にやったのはこれだけ・・・。
純正サスの取外し、車高調の取り付けは武田さんがすべてやっちゃいました・・。
やったといえばナットの締付けぐらい・・・。これだけでいいのかと思っちゃいまし た。
タイヤの取り付けも”ホイールのスポーク部分は持たない!必ずタイヤをもって やらないと、手が滑ったら、ローターとホイールで指落としちゃうよ”と、 今まで当然のようにやっていたことが実は危ないことだったと、 初めてわかったのもチューニングサポートのおかげだなと痛感しました。
また、作業しながらエボのブーストについていろいろ教えていただきました。 (まさか自分のやっていたことがデチューンだったとは・・・) 次回もぜひ利用したいと思います


体験記その45

作業…
三菱ランサー エボ9 GSR 6速MT
   クラッチ、フロントLSD、エンジンマウント交換。


 6月に電撃的にエボ9に乗り換え、練習を重ねるうちに もっと速く走りたいという欲が出てきて、
徐々にチューンを 進めてきましたが、とうとう自分の手に負えない項目にたどり着いてしまいました。
きっかけはジムカーナの練習会でロケットスタートをしたときに滑りを感じ、 焼ける臭いを味わったことと低速コーナーでの立ち上がりでトラクション不足を感じたからです。
クラッチは使いやすさと性能で悩みに悩んでクスコのカッパーミクスをチョイスし、
LSDはクスコのRS(1Way)をチョイスしました。 最初はクラッチ交換は予定していなかったのですが、
前にエボのクラッチ交換を見たときに同時にでき、工賃がお得なのに魅かれてつい・・・
そして何より強い味方なのがサポート割引!!
本来ならCT9Aのクラッチ+デフ交換は9万円以上します(びっくり) これが半額なのですからやらないわけにはいけません。 作業当日9時過ぎに作業を始め、ミッションが降りたのがなんと13時過ぎ!
そりゃそうですよね。バッテリーにエアクリーナボックス、インテークパイプ、シフ トケーブル シフトセレクター、各種配線、アンダーカウル、クロスメンバー、ステアリングギヤ ボックス ドライブシャフト、フロントパイプ、ドライブシャフト・・・っとたくさん取り外す 部品があります。
武田さんの素早い作業でこそこの時間で分解できたのです。 作業していく中で気づいたのが樹脂の嵌め込み式部品の多いこと!ボルト止めなら 分解しやすいのですが、嵌め込み式だと爪を壊さないように外さなきゃならず、 大幅にペースダウンします。最近の車はコストと軽量化のためにこのような設計に なっているのですがサービス性は最悪です。
武田さんはさすが百戦錬磨という感じで、時に専用工具(エボ専用もいくつかあり) を駆使しながら 組み上げていきます。私は主に部品運びと少しばかりの組付けをしました。 組み付けはスプラインの位置合わせなど時間を要するものが多く、21時近くにようやく部品の 組み付けがほぼ終わりました。
そこからはオイルを充填し、作動チェックと慣らし、ACDのエア抜き、パワステオイ ルのエア抜き を完了したのが22時半過ぎでした。 作業の内容を考えると9万円でも安いんじゃないかなあと思います。武田さんのよう な熟練した人じゃないととても一日では終わりません! マニュアル通りもくもくと組み上げるのが最近のスタンダードかも知れませんが、武田さんのように ノウハウを活かし絶妙なセッティングに仕上げていくことも大切だなあと思いまし た。
作業が目の前で見ることができ、武田さんの経験談や裏話(勿論内容は秘密!)も聞 け、
価格以上のメリットがあると思います。
せっかくいい経験をし、いい道具を手に入れたのですから楽しく思いっきり走りたい と思います!


体験記その44のつづき

作業…
三菱ランサー エボ8MR GSR
   ECUの現車合わせ


 ECU変更後のインプレッション 一言で言うなら「最適化」という感じでしょうか・・・
圧巻は高いギアでのフルスロットル・・・
武田さんの口癖「別モノですよ」はまさにコレで、
タコメーター、ブーストメーター、スピードメーター・・・ 今まででは考えられない速さで上昇していき、 鈍感な私でも別の車であるかのように思えました。 排気系パーツ一式の変更がきちんと反映されている・・・そんな印象です。
ECU書き換えメニューは、正直決して安いものではないですが (武田さんスイマセン)、よりパワーがほしい方は勿論、 パーツを変更したけどフィーリングや効果がイマイチという方にも 非常にオススメなメニューです。 変更したパーツのいい部分を引き出してくれて、それでいて純正並みの乗りやすさがキープできます。 実施してよかったなぁと思いました。


体験記その44

作業…
三菱ランサー エボ8MR GSR 
   エキマニ、アウトレット、Fパイプ、サクションパイプ交換


 以前ロックナットアダプターを忘れた者です。
早いもので、LOSE DOGSさんでの作業も3回目・・・
今回はエキマニ+フロントパイプ+エアクリ等交換+ECU現車あわせをお願いし、
ECU以外の部分はサポートを利用させてもらいました。
今回のお手伝い箇所も、例によって非常にラクというか簡単な部分というか・・・ そういった箇所を任されたのですが、天性の不器用さと雑な性格が災いし、結局、全部武田さんに確認やアドバイスをお願いしちゃいました・・・
・アンダーカバー脱着 ⇒ 30箇所のネジ外しには参りました
・フロントパイプバンテージ巻きつけ ⇒ あのチクチクには参りました
・プラグ交換       ⇒ ケーブルの戻し方がわからず参りました etc・・・ ・・・



中でも「タービンボルトの取り外し」は、作業前から 「エボのタービン周りのボルトは折れやすいから、もし折れちゃったら・・・」 と脅され(笑)、祈る気持ちで作業に臨みました。
タービン周りのホース類は全て武田さんが外してくださり、問題の部分のみ、 「ここは・・・オーナーさんにお任せします(ニヤリ)」とレンチを渡されたとき は、 正直、冷や汗ダラダラでした・・・・。
結果は・・・無事取り外し完了! 祈った甲斐があったと言いたいところですが、実際は武田さんが前日に 潤滑剤(のようなもの?)を塗って下準備をしてくださっていたからだと思います。
こうした下準備もプロだなぁと実感しました。
交換後のインプレッションについてですが、 ECUセッティング未実施状態の試運転だったため、ほとんど踏めなかったのですが、 サクションパイプの効果か、アクセルレスポンスが非常に良くなりました。 ECUが終わったあと、どのように変身しているか非常に楽しみです。 !


体験記その43

作業…
三菱ランサー エボ4 クラッチ交換


 クラッチ交換をしていただき、ありがとうございました。
ジムカーナの練習会中にサイドターンのし過ぎで前から不安だったクラッチが完全に逝ってしまったため、父の紹介でLOSE DOGさんに交換を依頼しました。
4WDのクラッチ交換は非常に面倒くさいから素人では絶対交換できないと聞かされていたのでビビッていました。
サポート割引工賃でやっていただくということで自分もボルト外しなどをしました。
たかがボルトと高をくくっていたら、いざ外そうとレンチを回してみるとビクともしないではないですか。渾身の力を込めてもダメで、苦戦している僕を見かねて武田社長が代わると、さすがはプロ、力の加え方を知っているので簡単に外していただきました。
10年ものなのでボルトも錆びており社長でも苦戦することも。
1時頃にばらし終わってその後はベアリングとプレートを交換して組みなおしていく過程は何事もなく終わり、しばらく回した後、いざ路上へ。
いきなりエンストしました(笑)
当りがつくまでは気をつけないとエンストしやすいんだとか。
今回の作業を通じて自分の車の構造を知ることができたし、
効率のいい作業方法も教えていただいて、得ることの多い1日だったです。 !


体験記その42

作業…
トヨタ ヴィッツ NCP13
   サスペンション交換 ストラットバー取り付けリヤメンバーブレース取り付け

 さかのぼる事、10年ほど前。 私が二十歳の時に思い切って新車でインプレッサを買い、なにも知らず じゃり道で8の字をえんえんと描いておりました、すると帰り道、高速で ハンドルにぶれが!?えー、なんじゃこれは・・・・・。
 何もしらない私が当時の地方車雑誌の広告をみて訪ねたのが新装開店のこのお店、LOSEDOGSでした。ながーいお客歴を持つ私ですが、インプレッサを3台乗り継ぎ、今はなぜかヴィッツとなりました。いろいろ思い出のあるお店ですが、とうとう私もサポート割引なるサービスを受ける事にしました。
私も某機械メーカーのエンジニアです、工具は毎日使っているのでそれなりに使えると思っておりますが、それぞれの道のプロフェッショナルとはどんな事かと言う事を思い知ります。
作業はもちろん迅速丁寧なのですが、現物を見てどうするか、その技の引き出しの数がどれだけあるか、そこがプロたるゆえんだと思います。ヴィッツNCP13という車両をさわった事がなくても基本は同じ訳です。確かに1つの車種に特化したショップは経験から独自の技やノウハウが有る訳なんですが、基本的には車な訳ですから経験から構造は分かるわけです。
武田氏が車種を問わず作業ができるのはその為なんですが、それだけの情報と技術の引き出しが多い事、それを決められた時間にこなす事は本当にすごい事なのです。
今回は車高調取付と、タワーバー、リアのフロアサポート?の取付です。てきぱきと作業開始。なんと、ヴィッツはタワーバーを取り付ける際にストラットのボルトがワイパーに干渉して取り付けできないと、武田氏が冗談のような事をいいます。
結局ワイパーアッシー一式を外す事に・・・・・。私が主にワイパー担当でばらしている際に、さっさと足回りのボルトが外されあっという間に車高調の取付が完了していきます。そんな中、車高調の取付の際に車をあげている状態でタワーバーもつければらくちん!と思いきや、一度車両をおろし、足を地面 につけた状態でタワーバーを取付と、何事もセオリー通りに実施。
通常、作業は見せたく無いもの。私も仕事では細かい作業はあまり見せたく部分もあります(笑)。それは自信のなさでもある訳ですが・・・・・。武田さんは何も隠す事なく、プロフェッショナルな対応をしてくれます。私も技術屋のはしくれとして、見習う部分は多数あります。
最近の世の中はネットで調べれば何でも分かるような気になる時代です。なんでも分かった様になる!?でもそれは違うんです!実体験から、経験からくるその現場でなければ分からない事ばかりなんです。プロフェッショナル。その言葉の意味を知る事ができる、大変貴重で重みのある時間が体験できると思いますよ。得る物は大変多く、失う物は何も無いんです。
タイヤのナットをしめながら、「ああ、この十字レンチ、初めて来店した時に見た物だなー、」と、しみじみ思いました。あの時の工賃の高さと、当時の武田さんを知る私としては、まさに驚愕なんですけどね。(笑)
あの時、こんなプランがあったら・・・・。そう思うと本当にうらやましい、若い人は特にです(笑)。
迷っている人がいればドドンと背中を押します。
ほめすぎな気もしますが、きっと同じような気になれます!お勧めです!


体験記その41

作業…三菱ランサー エボ8MR
   
スプリング交換、リヤストラットバー取り付け

 LOSE DOGSさんとは体験記その31の友人に連れられて訪れたときからのお付き合いになります。
前回はサポート割引でマフラー交換を行ったのですが、今回はスプリング交換をお願いしました。
作業開始は8月某日午前10時。お店に集合して早速作業スタートということでタイヤの取り外しからだったのですが、
武田さん「コレ、専用のロックナットアダプターありますよね?」
自分  「・・・??・・・・・っ!!!!!」
やばい!アダプター忘れたぁ〜!!! ・・・
いっちょ前に盗難防止ロックナットなるものを装着していたのですが、そのアダプターを家に忘れたことに気づき・・・滝汗
もう既に車はジャッキアップ後ということで、武田さんがお店の車を貸してくださいました。8月某日午前11時頃、LOSE DOGSの軽トラで必死の形相で走っている怪しい男を見かけた・・・そんな方がいらっしゃったら、それは間違いなく私です。・・・そんな夏の珍事も体験しつつ、ようやく本来の作業へ。
しかし前回私自身も思いましたし、他の方の体験記にもあるのですが、このサポート、本当に申し訳ないくらい自分で作業をすることがありません。今回もネジを数本緩めたり、カッターで内装切ったり
それに真面目な話、プロの作業や普段見えない車両部位を見ることができるのは 非常にありがたいです。ロックナットを忘れるほどの知識レベルの私としては、とても勉強になっています。
そんなわけで作業は順調に進み、アラインメント調整も終わって全工程完了。ロックナット事件の際、嫌な顔ひとつせずに車まで貸してくださった武田さん、本当に申し訳ございませんでした&ありがとうございました。
ちなみに精算を済ませた後、事務所に車の鍵を忘れたのはここだけの秘密です。


体験記その40

作業…日産スカイライン BCNR33 東名エンジン換装

 オーナーの感想ページにリンクします。


体験記その39

作業…三菱ランサーエボ8
   東名アウトレットキット取り付け ECU現車合わせ
   ブースト、水温、油温メーター取り付け、サスペンション交換

 これまでLOOS DOGSさんには、ECU現車合わせ、東名アウトレットコンポーネント装着をお願いしました。これは、非常に効果絶大でした!通勤快速を目指す私として は、すばらしいエボに変身しました。
 今回は「何をどうやって変えていくのかを自分でも確認したい!」と言う事と、やはり「工賃が半額になる」という事でチューニングサポート割引を利用し、スプリング交換、メーター追加を行いました。 当日は朝10時にお店に到着し、早速車を上げて、まずはスプリングの交換のスタートです。
いきなり僕の作業…タイヤを取り外しです。外し終わると、武田さんがサスペンションをサクッと取り外しちゃいました。さすがに慣れてるなぁと関心しながら、僕はただ見てるだけ。(けど、オーバートルクのボルトがあったようで、少し苦労している場面 も) この次はいよいよスプリングの交換です。ナットを緩めてスプリングを交換…僕の作業としては
1.リアサスペンションのナットを外して、スプリング交換後にナットを締め直す事
2.スプリング交換の時、武田さんの言うがまま手助けする事 ぐらい…
こんな簡単な作業だけでいいのかと心の中で思いながら。交換後、サスペンションを元に戻しましたが、車は次の作業のため下ろさず、引き続きメーターの追加です。 まずは各センサーを車に取り付けます。僕は武田さんの作業を見守るのみです。穴空け加工をしたりとやはり慣れた感じでサクサク作業は進んでいきます。 センサーが付け終わるとハーネスを車内に送ります。ここから僕の作業が少しあしました。
1.ハーネスを社内へ送る時の手伝い
2.ECUの車速用ハーネスとメーターのハーネスを接続する
3.メーターの組み立て&取り付け こんな感じの事をやったと思います。

ハーネスを接する時にはコネクタを完全に真逆に接続してしまったため、最初メーターが作動しなかったのですが、武田さんが間違いを丁寧に教えてくれたため、無事に作業を終了する事ができました。
15時頃、全ての作業が終了し、試運転をしようと車を動かすと、下に何かが漏れた痕が… 原因は何だ!?とエンジンルームを見ると、水温計のセンサーから冷却水が漏れているではありませんか。 穴を開けて加工した部分だったため、上手くシールできてなかったようです。部品を取り寄せて、また来週かなと残念な気持ちだったのですが、武田さんが「たぶん予備があるよ!」と工具箱の中とかを探し始めました。武田さんの記憶通 り予備が見つかり、加工も無事終了…
1回目より早く終わったような気がしました。今度は、漏れが無いかアクセルを何度も開けて確認…問題なし!!と言う事で試運転を行い、今度こそ作業は全て終了です。 今回、サポート割引を利用し、自分の車がどのように変わっていくのかを自分の目で確認する事ができるのはとても重要な事だと感じました。「この部品を変えた」と一言で言ってしまえば、同じ意味になってしまいますが、その内容を把握できているという事はその後のチューニングにも活きてくると思いました。そして何より工賃が半 額になるというのは魅力的です。
次も何かやる時には、またお願いしたいと思います。


体験記その38

作業…三菱ランサー エボ6東名エキマニ&アウトレットキット取り付け

  装着後にサーキットにて全開走行を行いましたが、アクセルを踏み込んで最初に感じたのはレスポンスの良さです。
パワーupを謳っているだけに中低速はある程度目をつぶる覚悟でしたが、 私の車両は触媒とマフラーを交換しているにもかかわらず、純正品以上のレスポンスでいい意味で予想外でした。さらにアクセルを開けていくとシフトアップポイントまでスムーズかつパワフルに吹け上がります。純正品にみられるような高回転域での詰まり感や、ただ回転数が上昇しているだけといった煮え切らないようなフィーリングとは全くの別物です。そして、これだけ優れた製品でありながら他社製のエキマニやフロントパイプと比較して低価格に抑えられているのは、ユーザーにとっては有難いところです。
サーキットやジムカーナ等でタイムアップを目指す方はもちろん、単純に純正のフィーリングに不満がある方にも一考の価値がある製品だと思います。
一言で表すならば、"下から上までしっかりパワフル"


体験記その37

作業…スバル インプレッサ GDB−E
   サスペンション交換、マフラー交換 、バケットシート取り付け
   エキマニ、フロントパイプ交換


 インプレッサを購入して通勤快速仕様を目指しチョコチョコいじろうとしていたところ前車でお世話になっていたショップが廃業されどうしようかと悩んでいました。 たまたまオーリンズHPの取り扱いショップにLOSEDOGSさんを見つけチューニングサポートのサービスを知りました。
車いじりは興味はあっても実際の経験も作業をする環境もないためあきらめていましたし、
お金を払ってもでも自分で作業したいと思っていたので、まさに魅力あるサービスだと思いました。
場所はちょっと遠いですが在所の近くなので問題なし。
でも初めてのお店の敷居をくぐるのにちょっと勇気がいりました。

そこでまずはオイル交換をお願いしたところ丁寧にやっていただきお話もでき、
その後いろいろお世話になっています。 実は昨年より何回か活用させていただいてましたがレポートは多忙を理由にサボって今回が初めてです。毎回パーツの選定は武田さんのお勧めです。

1・オーリンズFLAG-I
 高額なため通勤だけではもったいないと思いましたが、武田さんの助言により装着。スプリングもお任せ仕様です。取り付けはほとんどお手伝いだけでしたが、リア交換に苦戦しましたが大変勉強になりました。翌日はなぜか筋肉痛でした。 そして★5つ。運転さらに楽しくなりました。残念ながら(予想通り)セッティングはしておらず、宝の持ち腐れ状態ですが。

2・フジツボRM-01A
 はっきりいって何もしないうちに取り付け完了。音もGOOD!

3・BRIDE GAIS  純正シートは重いので運ぶのが一番大変でした。乗り降りが大変になったこととポジションが予想より低くなってしまいましたが交換して大正解。 

4・東名エキマニ+CPU、サードフロントパイプ
 作業は真夏で非常に大変でした。武田さんのフロントパイプ脱着に苦戦する奇声もお手伝いできず自分の担当である遮熱板とバンテージ巻きで精一杯でした。 その甲斐あって低回転でもとても乗りやすくなり超お勧めです。
 暑い中本当にありがとうございました。


体験記その36

作業…スバル インプレッサ GDB-B スペックC
   クラッチ交換、シャフト交換

 今年の3月にLOSEDOGSのサポート割引でオーリンズの仕様変更を行った際、BOSS武田さんに”左のドラシャがダメになりかけてるぞ〜”っと指摘されてて (そ〜いえばサーキットの縁石で思いっきりインリフトさせて走ってたっけ〜)、ついでに? クラッチもダメになりかけてたこともあり、今回サポート割引でクラッチ・軽量 フライホイール・ドライブシャフトをまとめて交換しました。
当日は朝10時前に お店へ到着、車を冷ましてから作業開始なのですが、作業記33↓で書かれてるように、ターボの遮熱板のボルトが外れないよ〜焼きついている上に腕が入らない (お世辞にも”か細い腕”ではございません→私)!
四苦八苦している間に武田さんはさくさくインタークーラーetcを外してミッション上周りの部品を外してしまいます。 そういえば作業記33でなんでミッション下ろすのにインタークーラー外してるの?って思ってたのですが、まさかインタークーラー真下までミッションがあるなんて、自分の車なのにな〜んにも知りませんでした(笑)。やっぱり四駆はFRやFFとは 違いますね〜(っていうかスバルが特殊???)。
で、なんとか遮熱板のボルト外して(ほんとに大変だった。あと次の日に体全身足の裏まで筋肉痛)、今度は下周りの作業開始〜
この辺から私は武田さんに工具渡して外したボルト並べることしかして無い気がしますが・・・
アンダーカバー・マフラー・ペラシャ外してミッションのボルトまではさくさく外したのち、例のノックピンが〜固着してる〜なんでむき出し構造なんだ〜 そりゃ錆びて固着するってば〜
しかしさすがは百戦錬磨!なんとかゴネゴネやってミッションが降りました。そしてクラッチ・フライホイールを外して、この時点で車はバラバラの状態。で、ここから今度は部品の組み上げなのですが、部品を外すときに外した順番に床に部品を並べながら分解作業されてて、組み上げはまさにその逆の順番に組んでいけばよい!なので、作業がとっても早い!コレは会社でも使えるぞ〜っと関心してしまいました。
あとは問題になってるミッション搭載も難なくこなされ、外した部品をドッキング、下周りの作業が終わり今度は上周りの作業で、またまた登場ターボの遮熱板! だから手が入んないってば〜っと言いつつな〜んとか組付けて(その間に武田さんは上周りの作業をさくっと終了)
引き続きドラシャの交換を行い、あとはオイルを入れてリフトに乗せたままエンジンかけて作動確認、テスト走行して全作業終了となりました。で、今回感じたことなのですが・・・
1・やっぱり整理整頓ですよ4Sやらなきゃいけませんね〜(まずは会社の机の上をなんとかしよう・・・)
2・自分の車なんだからもっと知らなきゃいけないな〜っととっても反省・・・
3・思いっきり筋肉痛になってしまった!日頃のぐ〜だら生活を改めなきゃ〜
4・あと、車関係で働いてるみなさ〜ん、自己啓発だと思って一度はヘビー?な作業を体感 すべきです!
   もう見るとやるとじゃ大違い!後々外せない部品構成は設計段階で慎みましょう〜
   (っと今までの自分の設計を反省→実は私、設計屋の超下っ端・・・)

またまた今回も勉強させられたサポート割引、自己啓発ならと〜ってもお安い!
皆さんも”是非”活用してみて下さいね〜
それからまた次回もよろしくおねがいしますね〜BOSS武田さん!。


体験記その35

作業…車種 マツダ ロードスター NCEC
   サスペンション交換

 自分は埼玉に住んでいて、群馬の自動車メーカに勤めながら軽くジムカーナを楽しんでいましたが、クルマが古くなってきたのとFR車に乗りたくなってきたので、当時発売直後のNCロードスターに乗り換えました。
そして、ようやくNCロードスター用のパーツがちらほら発売され始めたので、いじり始めようと思った矢先に仕事の都合で愛知に出向!になってしまいました。
そして5月になって念願のNCロードスター用オーリンズDFV車高調が発売になり、早速組み付けたいと思ったのですが、愛知では寮生活なので工具類もあまり持ってこれず、且つ自分は今までストラットしかサス交換をしたことが無かったのでどうしようかと思っていた時、偶然インターネット上でルーズドックさんのチューニングサポート割引を発見し、早速お願いしました。
作業はバックオーダー→部品到着を待って、日曜日に行う事になりました。当日朝十時過ぎに到着すると、早速二人で作業を開始! まずは車高調の組み立てから始めました。
今回はコンプリート仕様を購入したのでアッパーマウントまでフルに組めると思ったのですが、NC用のリアは純正マウントを流用するらしく、フロントのみ先に組み立てて、リアは純正をはずしてから組み立てる事になりました。
次はいよいよ車両への取り付けです。武田さんはNCロードスターは初めてと言っていましたが、さすが経験豊富なだけあってテキパキと作業をこなしていきます。フロントはダブルウイッシュボーンなので特に問題なく作業は進み、左側は練習を兼ねて自分で組み付けをトライ! 途中アッパーアームのボルトがブレーキパイプが邪魔で抜けないといった小さなトラブルがありましたが、何とか作業は終わりました。
次はリアですが、リアはマルチリンクなのでまずはダンパー単品で外せるかトライ! しかし、なんとか車体から外れたものの、リンク類が邪魔で取り出すことが出来ませんでした。そこですかさず武田さんの経験でロアの後ろ側のリンクを外して再トライ! ようやく取り出すことができ、リア側も無事交換することができました。
 装着後はちょっと走ってからトー調整を行うべくトーを測定しましたが、なんとトーはぜんぜん狂っていませんでした。  ロードスター(とRX−8も)のサスはトー変化が非常に少ない? 武田さんもびっくりしていました。  装着後のちょいのりインプレですが、純正の3倍前後のバネレートなのに乗り心地が良い!
 確かに純正のソフトな感触は無くなりましたが、町乗りでも十分快適な乗り心地で、かつ純正の過大なロールとノーズダイブが劇的に減少して非常に気分良く走れます。今後ミニサーキットとジムカーナ走行会に参加する予定ですが、どれだけ良くなっているかとても楽しみです。 最後ですが、今回はたまたま見つけたショップが良いお店でとても良かったです。チューニングサポート割引は、車をいじりたいけど自信の無い人、初めての車で作業に不安のある人、工賃を安く抑えたい人にはとても向いていると思いますし、クルマへの愛着も増しますのでお勧めです。

体験記その34

作業…車種 セリカ ZZT231 スーパーストラット
   前後スタビライザー交換

 車をある程度いじってはいるものの、未だ行き着けの店というものが無い僕ですが、以前より電車から見ていた(笑)ルーズドッグに行ってみよう。ということで、今回始めて作業の依頼をしました。
理由は様々です。単純に興味があったのもそうですし、自宅から近いと言うのもあります。そして僕自身まだ学生という身分であり、車をいじるにはあまりにもお金が足りない。しかしウェブサイトを見てみるとサポート割引でなんと半額。もともとメカにも強い興味を持っていたこともあり、あっさりと金に目がくらみ、その行動の早さといったらもう。
ところが連絡の行き違いがあり、当日作業を開始してから「え? パーツ無いの?」なんていう珍事を起こしてしまったことは、もはや詫びる言葉もありません。
改めてパーツの注文と作業予約を行い、後日作業開始。 前回の作業もあってか、武田さんの手際よさは際立ちます。 "サポート"割引だと言うのに僕は一体何をしたでしょう。他の方の体験記にもありましたが、5%も手伝えていれば良いほうです。むしろレクチャーありの、メカの話も聞け、猥談まで付いて半額とは。
それにしても、メンバーを外すことにならず本当に良かったです。
パーツのほうも、問題なく良い仕事をしてくれています。


体験記その33

作業…車種スバル インプレッサ GDB−A
   フロントLSD組み込み。クラッチ、フライホイール交換

 ルーズドッグさんのことはG6ジムカーナの主催ショップという事で、
申込み書をもっていったり、ネット・雑誌等の紹介で多少のことは知っていましたが、
実際自分の車の作業でお世話になるのは今回初めてです。
今回はチューニングサポート割引を使ってクラッチ交換、Fデフ組込みです。
まずチューニングショップとは思えない価格の安さにびっくりです。
金額だけをみれば車の部品だけあって高いのですが、他ショップの情報と比べれば相対的にかなり安いです。
これは嫁さんへの説明に非常に好都合です。
案の定金額自体にはびっくりされましたが、「安くする努力をしてくれているなら」と、
しぶしぶながらOKをもらい、見積り頂いた翌日には作業の依頼をしていました。

作業当日9時30分〜車を冷ますため若干早めに到着。10時〜作業開始です。
社長がインタークーラーを外し、スターター、等を外す間、
私はまず社長に非常に面倒と脅されたタービン遮熱板を外します。
確かにボルトが多く面倒です。何より姿勢がつらく腰が痛いですが何とか終了。
この間、他の方も書いている外した部品の並べ方、ボルト、ナットを部位毎にまとめておく事を教えてもらいました。次にマフラー、フロントパイプ、ペラシャフトを外してミッションを降ろしますが
社長の予想通りガイドピンが錆びてて外れません。
ゆすったりこじったりする事10数分、なんとか外れミッションを降ろす事ができました。
 社長のスナップオンのマイナスドライバー先端がここで欠けました(笑
 この時点で12時30分すぎぐらい。まぁまぁ順調といったところでしょうか?
14時〜ミッション前側をばらしてフロントデフ組込みです。このへんは分解、組み付けのノウハウや初めてみるフロントデフ近辺の構造などに感心しながらほぼ社長にお任せです。やっとことはミッションとデフケース接合部の清掃、ボルトへのネジロック剤の塗布ぐらいです。

17時〜純正クラッチ、フライホイールを外して新品を組み付けます。このあたりもほぼ社長にお任せでやった事といえばネジを持ってた事とやはりボルトへのネジロック剤の塗布ぐらい?(笑
 18時〜新品のフラホ、クラッチがついたところで休憩してミッションとEGの結合です。
この作業の難しさについて社長に散々脅されます。しかしここは社長の腕のよさ?で若干の苦労でおさまります。簡単に書いてますがこれは事前にクラッチディスクのインプットシャフトがささる部分のバリ取りや、シャフト先端へのグリス塗布等細かな事前準備の賜物でしょう。

ミッションがくっついてフロントパイプまで組んだらここでようやくまともな出番?です。タービンの遮熱板を元に戻します。ネジの数に閉口しながらもなんとかボルトを一本も残さず組み付けました。
社長曰くこのボルトを全部つけた人ははじめてとの事で少し嬉しかったりしました。
20時〜組み付け終了後の確認です。エンジンをかけて2速でタイヤを回したまましばらく放置しておきます。ミッション内部を暖めて内圧をあげ、オイル漏れ等の確認をするとの事です。このようなチェックをするお店は初めてで感心しました。その後実走での確認等も行い21時には全ての作業を終了しました。
作業終了して改めて思うのですが、このサービスは車の構造が知りたくて且つ安く仕上げたいという人にはぴったりのサービスだと思います。ショップ、ディーラー等で一度でも疑問の残る作業をされた方ならわかるでしょうが、作業状況が自分でもわかるので後で作業の質を疑うような事もありません。
逆に真面目な仕事ぶりに感心し、サービスして頂いた工賃分の働きをしていない事に
申し訳なく思う事かと思います。
またこのような機会があれば是非お願いしたいと思います。

体験記その32

作業…車種 トヨタ アルテッツア SXE10 ボルトオンターボKIT取り付け

 自宅付近のチューニングショップをネットで探しているとルーズドッグスに出会い、サイトを見ているとチューニングサポートを見つけました。
手伝うだけで工賃半額なんて本当なのか?と初めは半信半疑でしたが、実際見積もりしてもらうと他のショップよりもかなり安い金額だったのですぐに注文してもらいました(笑)
アルテッツアのトラストターボは初めてとのことでしたが、わかりにくい取説を見ながらサクサク進むのは流石プロだなぁっと感心しながら、後ろで作業の補助をしていました。
夜8時頃にターボキット取付完了し一日目終了。二日目はインタークーラーの取付。
こんなところにパイプ通るの?って所に通さなくてはいけなく、
エアコンの配管折れたらごめんねって言われた時はヒヤヒヤでしたが無事に取付が終わりました。
インタークーラーをつけると車の表情がかなり好みになって大満足。
最後にオイル交換の際にマイクロロンいいから入れてみる?と奨められ、ホントにいいの?と内心思いながら入れてみると…あれ??エンジンこんなに静かだった???と思うぐらい効果 がすぐにわかりました!
疑ってごめんなさい(-.-;)
全体の感想としては私みたいに車はいじってみたいけど全然わからない人には工賃安くなるし、
見る・触る機会の少ない部分も見れるのでとてもお得なメニューだと思います。
迷ってる方は一度試してみてはいかがでしょうか?
絶対損はしないですよp(^^)q 。

体験記その31

作業…車種 ランサー エボ9 サスペンション交換&マイクロロン添加

◆足回り交換作業
純正⇒オーリンズDFV車高調
車が納車されて一番初めにショックを受けたのがノーマルの車高の高さでした。握りこぶしが一個余裕で入るぐらいの車高・・・・・。
どうにかしたいと思い、ずっと悩んでいましたが某車雑誌でLOSEDOGSさんを発見。しかも家から10分程度の距離。場所だけでここしかないと決めて早速尋ねて見ました。
初めて会った武田社長の印象はとても気のいいおじさんだなぁという感じでした。足の交換を考えているということを伝えると、まずはデモカーに乗ってこいと言われ乗せてもらうことに。これが運のつきでした。
見事に武田社長の策略にハマリ、オーリンズの虜に。
あの車高の低さにもかかわらずノーマルと同等の乗り心地。 試乗で無理をすることは出来ないのでゆったりペースでしたがそれでも良さが十分伝わってきました。
しかしデモカーについているFLAG-Lは予算オーバー。悩んでいるとニューモデルのDFVの発売タイミングと予算がちょうど重なり即決。
約1週間後の土曜日にサポート割引での取り付けをお願いしました。待ちに待った取り付けの日、軍手だけを持ってお店に向かいました。
そして作業開始。 まずは組み立てから。 オーリンズはコンプリートキットと言えども最初はバランバランの状態からスタートです。
武田社長がまずは大体の組み付け指示を出し自分が組立作業を行うかたちで30分くらいで完了。自分がおかしな組み方をしそうになると的確なアドバイスをしてくださり、即方向修正。
初期の車高設定に関しては、推奨値でまずは乗ってみることにしました。ここからは車での作業となります。
純正の足回りの取り外しから開始。Fr・Rrとあっとゆう間に取り外し完了。ほとんど何もしてません。
やったことといえばRrの減衰調整をしやすくするため内装を切り取ったことくらい・・・・。
何のお役にも立てませんでした。また、他の方の体験記にもあった足を取り外した後にハブが下がらないように馬をかける理由も実際に聞かせていただきました。
そして取り付け開始。ここでもアッパーの取り付けナットを締めるくらいしかお手伝いしてません。取り付けもあっとゆう間に終了。タイヤを装着しトー調整に移ります。その前に武田さんの指示で作業で床に落ちた汚れをしっかり掃除します。作業場がきれいだと依頼する自分たちにとってものすごく好印象です。
トー調整はガレージ入り口に設置されたテスターで行います。取り付け状況の確認もかねて何度か実走しながら調整完了。
途中武田社長が車の下に潜っているときにジャッキがじわじわ下がり始めるというハプニングもありましたが、無事にすべての作業が終了。
大体4時間ぐらいの作業でした。その名の通りほとんど自分でする作業はなく武田社長の簡単なサポートをするのみでした。
作業中にいろいろなノウハウ等も聞くことができ、大変参考になる一日になりました。また是非サポート割引を活用させていただきたいと思います。

◆マイクロロン感想
オイル交換をお願いしに行ったとき、 武田社長に「すごくいいからだまされたと思って使ってみなよ!!」といわれ、前から気になっていたこともあり入れてみることにしました。
その効果は以前ラジコンをやっていたころから知っていました。ラジコンの各部に使われているベアリングにマイクロロン処理をすると、ありえないぐらい駆動がスルスルに仕上がることを実際に見ていました。
ほんとに車にも効くのかなと思っていましたが、ほんとに効きます!!!
まず始めに気づいたのが冷えているときのタペット音が小さくなったこと。そして乗ってみるとレスポンスが明らかによくなってます。絶対的なパワーやトルクはそんなに変わってないと思いますが、ハーフスロットル時やそこからの踏み増し時などで効果 を感じます。エンジン側の処理で余った分は、燃料に混ぜて使用することでポンプやインジェクターの処理もでき、価格と効果 を考慮すると大変お得だと思います。

体験記その30

作業…スズキ ラパンSS 5MT
   フロントLSD組み込み

 メーカー設定でLSDが無く、スポーツ走行でのホイールスピンがどうにも納得がいかないために機械式LSDの組み込みを決意しました。
事前に、武田さんへ「純正トルセンか機械式のどちらを組むのか悩んでいる」と相談したところ、こちらの痒い部分さえも明確になるような回答を頂き、機械式の組み込みを決意しました。
ただ、1wayが良かったけれど、クスコにはラパンの設定が無かったため、適合するかどうか不安でしたが、メーカーへも問い合わせして頂き、(結局不明との回答だったみたいですが・・・)依頼者の不安を取り除くための努力もして頂きました。
最終的には、クスコRSの組み込みを依頼致しました。 ただ、武田さんの経験上で新規格軽のミッションは初体験とのことで、少なからずの不安を抱かれていたようですが、 このあたりのノウハウについて、武田さんへは絶対の信頼をおいてましたので、私は大船にのったつもりでいました(笑)
当日は10時より作業を開始し、昼過ぎにはミッションは降りてました。 取り外し前に可能な限りいろんな角度から取り外し部位 のチェックや検討をされてました。 このあたりはDIYで作業する際、私などは行き当たりばったりでどんどん外していきますので、大変勉強になりました。 また、ドライブシャフトを外すのが当たり前だと思ってましたが、ナックル側は残したまま・・・というのも驚きました。 本当に最小限の作業だけでおろしてしまうあたり、さすがです! 5速ギアを外さないとデフが見えてこないとのことですが、やはりここも(新規格軽では)初体験部位 らしく、「ん?」とか、「あれ?」とか、結構悩まれながらの作業をされてましたが、いざ外れてみると時間的にはあまり要してません。不思議です(私などは、悩みだすと一気に日が暮れます) 指先の開いた作業グローブや力ずくの作業を行わないあたりは、正確に組み込むという理念が伝わってきて、依頼者としても安心出来ました。 サポートすると半額・・・とのことでしたが、全工程の5%も手伝えてないと思うのですが・・・半額で良かったのでしょうか^^;
リフトにあげたままで2nd&アイドルで10分程度空転させてました。実走前に内圧がかかった状態でオイル漏れ等をチェックするためとのことでしたが、こんなチェック方法を行うショップさんは、今までいくつものショップさんでお世話になりましたが初めてで、改めて武田さんに作業依頼して良かったなと思えました。いや、ほんとに(笑)
組み込みは外すときの経験をしっかり踏まえたもので、手際よくあっと言う間に載ってしまいました。 外す際にメモをとってなかった気がしますが、覚えてるんですね・・・ 私より一回り以上お年が違うはずですが、この記憶力って・・・自分には無いっ( ̄□ ̄;
あとはもう補機類の組み込みなので休んでてと言われたのですが、デモ車であるエボ8MRについて私があまりにも物欲しそうに見ているので、試乗させて頂きました! サイト上で、「サーキットセッティングだが乗り心地が良い」とか書いてあったのを思い出しながら試乗。 (いやいや、やはりサーキット用だけど街中も何とか我慢出来るってレベルでしょう)と考えながら乗り出すと・・・ 確かに乗り心地が良い!オーリンズに対する印象ががらりと変わるものでした。 昔、オーリンズのジムカーナモデルを組んだ車に乗ってましたが、そりゃもー街中はひどくて。 同乗者に良く、「戦車みたいだね」と言われるほどでしたが、デモ車のエボ8MRは確かにある程度の硬さはありますが尖った硬さでなく、角の丸い硬さというのか・・・ きっとすごく硬いのにしなやかに動いてる印象の足でした。 これで、曲がりもすごければ・・・と考えると、出来れば、サーキット等クローズドコースでも試乗してみたいです。
また、トルク感も良いですね〜 当然パワーもついてきてる感じですが、トルク感というか加速感が官能的です! 踏み込んでからトルクが盛り上がるまでの時間がぜんぜん短い!また過給圧が正圧になってからのすごいトルクは、ノーマルエボ8MRをまんまふた回りほど底上げしたイメージでした(後日ノーマルエボ8MRに乗れましたので比較しました) ただ、クラッチのミートポイントが遠く感じた(プル式なので普通とのことです)のと、やはりハイパワー車、クラッチが重い^^; 私は渋滞で乗れないです・・・ ただし・・・欲しいと思ってしまったのは事実ですが。
新生チームもいろいろと特典が盛りだくさんな様ですし、なにより既存のチームとは異なったチーム間口の広い考え方に同感できましたので、また入会をお願いしにいこうと思ってます。

かがでしょうか?

体験記その29

作業…ランサー エボ8
   ブレーキパッド交換

 タイヤの取り外しの基本作業のノウハウ、ブレーキ交換時にどんなふうにすれば交換 出来るなど、
とても分かりやすく説明をうけながら交換することができました。
最後のタイヤ締め付けでうまくいかないところがありましたが、そのときもなぜうまくいかなかったかを教えてくれて、とても丁寧に教えてもらいました。
車好きなかたには、作業のサポート割引はとっても楽しくていいと思います。みなさんも体験してみては?



体験記その27

作業…トヨタ スターレットEP82
   マイクロロン添加&オイル交換

 「マイクロロン」これはすごい!!
武田さんがすすめるから、「本当に効くのかな」と思いながらも入れてみたら、
今までいろんな添加剤を使ってみたけど、こんなに効果が体感出来る物はなかったです。
30キロくらいしか走ってないから燃費はまだ分からないけど、注入してすぐに「あれっ!」て思うくらいエンジン音が静かになって振動も少なくなりました。
マイクロロンは本当にすごいです!!

体験記その28

作業…トヨタ アルテッツアSXE10
   ATFオイルクーラー取り付け
   (汎用品)

 今回の依頼はオイルクーラー。
ATの油温が上がるとシフトダウン拒否するのでその対策です。が、1番の問題は商品のラインナップが無いという事。その為汎用品でまかなうしかないので、保障がとれません。
ディーラーなどで頼んでも断られそうだし、信頼の於ける社長に相談してみました。さすがにやった事のない作業なのでどうなるか未知数とのこと。他に方法もないので思い切って注文しました。そして作業開始。取り付け位 置の決定やステーの作成、ホースの取り回し、予想外のトラブル等により一筋縄では行きませんでした。しかし、匙を投げたくなるような場面 でも笑顔で作業は着々と進んでいきます。
そんなこんなで取り付けが完了。傍から見て汎用品を使ったとは思えない自然な出来栄えに満足です。

このような前例の無い作業でもお願いを聞いてくれます。似たような事で悩んでいる方、1度相談してみてはいかがでしょうか?


体験記その25

作業…ランサー エボ6 スーパー筋金くん取り付け+リヤDISCローター交換

 昨年の夏以来、サーキットにたびたび足を運ぶようになってから
ブレーキローターの磨耗が気になっていた為、筋金君の取り付けと合わせてローター交換をチューニングサポートでお願いしました。
作業内容自体は比較的簡単な作業でしたが、筋金君取り付けの作業をやらせて頂いた際にインナーフェンダーの脱着に時間がかかってしまいました。ローター交換時は武田さんの作業を眺めて質問しているだけの状態でしたが、丁寧に説明していただいて一つ一つの作業の意味を理解できました。
またそれ以外でも、タイヤ脱着やボルトの緩め方、締め方、外した部品の並べ方などの基本的な部分での様々な注意点やコツのようなものを教えていただく事ができ、我流作業の非効率性、危険性を認識しました。
今回初めてチューニングサポートを申し込んでみたわけですが、私のように車を触るのが好きな人間(下手であっても)にとっては大変楽しく、お得なサービスだと思い ました。
そして、車を触るのがそれ程好きでない人にとっても自分の車に対する理解が深まり、得る物は多いと思います。迷っている方はぜひ一度チャレンジしてみて下さい。

体験記その26

作業…ランサー エボ9 GT
   F LSD組込、ファイナル交換、
   クラッチ交換、E/Gマウント交換、
   フロント廻りのBUSH交換。

 46歳のおやじです。 息子のランエボを借りているうちに、はるか昔 夢中だったモータースポーツの魅力を思い出し清水の舞台から飛び降りランエボ9を買いました。
原則DIYで改造してきましたが、さすがに今回はLOSEDOGSさんにお願いすることにしました。『今日は午前様を覚悟してください』との武田社長の言葉、昼までにミッションを降ろす予定で始まりました。 しかし 武田社長のてきぱきとした作業にもかかわらずミッションが降りたのは3時をまわっていました。 なぜ? 武田社長は手が動くのも速いけれどそれ以上によく回るのが社長の舌。私と年代が合ったのか(私のほうが若いですが)昔の話がはじまるともう止まりません。ラリーの話題は当然ながらサラリーマン時代の話まで、私も作業のサポートっていうよりも遊びに寄らせてもらってます って感じで楽しい時がながれました。 そんななか作業は順調(?)にすすみLSDの組み込みが終了。
次はファイナルギアの交換。なんとミッションの軸がファイナルギアと一体なのでミッションを全部バラバラにしなければならないとのこと。ここでちょっと武田社長を持ち上げておくと、これがまた器用にプレス機を駆使しギアを外していくではないですか。流石プロですね。 ここまでの実作業時間は5時間くらいか、でも時刻は9時を回ってしまい私はギブアップ。後は武田社長にお願いすることにしてしまいました。しかも週末の競技会に間に合うよう無理をお願いしましたが、快く承諾していただき今日予定とおり完成しました。しゃべらなければ仕事が速い。くるまの調子も上々です。
次回もぜひLOSEDOGSにお願いしようと思っています。ありがとうございました。


体験記その23

オープンガレージ体験記 インテグラDC5 作業内容・タイヤ組み換え

 もともとジムカーナに興味があり、G6について色々調べているうちに、LOSE DOGSさんのホームページにたどりつきました。
場所も安城と自宅から近く、また1時間4000円(平日ですが)で色々な設備や工具が使わせて頂けるとの謳い文句で、自分でタイヤの組替えをするのもありかなと思い、思い切ってオープンガレージサービスを申し込んでみる事にしました。
作業自体は、学生時代にガソリンスタンドでバイトしていた経験もあり、何とかなるだろうと思っていましたが、如何せん私も人間、すっかり手順を忘れてしまっていました。(正直ちょっとあせりました...。)
しかし、武田代表が一つ一つ丁寧に作業手順を教えてくれ、何とか一人でタイヤの組替えが出来る様になりました。(実際にタイヤの組替え作業を行いながらコツを教えてくれましたよ〜。)
また、的確なご指導で非常に分かりやすかったです。(タイヤの組替え作業をやったことの無い方でも十分理解出来ると思いますよ〜。)
製造されてからかなりの時間が経過しているタイヤだった事もあり、作業は予想よりもはるかに時間を要しましたが、お金に変え難いなかなか良い経験をさせて頂いたと思っております。(作業を通 じ、タイヤはやはり新品がいいと痛感しました。お金に余裕のあるときは、新品を購入する様に心掛けたいと思います。)
末筆になりましたが、嫌な顔一つせず作業の手ほどきをして下さった武田代表には、非常に感謝しております。また、フランクな人柄も代表(LOSE DOGS)の魅力の一つではないでしょうか。
そんなLOSE DOGSさんに、次回もお世話になりたいと考えております。
体験記その24

作業…ランサー エボ9
スプリング交換

 ランサーエボリューションにローダウンスプリングを組み込むために チューニング費用が半額で済む、サポート割引でお願いしました。
ルーズドッグさんにチューニングをお願いしようと思ったきっかけは、サーキットの走行会で、ルーズドッグさんのステッカーを張っている方を数人お見かけしたことがある、という事と、自分がチューニングをしたことが無く、メカ音痴であるため、プロと一緒に、作業させていただくことにより、少しでも車がさわれるようになればとの思いからでした。
電話とメールで部品の注文をさせていただけたことも大変助かりました。自宅とルーズドッグさんは決して近くないので・・・。
さて、当日、ホイールがなかなか外れません。 サーキットで走ると、適正トルクでは、ナットが緩んでしまい、ホイールにがたが出たことがあったため1.4倍ものトルクでいつも締めていました。そこで武田さんから、トルクのかけすぎはハブボルトをいためてしまう、ナットをアルミ製に変えて組成変形を使い、適正トルクで締めるべき。とご指導いただきました。
やっとの思いで、ホイールを外し、スプリングの組み込みです、さすがプロの手際のよさで、フロント・リアともに、すぐに作業終了、少なくとも自分にはあっという間でした。そして、アライメント調整へ、自分はこれが大変でした。
なぜなら調整用に自分が車を動かし、武田さんの正面を向くようにするのですが、なかなかできません、恥ずかしい・・・。
メカ音痴だけでなく運転も下手なことを痛感しました。試運転で車の状態を聞かれかれ、なかなか理解できず、何度も丁寧に説明していただきました、大変申し訳なく思いました。何度かの試運転後に、アライメント調整も終了し、無事作業終了。まだまだ自分一人では、作業ができそうに無いこともわかりましたので、次回もルーズドッグさんにお願いしたいと思います。とにかく優しく教えてくださることに感謝・感謝の1日でした。
ホイールナットは後日、自宅近くのカー用品店で購入しました。17HEXの鍛造アルミナットが見つからなかったため、カラー部がアルミで、ねじ部が鉄製のレーシングナットというものです。
まだ来ていませんが、来たら適性トルクでの締付けに戻したいと思います。

体験記その22

作業…スバル インプレッサ GDB−C
   ショックO/H&脱着、組み付け

 最昨年足回りをLOSEDOGSでオーリンズに換え、G6ジムカーナで1年使ってみたのですが イマイチクイック感に欠けてて・・・そこでBOSS武田さんに状況を相談したところ、スプリングレートUPが必要だと指摘されました。またスプリングレートUPをすると今の減衰力では追いつかないとも指摘されたので、思い切って仕様変更してみることにしました。
そこでBOSS武田さんから”サポート割引やってみる?”っとお誘いを受けたので、どうせならプロの技を盗み見しよう!と思い、やってみることにしました。

【1日目】 今回ショックの仕様変更で2週間足回りがメーカーから戻ってこなくなるため、お店の奥で車を居候させてもらいました。で、車両をジャッキアップして馬をかけて、足回りを外すのですが、外したあとにハブにも馬をかけている・・・なんでも外れたハブが傾きドライブシャフトに負担がかからないようにするためとのこと。こういうところまで気を使うとは、さすがはプロですね〜(自分でやると確実に宙ぶらりんにしてしまう)。1日目はショックを外して発送用に梱包するところまでで終了〜。

【2日目】 ショックが仕様変更から戻ってきたので、作業再開です。まずは戻ってきた足回りのバネ交換、このときに分解した部品を並べるようにとの指示が。なんでもコレで組付けミスを防止することが出来るそうです(今までバラバラにおいて作業してた自分・・・)。さらに足回りの作業は同じ作業が4回あるので、流れ作業でくみ上げていく方が効率的とも。
そして車両に組付けてアライメント調整ですが、ここでもさすがはプロです、3回も実走しながら調整するとは・・・。

で、今回の作業で気が付いた点と言えば・・・
1・確実に、無駄なく効率的に作業する姿はさすがです!
2・ミス防止を徹底されているので、とっても安心できます!
3・組付け方法のコツが、とても参考になります。さすが百戦錬磨は違います!

サポート割引をやってみて、ショップお任せではなく自分もチューニングに参加する楽しみがある、
これで工賃半額って、こんなに美味しいサービスはないな〜っと感じました。





体験記その20

作業…日産 ウイングロード 作業内容 スプリング交換

 今まで、スプリングの交換だけは工賃が高いのでどうしても手が出せませんでした。
しかし、ひょんな事で中古のスプリングを手に入れる事が出来たので、
部品代が浮くなら交換しようと思い、インターネットを使って県内の安いショップを探していました。
やはり、どこのショップもアライメント調整も含めて5万前後が相場。学生でしかも一人暮らしをしている僕にとっては痛すぎる出費です。やっぱり交換はやめようかと諦めかけていたその時、どういう経緯で辿り着いたかは覚えていませんでしたが、ルーズドッグスさんのHPを発見しました。
そして、しばらくサイト内を見ているうちにチューニングサポート割引の存在を知りました。
半額というと万単位の差なので、これからバイト代で十分払えると思い、迷わず決定。

予約をして、いざ作業の日。
サイトの派手さと対象的に、小さめの店舗にまず驚きました。
こういうショップに足を運ぶのは初めてだったので、正直少し不安がありました。
しかし、武田さんはとても気さくな方で親しみ易かったので、だんだん居心地が良くなってきました。
僕がサスペンションについて質問すると、武田さんは作業中の手をわざわざ止め、
身振り手振りで丁寧に説明してくれました。
今までサスペンションについてはほとんど無知だった僕も「この部品がこの役割をしているんだな」という事ぐらいは理解できるようになりました。
 仕上がりにはとても満足で、何よりも自分もチューニングを手伝ったという達成感がとても嬉しかったです。また何かチューニングをする時は是非よろしくお願いします。
信頼のおけるショップに出会う事が出来て良かったです。
体験記その21

作業…ホンダ オデッセイ 車高調組み

 車高調を持ち込みで取り付けをお願いしました。
ネットオークションで中古品を購入したこともあり、取り付けをどこ でしてもらうか悩んでいました。
ディーラーでの見積もりでは4万、 量販店やプロショップではその2割増と結構な工賃。自宅でネットで 検索しているとここのHPにたどり着き、チューニングサポート割引 を知りました。
で、早速見積もりをしてもらいましたが、オデッセイ の実績が無いとの事。少々不安を感じていましたが、半額につられ予約(笑)。

ここからインプレですが、早速トラブル…。タイヤを外し終わり、右 フロントの純正ショックを外そうとボルトを3本外しました。しかし ショックは外れません。ネジ山を叩いてみたり、ショックを引っ張っ てみても全く外れる気配がありません…。
「あれぇ?なんでぇ?」と 悩む武田社長。よぎる不安…。やはり実績がないと無理だったか。そんな時、車高調側のネジ山は3本だったかな?と、ふと思いました。 はっ!と車高調のショックを確認するとネジ山は5本。ストラット バーをはさんでボルトが2本止まっているではないですか。これを外 してようやく交換と思いきや、今度はタイヤを支えるアームがスプリ ングと干渉し、引っ張り出せません(涙)。
しかし、ここはさすがプ ロ。どこを外せばよいのかすぐに察知。ようやく右前側のショックが 交換でき、左前へ。要領がわかったのでこちらは簡単に交換出来まし た。 続いてリアへ。こちらもまた手こずりました…。肘掛けのパネルを外 し、隙間に工具を突っ込みますがボルトが固くて回らないようで 「ウーン!」といきむ社長。申し訳ない気持ちでいっぱいでした (汗)。
結局は内張りを一部剥がして隙間を広げてなんとか交換出来ました。 このサービス結局自分でやったことはタイヤの脱着だけ。あとは部品持って来てだの、工具持って来てだの簡単な事ばかり。ついでにアライメントも取っていただきました。
アライメント込みでこの価格は絶対お得です! プロの技術も間近で見れるし、勉強になります。 友達にも勧めたいと思います。 そして、実績の無い車に対しても終始「何事も勉強です」と言ってくださった武田社長に感謝です。そしてお疲れさまでした。 機会があればまた次回利用したいと思います。この度はありがとうご ざいました。
LOSEDOGSは、どうしても走り屋系や、競技系が中心と思われがちですが、ショップのテーマである、《車を使えばみんなモータースポーツ!》をモットーにしていますので、ワゴン系の方も大歓迎ですよ。気軽にご相談ください。

体験記その19

LOSEDOGSデモカー(エボ8)試乗記

 ひょんなことからデモカーに乗せてもらえることになり、車高の低さを頭にいれ、ある程度の突き上げの強さは覚悟して乗り込みましたが、発進して少し走ったときに非常に乗り心地がよく、減衰力を街乗りように一番柔らかくしてあるんだろうと思い試乗終了。
降りて武田さんに聞いてみるとこの状態でジムカーナをしているといわれかなり驚いた。弟がエボ5に乗っており、同じような車高でいわゆる「改造した車」の硬さだったので、それと同じ状態を予想していたらあまりの違いに驚きました。
 硬くすれば良いというものではなく、あくまでもしなやかにストロークさせることが大事なんだなと実感しました。 エボオーナーの方は、ぜひとも試乗することをお勧めしますよ。
今まで体験したことのない感覚で驚くこと間違いないです。

体験記その17

作業…三菱ランサー CT9A
   エボ8MR GSR
   クラッチ交換

 ブーストアップをして以来クラッチが心配で強化を考えたのですが、お金が余り無く、
車検も近くて諦めていたのですが、たまたまネットオークションでラリーアートのツインクラッチを新古で安く手に入れられたので、安く取り付けの出来る所を探していたところ、
ルーズドックさんのWEBサイトをみて「これだ!」と思い メールをしてみたところ、
年末の作業と持込ということでホントご無理なお願いでしたが 快く引き受けていただきました。
実際の作業ではかなりばらした状態まで行ってからフロントパイプのボルトが固着していて(大手量 販店の取り付け)で外れず苦渋の決断で延期しました・・・。
後ではずす事を考えない量販店のいい加減さがよく分かりました。 年は明けようやく2度目の作業・・・
まず最初にフロントパイプを外しました、今度は一発ではずれ その後の作業はとても順調に行きました。
ボルトの緩ませ方や正しい工具の使い方等ノウハウをたくさん教えていただき さらに工賃まで安くなるなんてとてもいいサービスだと思います。 しかしエボのクラッチ交換は大変です、実際作業を手伝ってみて工賃が高いのもうなずけました。 クラッチは今のところ何の問題もなく異音等皆無です。
自分で取り付けたという達成感が結構病み付きになりますね。 ホントに色々ありがとうございました。 最近エンジンの調子がとてもいいと思います たぶんエンジンオイルの違いだと思います・・・。
普段は一応100%化学合成のPowerCluster 10w−40を入れているのですが
初めてエステル系のモチュールを入れたのでなんかとてもスムーズにエンジンが回る感じがします。
体験記その18

作業…日産スカイラインクーペVCP35
   リヤインナーシューの交換。

 いままでミニサーキットを走ることがほとんどでしたが、今年はジムカーナを視野に加えてセットアップすることに、もともとタイトコーナーが苦手なので克服するのが目的です。
ジムカーナといえばやっぱりサイドターンがしたいなあという思い込みで早速武田さんに相談することに。
「すごく効くのがありますよ」の一言で即決!(笑)
しかし、いままでサイドブレーキをブレーキパッドでおこなうタイプしか経験がなく、ドラム式は初めてなのでチューニングサポートをお願いすることにしました。
今回のチョイスはWINMAXのZELOS GsisVer.2です。標準の車種設定には ないので特注品です。キャリパーをはずしローターを外すとインナーシューが見えてきました。もちろん初めて見る光景です(結構簡単な仕組みなんですね)。スプリングを外していきインナーシューを外すまでは順調です。
「ランサーより全然簡単じゃん!」と武田さん。しかし組みなおしていくとなかなかスプリングがはまっていかないのです。そんな中あの手この手できっちり組み上げていくのはさすがだなあと 感心しました。
しかしここからが今回のチューニングサポートの目玉! めちゃくちゃ効きのいいインナーシューであるためクリアランス調整と当たり付けをきっちりやる必要があるのです。引き摺りを減らすためクリアランスは大きめに、標準の設定だと引き摺りが 大きすぎてブレーキシステムがバラバラになってしまう可能性があるとのこと。
調整後次は当たり付けです。武田さんに教わったように走行中に サイドブレーキを引いたり戻したり(まわりの車に迷惑がかからないように)だんだん効きが強くなっていくのがわかりました。
慣らしを終え戻ると制動テストです。最初に私がトライしましたがロックまでは辿り着けず・・・
次に武田さんがトライするとあっという間にロック! なんとドラテクまで教わってしまいました。(内容は秘密ですね)
競技用の部品は取り付け方や使い方に特異な部分があり、経験がある方に相談するのが一番だなあと思いました。 一緒にブレーキパッドも購入したので走らせるのが楽しみですね。

−オーリンズのその後−
オーリンズに交換し一ヶ月、筑波サーキット1000とYZサーキットを 走ってきました。タイヤが純正のRE040 3年ものだったのでタイム自体はいまいちでしたが、明らかに限界があがったと思います。
ノーマルよりは大幅にタイム短縮しました。その後タイヤを履き替えたので次は硬めのセッティングで走ってみようと思います。

体験記その15

作業…スバル インプレッサ GC8
   Ver5 WRA−RA 限定車
   フロントLSD組み込み、
   クラッチ交換
   ビスカスデフからDCデフに交換

 2回目となるチューニングサポート割引。またまた勉強になりました。
リアデフの次はフロントデフ!と、リアデフを組むような感覚で挑んだのですが、こんなに大変な作業になるとは思ってもいませんでした。
ミッションが降りるまで、「GC8もそろそろレストアが必要だね〜」なんて笑いながら作業をこなしていました。しかし、私のわがままで持ち合わせたセンターデフをついでに交換してもらうとき、事件は起きました。
ケースの形がまったく違い、つかないかもしれないとのこと。試行錯誤すること小一時間・・・店長の豊富な経験のおかげで無事に装着できました。
しかも、あーだこーだしている間、「この部品があそこと繋がっているから、こうな風に外してこう取り付けるんだ」とか、「この部品はこんな役割なんだよ」とかレクチャーしてくださいました。普段見れない箇所だけにとても勉強になったと共に、店長の懐の深さに感動しました。
でも、やはり店長も人間。私もわがままが原因で、最近悪くしている店長の膝が疼くことにっ!それでも店長は、かばうそぶりもせず一つ一つ進めていきます。この一つ一つが基本であり、とても重要なことなんだなぁと2回目にして痛感しました。 そんなこんなで作業終了が12時半!(夜ですよ)こんなに大変で、自分の知らないことだらけだったフロントデフ交換。サポート割引でなくとも、設定された工賃は安いと思ってしまいました。次回からはお任せしようと思っています。 信頼の置ける武田プロにっ!!
あなたの愛車を任せるお店を迷っているあなた!チューニングサポート割引は工賃が安くなるという「お得」だけがメリットではありません。是非プロの作業を体験することにより、お店で話しただけでは出来ない信頼関係を築くことが出来ます。とってもお勧めですよ♪
体験記その16

作業…トヨタMR2 SW20ターボ 2型
    LSD組み込み クラッチ交換

 このクルマは新車で購入してからもうすぐ14年15万キロの老体である。
通勤メインと有志での3〜4回/年のサーキット走行という具合。
まだこのクルマに乗り切れていないと思い続けてここまで来てしまった。
自分の感覚とクルマの挙動が ほんの少しだけズレている。このズレを自分は楽しんでいるのかも知れない。
今回 ノンスリを入れ大きく感覚をズラして もっと楽しんでやろうという作戦である。
足回り交換や自作ブーストコントローラー,点火時期,燃調など今までコツコツ楽しみながら 全て自分でやってきた。ショップの手を借りず 金をかけず 頭を使う が私のポリシーなのだ。
ただ さすがに ミッション脱着は生命の危険を感じて BOSS武田殿を訪問。
『SWII型に今さら何でノンスリ? クルマ乗り換えた方がいいんじゃない!』と言わんばかりの無愛想なオッサン。とりあえず予約したが 作業日が未確定。1ヶ月ほったらかしでもう忘れられてると思っていたら覚えてたみたい。作業当日は楽しみにしていたが、あのオッサンと一日付き合うのは気が重い。まあとにかく分かった様な口をたたくと冷たくされそうなので小僧気分に徹する。
会社と違って言われた事だけ確実にやっていればいいのだから大変楽ちんだ。手馴れた順序で作業を進めて行くBOSS武田殿には無駄 な動きがなく敬服。特にボルトの締付け作業はエアーインパクトがリズミカルに響き作業が美しい。私は何本も手締めのオーバートルクで頭を飛ばした経験があり その点もボルトサイズ(強度区分)に合ったメガネレンチのアーム長を使い分けプロである。
どんな作業をしていても幾度か壁に当たるが BOSS武田殿は冷静に判断し(アー or アレー or ハァ〜 or 何〜 などの奇声は発している)どうしてこうなってしまっているのか本流を見極めて対応しており流石です。
私なら現象対策をして大失敗しているところでした。大変勉強になりました。
オイル漏れやボルトかじりも多々あり苦労を お掛けしました。
無愛想なオッサン 改め 優しいオッサンでした。

体験記その14

作業…ランサー エボ6 トミマキ
   東名コンプリートエンジン換装、
   リヤLSD組み込み、クラッチ交換
   フロントLSD分解O/H その他

 最初は正直言って、迷いました。 なんたってエンジン換装ですからねぇ・・・。
金額の事は勿論ですが、いくらレーシングエンジン専門のチューニングメーカーが組んだコンプリートエンジンだって言っても、そんなに違いがあるのか・・・ 今のエンジンをオーバーホールすりゃいいんじゃないのか・・・ 純正エンジン換装で充分じゃないのか・・・ それに、当方レースばかりやってる訳じゃないし・・・ 第一、所帯持ちで子供もいるし・・・
でも、去年の夏以降から急にエンジンのノイズが増え始めて、エアコン入れると坂は登らないわ、通常走行でもトルク感はないわ、燃費は悪いわで泣きの状態でした。
高速道路走行中なんか、クルマに無頓着な嫁はんや子供からも、
「お父さん、最近ウチのクルマ、なんか変だね。なんか重そう・・・」 って言われる始末・・・
新車で購入後6年半経過で走行距離が6万9000キロ、年に3〜4回のインターバルでミニサーキットで走ってたくらいなのに、こんなにも早くエンジンってヘタるもんなんですかねぇ。
元々ハズレだったのか、使い方が悪かったのか・・・ そこで思い切って・・・というか武田さんの、
「はっきり言って別モンです!」 の言葉を信じて決めちゃいました。
なにしろ初めての体験でなにも判らない状態でしたが、エンジン発注から仕上がりまで全て武田さんにお任せでしたし、先々工賃を節約する為にエンジン換装時に同時にやっておいた方が良い作業等も奨めていただきました。 エンジン発注から仕上がりまで正味約2ヶ月・・・
実際の換装作業は正味2週間ですが、ラジエータやクラッチ、デフ、排気系諸々の交換並びに調整を含めてなので、個人的には 「え?もう出来たの?」 って感じでした。
そして、生まれ変わった愛車受け取りの日。 仕上がりは勿論、憧れてたマリンブルーのヘッドカバーとオーナーズブックを見て、素直に感激しました!!とにかく綺麗です!! それと、武田さんからの一言でまた感激・・・ 「これからはチューニングエンジンのオーナーですので、節度ある運転に心がけて下さいね」 なんだか身が引き締まる思いでしたが、嬉しかったです!
そして初走行! アイドリング時は強化マウントのせいか、振動はそれなりですが、1000回転越えてからは慣らし中ながら別世界です♪ なんていうかクルマとアクセルが軽くて、羽根が生えたような感じ・・・ 無理して踏まなくても勝手にクルマが進んでくれるような・・・ 500kmほどの慣らし後に初の全開走行した時は、はっきり言って目からウロコ状態で、パワーがどうとか、ブーストがなんぼとか、そんなのどーでもいーや!・・・ってのが素直な印象でした。 プロが経験と技術に基づいて、しっかり丁寧に組み上げたエンジンがどれ程素晴らしいのかが、良く判りました。 とにかくスムーズで、エンジンが生き物のように伸び伸びと無理なく動いているようです! もし、最近エンジンの調子が気になりだしたヒトや、走行距離が10万キロ近いけどまだ乗り続けたいっていうようなヒトには絶対お勧めです。 確かに純正エンジンや一般のオーバーホールと比較すると高額ですが、現状のエンジンに致命傷が無い限り保証金は戻ってきますし、タービン等の補機類も新品、何よりもやはり東名コンプリートは伊達じゃありません!!
是非、多くの方にコンプリートエンジンの魅力と、
あのオーナーズブックを持つ喜びを味わっていただきたいものです。
ルーズドッグ武田さん、東名パワードさん、本当にありがとうございました!!









体験記その13

作業…トヨタ アルテッツア SXE10 サスペンション交換

 ルーズドッグさんへお邪魔させて頂いたのは今回で2度目 1度目はパッド交換をサポートさせて頂き、とても勉強になったので 今回の車高調は自分で取り付けてみようと思って挑戦してみました。
正直、最初は外してつけかえるだけじゃん?って思ってたのが大間違い!
外すにしても手順が解らないし、外す必要がある部分も解らない。
肝心な事が解ってない自分でも、武田社長は優しく、親切に、的確且つ解りやすく教えていただけました。
また、作業にあたって基本であり1番大切な事も教えていただけました。
外した時と全く逆の順番からはめていく、外した時と同じ工具を使用する。
また、どういう時にどういう工具を使うか。 そういったとても大切な事を教えてくれる武田社長は
客である自分の車でも大切に想ってくれる、そんな優しさに感動しました。
取り付けが終わり、とても充実した作業ができたので顔も服も真っ黒になってしまいましたが
とても気持ちのいいものでした。
自分の車の事くらいは知っておきたい。そう思っているのであれば1度体験される事をオススメします!
後悔する事は120%無いですよ!

体験記その11

作業…GDB−F型 フロントデフ&クラッチ交換

 私がチューニングサポート割引を利用したのが今回の作業で二度目です。
一度目で味を占めた私はフロントデフとクラッチ交換の作業をお願いしました。
なぜこの日なのか・・・、嫌がらせに近い中部地方では近年まれに見る大雪の日でした。
しかも武田さんの中では評判の悪い(笑)GDBの作業かつ極寒の中の作業という悪条件の中での作業です。
この作業をする前から「とても大変な作業になるよ」と言われていたのですが、
自分の中ではラジコンカーのフロントデフを組み込むような簡単なイメージで挑んだのが失敗の元、
泣きを見る位に大変な作業でした。
作業分担はメインの作業は武田さんで私はアシスタントという具合です。
実際に私が行ったのは細かい箇所のナット脱着、重量物の運搬手伝い、工具の運搬等です。
書くと簡単に感じますが実際はもの凄く大変です。最も一番大変なのは武田さんですが・・・。
作業を通じて非常に感心させて頂いたのが武田さんの暖かな気持ちです。
他の店にありがちな、作業をしてやるというスタンスではなくて「車にお金掛かるのは分かる。だからちょっとでも君たちを助けてあげよう!」という気持ちが感じられました。
あと一つ一つの作業の細かさです。取り外した部品を着いていた状態の向きに並べておき、
元に戻すときに分かるようにしておくといった事も感心しました。
本当に安心して作業をお手伝いする事が出来ます。
少々お店までは遠い場所に住んでおりますが3回目もよろしくお願いしたいと思っています。
体験記その12

作業…CPV35 スカイラインクーペ
   サスペンション交換

 友人に薦められルーズドックにおじゃまし、ショック選びから武田さんに相談することにしました。
CPV35向はスポーツ志向の高いモデルはほとんど出ておらず、 Z33用が流用できるというインターネットの情報を基に 武田さんに調べていただき、
オーリンズZ33用を流用することになりました。(最後はオーリンズはいいですよのひとことが決めてかな) 多少予算オーバー気味なところもあり、自分で交換する自信もないためチューニングサポート割引をお願いしました。
当日想定外の工事渋滞に巻き込まれ遅刻し、早速ご迷惑をおかけすることに、さらに用意したはずの軍手も忘れ、拝借することに。 武田さんメインでもう一人の方(名前がわかりませんすみません)がサポートで作業を開始し、ほとんど見ている状態・・・
開始して早速Frショックの取り外しで苦戦し、悩みこむことに。 ショックが抜けるスペースがないんです! いろいろ試し、結局ロアアームを切り離すことに・・・ 「この調子だとRr側もはまりそうだなあ」と話しながらRr側へ ショックは意外にすんなりと外せましたが、スプリングが・・・ 体重をかけアームを押し下げ、ようやく外れました。 Fr側もRr側も取り付けはすんなりいきお昼には終了しました。 武田さんにとっても初めての車種でしかも他車種用の部品を流用でしたが、とっさの判断力はやはり経験なのかなあと思います。それを間近で感じることができ、工賃半額はものすごく得した気分です。
私の「部品運びぐらいしかできなくてすみません」の一言に 「私も勉強になったからイーブンですよ」と答える武田さん。このサービスを受けて一番良かったなあと思えた瞬間でした。
☆★ パーツインプレッション−★☆
交換後100km程ドライブしてきましたが、走る程にタイヤの接地感がダイレクトに伝わってきて、コントロールしやすいです。
以前に他社のを使ったことがありますが全然違います! 今後、車高と減衰力調整し使いこなしていきたいと思います。 以上、感想でした。

体験記その9

作業…MR2 SW20 ターボ ピロブッシュの交換

 今回、チューニングサポート割引を利用して、
MR2(SW20)のブッシュ交換(クスコピロブッシュ)とフロントピロテンションロッド装着を行いました。 作業としてはあくまでサポートという事で、もともと車いじりの好きな僕にとってはまったく苦にならないものでした。
普段、自分で車をチューニングしない人にとっても、そんなに大変な作業はないと思いますし(大変な作業はやりたくてもやらせて貰えません)、なかなか見られない自分の車の内側を見ることが出来るので非常にお勧めなサービスだと感じました。
もちろん工賃半額はとっても魅力的!さらに会社でパソコンとにらめっこしているより健康的!(有休取って作業しました) 次回は今回やれなかったマフラー交換+触媒交換が待っています。今から楽しみ!

パーツインプレッション
調整式ピロテンションロッド装着によってアライメントも変更された為にハンドリングが良くなりました。
具体的に言うとステアリングインフォメーションの増加、クイックさの増加(曲がりすぎてちょっと交差点であせりました)、
また全体としては乗り心地が良くなりました。(言葉では表しにくいですがしっとりした乗り心地) あとリヤの動きについては公道では試せない為(自主規制)、サーキットへ行ってきます。

体験記その10

作業…トヨタJZX100 LSD組込み

 今回、初めてルーズドッグさんにお世話になりました。 車を換えてから近くで信頼できるショップを探していたのですが、 昔の友人が通っていたという話を思い出し、お店にお邪魔してみました。
事前にHPでチューニングサポートがあることを知っておりましたが、 武田さんから「時間があれば勉強になるよ」と勧めていただいたので、利用してみました。
チューニングサポートは金額もさることながら、 プロの作業を間近に見なることができ、 かつ自分も参加できることに魅力を感じました。
LSD交換は私自身初体験でしたが、 作業の注意点や何のための作業かを丁寧に教えていただけたので 一つ一つの作業工程が勉強になりました。 作業自体はデフケースを下ろすときに ドライブシャフトがなかなか逃げてくれなかったのですが 思った以上に短時間で終わりました。
世間話をしながら行ったので、時間もあっというまに経ってしまいました。 ただ、手際よく進めている武田さんの姿を見ているだけで あまりサポートできていなかったような…。
最後に「不安な点はなかったですか?」と聞かれましたが、 全ての作業工程に立ち会えたので不安は全くありませんでした。 逆に、全ての作業工程を見せたいただけたことで安心して乗ることができます。
後もルーズドッグさんにお世話になり、 チューニングサポートを活用しながら 愛車をレベルアップさせていこうと思います。


体験記その7

作業…CRX EF8 LSD組み込み

 今までショップへ行ったことが一度もなく、期待と緊張を背負いながらも工賃半額というたまらない響きの言葉に惹かれて、武田さんの元へ訪れました。
武田さんの手際の良さに見とれつつ、なぜか必要以上にトルクのかかったボルトやゆるゆるのボルトを淡々と外していきました。
取り外したボルトは、組み付け時に分かりやすいように部位別に違うトレーに分けていきました。
これで後々「ネジがあまったぞ??」的なミスを回避できるとのことで、なるほど〜と感心させられました。
実は1年前にディーラーでミッションOHをしてもらったのですが、このような有様とは・・・。
正直、ディーラーに対する不信感が生まれました。

しばらくして、ナックルからロアアームを外す作業に取り掛かり、
片方はあっさりと外せたものの右側はどうにもこうにも外せず、
ついには工具の機嫌が悪くなる有様。。。
交換断念という選択肢が頭に浮かんできたものの、武田さんの技術で何とか取り外しに成功!
ホッとしたのもつかの間、今度はミッションマウント部分のボルトを外そうにも
社外品のエキマニが干渉することが発覚し、急遽エキマニ&メンバーを取り外すことに・・・!!
他にも多々ありえないような問題に直面しつつも乗り越えていき、
ミッションが降りたのは作業開始から4時間ほど経った午後2時でした。

昼食&休憩を取り、さらに武田さんに日ごろの愚痴を聞いていただいた(笑)後、
ミッションの分解作業に取り掛かりました。が、早速問題発生!!
Cリングの両端にあるはずの爪の片方が欠けていました・・・。
分解は何とかできるが、組み付けは非常に難しいとのこと。Cリングを発注し、後日作業再開という案が出ましたが、ダメもとでトライしてもらう事になりました。
LSDの組み付けも完了し、ギヤを取り付け、問題の箇所にきました。奇跡へのチャレンジ開始です!
自分は横で成功を祈りつつ見守っていました。 結果・・・・奇跡が起きました。
素人目で見ても無理だと思うところをやってくれました武田さん!!
あとは以前にダメージを与えた左足回り付近を除いて、スムーズに作業が進行しました。
最後に楽しみにしていたMOTULオイルをミッションに充填し、試走です。
「んっ、何かシフトがスコスコ入るぞ?!」
今までシフトの入りが渋くて何度かディーラーにクレームをしましたが取り合ってもらえず、
あきらめていたシフトの入りがこれまでに経験したことがないほど、気持ちよく入るようになりました!
粘度からは想像できないほどのフィーリングです。 これはハマります♪
途中、数々のトラブルがあり、申し訳ないと思いましたが、快く作業をしてくださり大変感謝しています。
ありがとうございました!

体験記その8

作業…トヨタアルテッツァ クスコLSD組込み

 今回3つの理由でこのシステムを利用させて頂きました。
・まず、工賃半額という魅力!
・そして自分の車を自分で触れる(お手伝いレベルですが)楽しみ!
・さらに現役レーサー兼チューナーから直にお話しが聞ける!

汚れても良い格好で来て下さいとの事でしたので、昔々の大昔に何かのイベントで 頂いたBSのトレーナーにボロ(ポロではない!?)のズボンに着替えました。
しかし本当に汚れました。埃にオイルにシール材、、、ドロドロのデロデロです。
自分ではまだまだ古い車という認識はなかったのですが、
6年落ちの8万キロです。 あちらもこちらも錆びてる、固着してる、
歪んでるうえに改造車で問題発生しまくりでした。
途中の作業内容は省きますが、ほとんど武田さんのプロの手際よさで全てクリア!
服の汚れほど手伝えた訳ではありませんが、
どうしても嵌らなくなったプロペラシャフト (他車流用の為、寸法が合ってない)を
力技で押し込んだ所だけは若さとパワーでお手伝い出来たと勝手に自負させて頂きます!
何とかかんとかで昼飯も抜いて、完成したのは14時もまわった頃でした。
今回は嫁に内緒なんで、どこでもバキバキはまずいって事で1WAYを選択しましたが
試乗してみてすぐに思いました。これはすぐバレるわ。。。
でも交差点等でガッガッガッとデフが効いてる感触に笑みが止まりませんでした。
期待していた3つは十分に達成したうえに
プラス愛車の問題点を沢山指摘して頂けました。
今後もメニューが盛り沢山と分かり、楽しみが増えました!
本当に楽しかった1日でした。


体験記その7

作業…トヨタ アルテッツア SXE10 クラッチ交換

 チューニングサポートで一番印象的だったのは客とショップの関係ではなく、
お互いが仲間で一緒に楽しんで作業をしている気になれたということです。
今回初めてお世話になるショップだというのに不思議な気分です。
私はクルマをいじるのが好きで、学生のころは仲間内でパーツを付けたり
テストドライブに行ったりと楽しんでいましたが、そのころの気持ちがよみがえったような感じです。
もちろん主治医は武田さんで私は助手なのですが、クルマの下に潜りながら
「フロントパイプも取らないとミッションが降りない、チクショー!!」
などと話しながら作業ができて非常に楽しかったです。
このように楽しめたのは武田さんの人柄のおかげだと思います。
作業のほうも順調で、外す部品が多かったのですが、短時間で済み、話をする時間がたくさん取れました。
目的の作業をただこなすのではなく、コミュニケーションを取りながら、
そしてクルマの構造を確かめながら作業ができるので、このチューニングサポートは非常に魅力的です。
これで工賃半額で良いの?と思えるものでした。
次にクルマをいじる時もチューニングサポートを活用したいともいます。
体験記その8

作業…インプレッサGDB−F
   サスペンション交換

 私の場合工賃半額という謳い文句に惹かれ
この割引を適用する事にしました。
多くの方がそうだと思うのですが、いくら安くパーツを手に入れたとしても工賃がネックで結局は非常に高いお金を支払っていると思います。
このサービスは工賃が浮くというメリット以外に、
実際に自分の車を触る事になるので今まで知らなかったものが見えてきてすごく勉強になります。

今回GDBインプレッサの足をオーリンズに変更する作業をお手伝いしたのですが、
簡単だと思っていたショックの交換が実はとても疲れるものであることがわかりました。
メインの作業は武田さんが熟練の技で行ってくれるので私は本当にお手伝いするだけです。
多少のトラブルでも回避策をすぐに考えてくれるので安心して作業できました。
クルマを触るのが好きだけれども、大きな作業をするのには自信が無いという方や
自分のクルマの事をもっと知りたいという方に是非このサービスをお勧めしたいです。

体験記その5

作業…ストーリア クロス4 バケットシート取り付け(今までの物)+ショック交換

作業に参加できて勉強にもなって工賃も半額になるなんて美味しい話は無いでしょう。
さて、実際に作業してみるとサクサクと作業を進める武田さん。
これを間近で見れるだけでも価値があると思いました。
今回フルバケット取り付けの際もレールとシートの穴位置が合わないと言うアクシデントがありましたが
レールの加工で取り付けることが出来ました。
いつもは自分でやってしまう作業も今回のように溶接などの加工となると
チューニングサポートを利用してよかったと思いました。
これからも、このサポートを利用していきたいです。
今度はもっと高度な作業をやってみたいなぁ。

体験記その6

作業…ECR33 リヤデフ組み込み
   NISMO GT LSD

今まで自分でクルマをいじった事が無く、クルマのことを全然知らなくて大丈夫なのかと思いつつ、工賃が半額になるサポート割引で作業してもらうことにしました。(工賃半額に眼がくらみました)
武田さんから色々なことを教えてもらいながらの作業で、作業自体は武田さんが行い、僕はマフラーを支えたり、デフを運んだり、他色々な作業でした。
マフラーが意外と重かったりと自分の体で体験して学ぶ事はたくさんありました。武田さんの作業をすぐ近くで見れて、どの様にバラして、組んでいくかがよくわかりました。今後自分で作業を行う時にも為になると思います。
色々パプニング?は有りましたが、武田さんが素敵な方でとても楽しく作業が出来てよかったです。
家に帰った後に体のあちこちが痛いのは、普段体を動かしてない証拠なのでしょうか…


体験記その1

作業…ブレーキのエア抜き
工賃…通常5000円→2500円


いやぁ、参りました・・・
体、なまってて情けないっす。
最初は、たかがエア抜きくらい・・・
と思ってたんだけど、見るとやるとじゃ大違いですね。

誤算その1…連続してブレーキペダル踏むのには、それなりの体力が必要な事

誤算その2…毎日、ストレッチはやってるけど、やはりモータースポーツにも走り込みは必要な事

誤算その3…エボのブレーキは対向ピストンなので、都合8箇所のエア抜きが必要な事

誤算その4…つい工賃半額! の甘い誘いに乗ってしまったが、 2千5百円稼ぐのは半端じゃなかった事

ただでさえ、暑さに弱い体質に加えて、慣れぬ作業・・・。
最初の勢いはどこへやらで汗はダラダラ、足はガクガク、思わずタイム!って言っちゃいそうでした。
でも、おかげで自分の体力不足と、ブレーキングの甘さは勿論、自分の愛車は自分でメンテする事の重要さを思い知らされて、いい体験ができ感謝してます。
ありがとうございました、またお願いします!
体験記その2

作業…GC8インプレッサ・リアLSD
    &デフメンバーブッシュ交換
工賃…通常69400円→34700円


前々から欲しかったLSD。ついでにブッシュも強化にすることにしました。
自分で似たような作業をしたことがあり、デフの中身も見てみたい!ってことで、 サポート割引に踏み切りました。
いざ作業開始。驚きの連続です…。
自分の作業方法とBOSSの作業方法が違うこと違うこと!!
同じような工具があるのに、どうしてこんなに差が出るのでしょうか?
自分がいかにやりたい放題やっていたか、思い知らされました。
そのため、BOSSの作業を見てるだけ〜状態がしばしばありましたが、 工具の使い方や作業の進め方、休憩の取り方を身をもって勉強できました。
また初めての油圧プレスでは、事細かに手ほどきをいただき不安なく安全に作業できました。
この体験は、今後のメンテナンスにおいてとても役に立つと思います。 またサポート割引利用したいと思います。ありがとうございました。
体験記その3

作業…ランサーエボ7 ショック交換
工賃…33000円→16500円


今回、初めてサポート割引を利用しました。しかも、ルーズドックにお世話になるのも初めてです。
いつも、名鉄に乗っていると見えるチューニングショップです。そう、よくランエボが停まっているところです。
さて、今回は車高調を持込で取り付けるためにやっていきました。実は、足周りの交換は経験があったので、前側だけ、自分で交換していきました。
しかし、これが後で大変なことになってしまったのです。
 今回の交換は3日前に予約を入れました。その時、後ろ側だけの交換ということでお願いしました。そして、当日、初めての訪問でしたので緊張しましたが、とても気さくな店長さんを見ると、その不安も吹き飛びました。
サポート割引については、店長さんからWEBを見てくれているなら知っていると思うけど、という感じて薦めていただきました。私もできるなら、実際に手を動かしながら、車高調交換ができるならと思っていたので、喜んでお願いしました。
後側のショックだけを残しておいたのは、自分での交換に苦労した覚えがあったからで、どうすれば、効率的に交換できるか知りたかったのです。プロの指導の下に、そのノウハウを目の前で見れる機会なんてのはめったにありません。
実際、店長の的確な指示の下、着々と作業は進んでいきました。こちらの質問にも、手取り足取り、とても丁寧に教えていただきました。
工具の使い方一つとっても、目からうろこです。タイヤの取り外しに至っては、以前の10倍くらい楽にできるコツを伝授していただきました。
問題の前だけ自分で取り替えておいた車高調ですが、前後のバランスが狂ってしまうため、最初からやり直しになってしまいました。結局、最初から車高調を4本とも交換をお願いしたほうが作業的に早いかったかもしれません。
つまり、車高調のセッティングには独自のノウハウと厳密な調整が必要なのです。
 作業を終えて、自分で出来ると思っていた作業がどれほど、非効率であったかを知りました。とてもよい勉強の機会になりました。店長の指導は、初心者にも手取り足取り丁寧で、もたついた私の作業にも付き合ってくれたことに感謝いたします。
 是非とも、クルマを自分でいじってみたいと思っている、そこのあなた!この機会、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
あの、SNAP-ONの工具も使わせてもらえるよ!!
体験記その4

作業…ランサーエボ8
   リヤデフO/HおよびピロBUSH交換
工賃…75000円が37500円


いつもは、車を預けて出来上がったら取りに行くというスタイルでした。
これがいわゆるお店と客の普通の関係。
しかし、「こんな面白いサービスをはじめるよ〜」とBOSS武田さんから連絡を受けて、
「このサービスは今の俺にはとてもナイスなサービスだ!」 と思い早速申し込みました。
なぜナイスなのかというと・・・

1.プロの技が見れたり、実際にレクチャーを受けながら自分の愛車を いじることで、確実に自分のスキルがアップする
2.交換する部品や、その周りの構造を見たり触ったりすることで、 その部品の性能をしっかり理解できる
3.工賃半額(笑)
特に私は2に期待していました
(ホントは3かも。。。ヾ(・o・ ) )

実際に作業をしてみて思ったことは・・・
1.プロの作業は無駄な動きが無く、作業のイージーミス防止が徹底している。
2.なんでもないような作業に実はかなり時間がかかる
3.愛車につけた部品の動きのイメージが明確になった
4.工賃が半額だった(爆)

ここで、今このサービスを考えている方へアドバイス!φ(.. )メモメモ
服装は汚れてもいいものを着ていったほうがいいですよ〜。
といっても、BOSSにこき使われて汚れるからそういう服装がいいというのではなく、積極的に汚れるような作業に参画した方が、確実に面 白いし自分のためになると 思ったからです。
私はサーキット走行やG6ジムカーナなどに参加しています。
今までは、部品を交換すると頭では「この部品を交換したら、車はこういう動きになるだろう」と漠然とした(自分ではちゃんと理解していたつもりでしたが。。。)その部品の動きや性能のイメージをもちながら走ってみて、
身体で感じる今まで との違いを感じ取って、それに自分の走りをあてはめていくと いったスタイルでした。
しかし、このスタイルでは、今までとの違いに
「じゃあ何故このような 違いが生まれたのか?この違いの感じ方は、はたしてあっているのか? 違いにあわせてセッティングを変えてみたが、これで本当にあっているのか?」って 考えた時に壁にぶつかることがしばしばありました。
だから、部品の交換を実際に目で見て触って部品の動きや性能をしっかりイメージできるようになれば
こういった壁は打破できて、それがタイムや順位、 さらには楽しく走れるといった結果 につながると思います。
これで、某サーキットでBOSSのタイムが破れそうです(無理)
ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。